ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware Horizon ユーザーのログオン中にExplorer.exeプロセスがクラッシュしWindows10デスクトップを操作できない

VMware Horizon ユーザーのログオン中にExplorer.exeプロセスがクラッシュしWindows10デスクトップを操作できない事象について、仮想デスクトップを利用している場合は、注意が必要な情報がありました。

 

症状
Explorer.exeは、MSパッチKB4580346を適用した後、ユーザーのログオン時にクラッシュし始めました。
●PersonaモジュールVMWVvpext.dllのアクセス違反が原因でクラッシュが発生します
●Horizo​​nAgentの再起動または再インストールは役に立ちません

 

原因

この動作は、Microsoft Security UpdateKB4580346を適用した後のPersonaManagementモジュールが原因で発生します。MSパッチは、Windows 10バージョン1607、Windows Server2016用です。

 

解決方法

これは、VMware Horizo​​n7.xに影響する既知の問題です。現在、解決策はありません。

 

 

解決方法は今後提供される可能性が高いですが、回避策はあります。

 

この問題を回避するには:
①キーを削除します:「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers\Offline Icons Persona Management」

②ペルソナ管理機能を使用しないユーザーの場合は、ペルソナモジュールなしでHorizo​​n AgentをマスターVMに再インストールし、イメージをデプロイします。

 

③vmwvvpext.dllの名前を他の名前に変更します。機能への影響はありません-ユーザーエクスペリエンスの観点から、ユーザーはオフラインファイルに「X」マークを表示できません。

 

おそらくもれなくひっかかる可能性があるので、いったんは回避策で逃げるしかないですかね。