ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware、Hyper-V、KVM

WindowsServer2019、2016 ReFS、NTFSでのデータ重複除去 最大ボリュームサイズ

WindowsServer2019、2016 ReFS、NTFSでのデータ重複除去 最大ボリュームサイズについての情報です。最近ではサーバのディスクサイズもシステムによっては巨大化しているケースがあります。 その場合に、気にしなければならないのがディスクサイズ、ボリュー…

Hyper-V 2019でLinux、CentOSを実行、運用するためのベスト プラクティス、推奨構成

Hyper-V 2019でLinux、CentOSを実行、運用するためのベスト プラクティス、推奨構成についての情報になります。もしかするとすべてがあてはまらない可能性もあるので、環境に応じて読み替える必要があるかもしれません。 参考情報はこちらです。 HYPER-V で …

Hyper-V 2019 仮想マシンに作成できる最大チェックポイントの数

Hyper-V 2019 仮想マシンに作成できる最大チェックポイントの数についての情報です。Hyper-VのチェックポイントはVMwareのスナップショットにあたる機能になります。VMwareのスナップショットも作成しすぎるとパフォーマンスに問題がでてくるので、あまり多…

ESXiのインストールで使ったISOイメージがVMware版かメーカーのカスタム版か確認する方法

ESXiのインストールで使ったISOイメージがVMware版かメーカーのカスタム版か確認する方法についての情報を見つけたので共有です。おそらく大手企業で導入する場合は、管理がしっかりとしているので気にならない情報かもしれませんが、中小企業で担当者が変わ…

Active Directoryを仮想マシンとして構築すると時間がずれやすいので非推奨?

Active Directoryを仮想マシンとして構築すると時間がずれやすいので非推奨という情報を以前、同僚が見つけてきて、仮想マシンとして構築してはダメという意見を言ってきたことがあります。そもそも、Windows自体、かつては時刻同期ってそれほど精度が高い物…

Hyper-V2016 ゲストOS起動時に作成されるvhdx.tmpファイルは削除可能?

Hyper-V2016 ゲストOS起動時に作成されるvhdx.tmpファイルについての質問がフォーラムにありました。これまでHyper-Vの環境を使っていたことがありますが、あんまり意識していなくて、どういったファイルなのか調べてみました。 問い合わせの内容はこちら。 …

ESXi7 仮想Trusted Platform Module(vTPM)仮想マシンでの有効化手順

企業ではパソコンの紛失などを考慮して、TPMを利用してBitLockerによるドライブの暗号化をすることがありますが、その仮想化版のvTPM は、暗号化コプロセッサの機能をソフトウェアによって実行します。vTPM を仮想マシンに追加すると、ゲスト OS はプライベ…

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順

ESXi7 準仮想化SCSIアダプタ(PVSCSI)を追加する手順についての情報になります。VMwareの環境に限らずですが、仮想化専用のアダプタを使用することでパフォーマンスが向上します。 例えば、仮想NICもWindowsの場合は、VMXNET3が推奨です。E1000だと速度もそも…

VMware Player 構成ファイルを排他的にロックできませんでした 仮想マシンの起動、停止できない

久しぶりに自宅でサーバの検証を使用ということでVMware PlayerにWindows Server 2016をインストールし、パッチの適用後に再起動、そして、仮想マシンを起動しようとしたらずっと黒い画面のまま変化せず。 時間がかかりそうだったのでタスクマネージャーで強…

VMware ESXi上の仮想マシンの仮想ディスク、RDMで100TB搭載できる?上限値を調べてみた

VMware ESXi上の仮想マシンの仮想ディスクに100TB搭載できるか上限値を調べてみました。最近は仮想マシンのディスクサイズも大きくなってきて、どこまでサイズを大きくできるかということですが、さすがにここまで大きいディスクサイズの場合は、仮想マシン…

ESXi6 複数ディスクのNVMeコントローラを追加する手順

ESXi6 複数ディスクのNVMeコントローラを追加する手順についての情報になります。NVMeはディスクへの書き込み、読み込みが一度に多数同時処理するようなサーバーなどに用いた場合は、大幅な処理高速化が見込めるそうです。 その為、DBなどのディスクに用いる…

VMware Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならない

VMwareの仮想環境にて、Windows Server 2016をP2Vの物理から移行後、Teamingの設定が残ってNICが有効にならないという事象を経験しました。物理サーバにインストールしたWindows Server 2016は仮想環境へ移行することが可能です。いわゆる、P2Vになります。 …

VMware ESXi7 仮想マシンのバージョンアップの順番はVMware Toolsが先に実施が正しい手順

VMware ESXi7 仮想マシンのバージョンアップの順番についての情報になります。仮想環境を新たに構築して移行作業を行った後に、仮想マシンのバージョンアップを実施することがあると思います。 その場合、仮想マシンのバージョンアップよりもVMware Toolsの…

VMware ESXi7で新機能が不要な場合は仮想マシンのバージョンアップは非推奨

VMware ESXiで新機能が不要な場合は仮想マシンのバージョンアップは非推奨という内容ですが、このあたりの情報をあんまり意識せずに作業をしていることがあるかもしれません。 例えば、バージョンの古い環境から新しい環境へ仮想マシンを移行する場合、当た…

VCSAの仮想マシンハードウェアバージョンアップは非推奨 VMware Toolsの手動インストールNG

VMwareで仮想マシンを作成する場合に、WindowsやLinuxの場合は当然、VMware Toolsをインストールした状態で運用していると思いますが、アプライアンスの場合は、サードパーティー製とか表示されていて、サードパーティー製の場合はあまり意識していないこと…

vCenter リモート コンソール接続が「MKS に接続できません (Unable to connect to the MKS)」エラーで失敗

vCenter リモート コンソール接続が「MKS に接続できません (Unable to connect to the MKS)」エラーで失敗するという事象があるようです。海外のフォーラムで質問があります。 以下は質問内容です。 新しいWindows 10ラップトップを構築し、VCenter 5.5サー…

vCenter7(VCSA)の仮想マシン停止時にvSphere HAは動作するかと使用条件

vCenter7(VCSA)の仮想マシン停止時にvSphere HAは動作するかと使用条件についてですが、これまでVCSA停止した状態での障害試験って実施した記憶があったかちょっと曖昧だったので調べてみました。基本的にvSphere HAの設定自体はvCenterがいる環境で行うので…

ESXi7 vSphere HAを構成する場合のESXiホストの最低台数、推奨台数

ESXi7 vSphere HAを構成する場合のESXiホストの最低台数についての情報になります。実はこれまで3台以上でしか構成したことがなかったのですが、中には2台で構成したいというケースもあるかもしれませんが、HAを構成する以上は1台はありえないので、最低構成…

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数

vSphere7 vCenter HA構成有効時のESXiホストの推奨台数に関する情報になります。vCenter HAはわりと新しい技術で少し前のバージョンから導入された機能です。VMwareで仮想環境を構築する場合の可用性としてvSphere HAを構成することがあると思いますが、今回…

vCenterからESXiホストをメンテナンスモードにせずに削除する手順

vCenterからESXiホストをメンテナンスモードにせずに削除する手順があるのを初めて知ったというか、構築はよくするのですが、あんまり離脱をする機会がなくて参考になったので、情報を紹介します。 情報元はVMwareのコミュニティです。 vCenterからESXiのホ…

Hyper-V 仮想マシン起動、作成時にエラー 0x800704C8、0x80070037、0x800703E3

Hyper-V 仮想マシン起動、作成時にエラー 0x800704C8、0x80070037、0x800703E3が出ることがあるようです。 Hyper-Vを運用していて仮想マシンが作成できない、起動できないって相当怖いのではないでしょうか。 では、この問題が発生する要因については以下に…

WindowsServer2019はvCenter、vROPSで2016以降と表示される

WindowsServer2019はvCenter、vROPSで2016以降と表示されるという問い合わせがVMwareのフォーラムに情報がありました。こういった表示については、基本はバージョンの影響があります。 以下は質問内容です。 6.7環境で最新バージョンのVMwareツールを備えたW…

vCenter7 仮想マシンのフォルダ、ファイル名をオンラインで変更する方法

vCenter7 仮想マシンのフォルダ、ファイル名をオンラインで変更する方法についての情報になります。正直、仮想マシン名ってあんまり管理していないというところもあるかもしれませんが、厳重に管理している場合は、ちょっと情報として知っておいたほうがいい…

Windows Server 2019のHyper-V VmSwitch.sys ドライバーの内部処理の問題でBugCheck 0x139 エラー

Windows Server 2019のHyper-V VmSwitch.sys ドライバーの内部処理の問題でBugCheck 0x139 エラーというちょっと気になる情報がフォーラムに書かれていました。 情報元はこちら。 Windows Server 2019 における vmswitch.sys ドライバーの BugCheck 0x139 エ…

vCenterServerAppliance6.7(VCSA)のファイルベースのバックアップする方法

vCenterServerAppliance6.7(VCSA)のファイルベースのバックアップ方法についての説明になります。通常、システムは何か問題が発生したときの為にバックアップを取得すると思いますが、vCenterServerAppliance6.7(VCSA)では、ファイルベースのバックアップと…

vCenter Server Appliance(VCSA)6.7の CPU、メモリ、ディスクのスペック容量拡張

仮想化基盤としてVMwareを利用しているケースが多いと思いますが、最近のvCenterは仮想アプライアンスとして提供されており、構築時に規模間でスペックが決まってくると思います。拡張性をあまり意識せず、極小などで構築した場合、仮想マシンが増えてきて、…

VMware vCenterで仮想マシンコンソールの接続数を制限する設定

VMwareによる仮想化環境で、仮想マシンを操作する時に、vCenterサーバーの仮想マシンコンソールを使用する事があると思います。その場合、複数のユーザーで同じ仮想マシンの画面を同時に見る事ができますよね。デフォルトで、コンソールの同時接続数が「40」…

WindowsServer MSCSクラスタ フォルダ共有でのvMotionサポートはRDMが必要

WindowsServer MSCSクラスタ フォルダ共有でのvMotionサポートはRDMが必要のようです。そもそもこういった構成を組んだことがなかったので、初めて知りました。可溶性ということで、仮想マシン上でMSCSクラスタを構成することがあるかと思いますが、その場合…

vCenter7.0、vSphere ClientでSNMPアラートのトラップ設定方法

vCenterサーバでアラート監視をする場合は、メールかSNMPのいずれかを設定することができます。どちらを設定するかは、環境によると思いますが、メールサーバーがいれば、メールを設定することが多いですし、SNMPトラップを受ける管理サーバーがいれば、SNMP…

Hyper-V2016 容量可変の仮想ディスクの最適化でサイズが縮小されない

ちょうどHyper-V2016の検証をしているんですが、Hyper-V2016 容量可変の仮想ディスクの最適化でサイズが縮小されない場合があるそうです。 参考情報は富士通のマニュアルです。 http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/technical/construct/pdf/hyp…