ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware NSX-Tでポート22のSSH接続に失敗する

VMware NSX-Tでポート22のSSH接続に失敗する場合の対象に関する情報になります。

 

情報元はこちら。

 

SSH on port 22 fails in NSX-T (83467)

https://kb.vmware.com/s/article/83467?lang=en_US

 

 

症状
接続の問題により、ポート22のSSHが失敗します。

 

目的
特定のバージョン(最新バージョンと新しいcloud-initバージョン)では、NSX Toolsのインストール後に、Bionic仮想マシンSSH接続の障害が発生します。この記事では、このようなVMを回復するための情報を提供し、NSXツールをインストールする前に回避策を適用するのにも役立ちます。

 

 

原因
この問題は、新しいcloud-initバージョンがBionicVMにもたらすnetplan構成の変更が原因で発生します。NSXツールのインストール後に管理インターフェイスを起動できません。

 

解決
これは、VMwareNSX-Tデータセンター3.1.0に影響する既知の問題です。

現在、解決策はありません。

 

回避策
この問題を回避するには、NSXツールをインストールする前に次のコマンドを実行します

 

sed -i '/driver:/d' /etc/netplan/50-cloud-init.yaml

 

注:NSXツールのインストール後にこの問題が発生した場合。
①ポート8888を使用してVMSSH接続します。インバウンドポート8888がVMに対して開いていることを確認します。
②次のコマンドを実行します:

 

/opt/vmware/nsx-agent/bin/nsx_container_pipe_client.py "sed -i '/driver:/d' /etc/netplan/50-cloud-init.yaml"

③再起動NSX-エージェントをコマンドを使用して:

 

service nsx-agent restart

 

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ