ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware、Hyper-V、KVM

VMware Horizon フィードとWebスライスの更新が永続ディスクの増加につながるので無効にする

VMware Horizon フィードとWebスライスの更新が永続ディスクの増加につながるので無効にしたほうがいいようです。Windowsはデフォルトでパフォーマンスに影響がある設定が色々とありますよね。。。 情報元はこちら。 https://docs.vmware.com/en/VMware-Hori…

VMware Horizon 7 VDI、仮想マシンのパフォーマンでない、動作が重い場合の推奨スチューニング

VMware Horizon 7 VDI、SBCなどの仮想マシンでパフォーマンでない、動作が重いという話を聞くことがあります。正直、環境のどこかにボトルネックがあるケースもあるので、こうしたらいいというのは一概には言えませんが、推奨スチューニングをすることで多少…

VMware Horizon 7 イベント監視 長期間のイベントは履歴データベース テーブルにのみ表示 Syslog出力も可能

VMware Horizon 7 イベント監視でイベントの情報をチェックする場合にWEBの管理画面で確認が可能ですが、一定時間が経過すると表示から消える為、長期間のイベントは履歴データベース テーブルにのみ表示されることを知っておく必要があります。 情報元はこ…

ESXi NICチーミングのLACP IPハッシュに基いたルートを利用するメリット、デメリット

ESXi7でネットワークの冗長性を構成する場合は、NICチーミングの設定を行う事になりますが、その際、設定方法がいくつかありますが、その中で、LACP IPハッシュに基いたルートを利用するメリット、デメリットについての情報になります。 情報元はこちら。 IP…

ESXi7 vCenter7 Standard Edition 標準スイッチで固定のEtherChannelを構成する設定

ESXi7 vCenter7 標準スイッチで固定のEtherChannelを構成する設定についての情報になります。まず、ESXi7でNICチーミングを構成する場合の負荷分散の方式がいくつか設定できます。 ライセンスによって提供できる機能が変わってきますが、vCenterのライセンス…

メモリ、CPUの大きい仮想マシンで不十分なフェイルオーバー リソース vSphere HA クラスタが無効 (赤)になる可能性

メモリ、CPUの大きい仮想マシンで不十分なフェイルオーバー リソース vSphere HA クラスタが無効 (赤)になる可能性があるそうです。最近では、リソースの大きい仮想マシンを構築する機会がありますが、その仮想マシンの影響でHAが正常に動作しなくなる可能性…

Hyper-V Error code:0xc000014c BCD破損エラーでゲストOS、仮想マシンが起動しない

Hyper-Vの仮想環境で、Error code:0xc000014c BCD破損エラーでゲストOS、仮想マシンが起動しないという事象があるようです。この復旧方法については、マイクロソフトのフォーラムに情報があったのですが、同様の事象が発生した場合は、参考になると思います…

vCenterServer6 STS証明書の有効期限が短い2年で発行されて期限切れのエラー

vCenterServer6 STS証明書の有効期限が短い2年で発行されて期限切れのエラーで接続に失敗するという事象があるようです。証明書関連は有効期限でトラブルになることが多いので、自動更新されないものは、有効期限の管理がとても重要になります。 場合によっ…

VMware ESXi、NSX-TなどUse After Freeの脆弱性 CVE-2020-3992

VMware ESXi、NSX-Tなど複数の脆弱性が発見されたそうで、中でもUse After Freeの脆弱性 CVE-2020-3992はスコアが高く、緊急度がたかいものもあるので注意が必要です。 情報元はこちら。 VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も https://…

WindowsServer2019 Hyper-V イベントID 16300 仮想マシン構成を読み込めません: エラーを特定できません (0x80004005)

WindowsServer2019 Hyper-V イベントID 16300で仮想マシン構成を読み込めません: エラーを特定できません (0x80004005)というメッセージがでることがあるようです。先日も、再起動後、起動できないだったかバグがあったり、更新プログラムは提供されています…

WindowsServer2019、2016 ReFS、NTFSでのデータ重複除去 最大ボリュームサイズ

WindowsServer2019、2016 ReFS、NTFSでのデータ重複除去 最大ボリュームサイズについての情報です。最近ではサーバのディスクサイズもシステムによっては巨大化しているケースがあります。 その場合に、気にしなければならないのがディスクサイズ、ボリュー…

Hyper-V 2019でLinux、CentOSを実行、運用するためのベスト プラクティス、推奨構成

Hyper-V 2019でLinux、CentOSを実行、運用するためのベスト プラクティス、推奨構成についての情報になります。もしかするとすべてがあてはまらない可能性もあるので、環境に応じて読み替える必要があるかもしれません。 参考情報はこちらです。 HYPER-V で …

Hyper-V 2019 仮想マシンに作成できる最大チェックポイントの数

Hyper-V 2019 仮想マシンに作成できる最大チェックポイントの数についての情報です。Hyper-VのチェックポイントはVMwareのスナップショットにあたる機能になります。VMwareのスナップショットも作成しすぎるとパフォーマンスに問題がでてくるので、あまり多…

ESXiのインストールで使ったISOイメージがVMware版かメーカーのカスタム版か確認する方法

ESXiのインストールで使ったISOイメージがVMware版かメーカーのカスタム版か確認する方法についての情報を見つけたので共有です。おそらく大手企業で導入する場合は、管理がしっかりとしているので気にならない情報かもしれませんが、中小企業で担当者が変わ…

Active Directoryを仮想マシンとして構築すると時間がずれやすいので非推奨?

Active Directoryを仮想マシンとして構築すると時間がずれやすいので非推奨という情報を以前、同僚が見つけてきて、仮想マシンとして構築してはダメという意見を言ってきたことがあります。そもそも、Windows自体、かつては時刻同期ってそれほど精度が高い物…

Hyper-V2016 ゲストOS起動時に作成されるvhdx.tmpファイルは削除可能?

Hyper-V2016 ゲストOS起動時に作成されるvhdx.tmpファイルについての質問がフォーラムにありました。これまでHyper-Vの環境を使っていたことがありますが、あんまり意識していなくて、どういったファイルなのか調べてみました。 問い合わせの内容はこちら。 …

ESXi7 仮想Trusted Platform Module(vTPM)仮想マシンでの有効化手順

企業ではパソコンの紛失などを考慮して、TPMを利用してBitLockerによるドライブの暗号化をすることがありますが、その仮想化版のvTPM は、暗号化コプロセッサの機能をソフトウェアによって実行します。vTPM を仮想マシンに追加すると、ゲスト OS はプライベ…

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順についての情報になります。VMwareの環境に限らずですが、仮想化専用のアダプタを使用することでパフォーマンスが向上します。 例えば、仮想NICもWindowsの場合は、VMXNET3が推奨です。E1000だと速度もそも…

VMware Player 構成ファイルを排他的にロックできませんでした 仮想マシンの起動、停止できない

久しぶりに自宅でサーバの検証を使用ということでVMware PlayerにWindows Server 2016をインストールし、パッチの適用後に再起動、そして、仮想マシンを起動しようとしたらずっと黒い画面のまま変化せず。 時間がかかりそうだったのでタスクマネージャーで強…

VMware ESXi上の仮想マシンの仮想ディスク、RDMで100TB搭載できる?上限値を調べてみた

VMware ESXi上の仮想マシンの仮想ディスクに100TB搭載できるか上限値を調べてみました。最近は仮想マシンのディスクサイズも大きくなってきて、どこまでサイズを大きくできるかということですが、さすがにここまで大きいディスクサイズの場合は、仮想マシン…

ESXi6 複数ディスクのNVMeコントローラを追加する手順

ESXi6 複数ディスクのNVMeコントローラを追加する手順についての情報になります。NVMeはディスクへの書き込み、読み込みが一度に多数同時処理するようなサーバーなどに用いた場合は、大幅な処理高速化が見込めるそうです。 その為、DBなどのディスクに用いる…

VMware Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならない

VMwareの仮想環境にて、Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならないという事象を経験しました。物理サーバにインストールしたWindows Server 2016は仮想環境へ移行することが可能です。いわゆる、P2Vになります。 …

VMware ESXi7 仮想マシンのバージョンアップの順番はVMware Toolsが先に実施が正しい手順

VMware ESXi7 仮想マシンのバージョンアップの順番についての情報になります。仮想環境を新たに構築して移行作業を行った後に、仮想マシンのバージョンアップを実施することがあると思います。 その場合、仮想マシンのバージョンアップよりもVMware Toolsの…

VMware ESXi7で新機能が不要な場合は仮想マシンのバージョンアップは非推奨

VMware ESXiで新機能が不要な場合は仮想マシンのバージョンアップは非推奨という内容ですが、このあたりの情報をあんまり意識せずに作業をしていることがあるかもしれません。 例えば、バージョンの古い環境から新しい環境へ仮想マシンを移行する場合、当た…

VCSAの仮想マシンハードウェアバージョンアップは非推奨 VMware Toolsの手動インストールNG

VMwareで仮想マシンを作成する場合に、WindowsやLinuxの場合は当然、VMware Toolsをインストールした状態で運用していると思いますが、アプライアンスの場合は、サードパーティー製とか表示されていて、サードパーティー製の場合はあまり意識していないこと…

vCenter リモート コンソール接続が「MKS に接続できません (Unable to connect to the MKS)」エラーで失敗

vCenter リモート コンソール接続が「MKS に接続できません (Unable to connect to the MKS)」エラーで失敗するという事象があるようです。海外のフォーラムで質問があります。 以下は質問内容です。 新しいWindows 10ラップトップを構築し、VCenter 5.5サー…

vCenter7(VCSA)の仮想マシン停止時にvSphere HAは動作するかと使用条件

vCenter7(VCSA)の仮想マシン停止時にvSphere HAは動作するかと使用条件についてですが、これまでVCSA停止した状態での障害試験って実施した記憶があったかちょっと曖昧だったので調べてみました。基本的にvSphere HAの設定自体はvCenterがいる環境で行うので…

ESXi7 vSphere HAを構成する場合のESXiホストの最低台数、推奨台数

ESXi7 vSphere HAを構成する場合のESXiホストの最低台数についての情報になります。実はこれまで3台以上でしか構成したことがなかったのですが、中には2台で構成したいというケースもあるかもしれませんが、HAを構成する以上は1台はありえないので、最低構成…

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数に関する情報になります。vCenter HAはわりと新しい技術で少し前のバージョンから導入された機能です。VMwareで仮想環境を構築する場合の可用性としてvSphere HAを構成することがあると思いますが、今回…

vCenterからESXiホストをメンテナンスモードにせずに削除する手順

vCenterからESXiホストをメンテナンスモードにせずに削除する手順があるのを初めて知ったというか、構築はよくするのですが、あんまり離脱をする機会がなくて参考になったので、情報を紹介します。 情報元はVMwareのコミュニティです。 vCenterからESXiのホ…