ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware NSX Manager、NSX ControllerのパスワードはUSキーボード配列なので注意

仮想化基盤を構築する機会が多くなり、仮想化のノウハウはもはや当たり前の時代になっていますね。


私が仮想化基盤を構築していた頃は、仮想化基盤チームがありましたが、もはやサーバー担当は仮想化も当たり前の知識として持っておく必要があります。


ただ、製品によって操作感が全く異なるので、憶える知識は圧倒的に多くなりますが、、、


ちなみに、ハイパーバイザーにVMware製品を入れいている場合は、VMware NSXによって、ネットワークの仮想化を実現する事ができます。

>>VMware NSX for vSphere のドキュメント


この製品は、色んな機能を持っていて、FW、ルーティング、ロードバランサなどの機能があるので、ハードのスペックさえ高ければ、仮想ロードバランサを複数構築する事も可能です。


その為、物理マシンと違い、複数ロードバランサを購入しなくてもいいのでコスト削減になりますね。


基本は上記リンクを見てもらえば、製品の仕様や要件を確認する事ができます。


ちなみに、以下はVMware NSXの特徴(抜粋)です。

VMware NSX は、Software-Defined Data Center (SDDC) のためのネットワーク仮想化プラットフォームです。
仮想マシンの運用モデルをデータセンターのネットワークに適用することにより、ネットワークやセキュリティの運用の経済性を変革します。NSX を使用すると、物理ネットワークをトランスポート キャパシティのプールとして扱い、ポリシー ベースのアプローチで、ネットワーク サービスやセキュリティ サービスを仮想マシンに関連付けることができます。


ちなみに評価版もあるので、導入を検討されている場合は、一度、インストールをしてみるのも一つですね。


インストール自体は難しくないのですが、機能が多いので、製品を憶えるのはちょっと大変かもしれません。


ただ、これを導入すれば、仮想化基盤のコントロールをソフトウェアで行えるのが便利ですね。ハードスペックだけしっかりと確保しておけば、柔軟に機能を追加する事ができます。


そして、VMware NSXには、NSX Manager、NSX Controllerをインストールします。そして、NSX Edgeという仮想アプライアンスがFW、ルーティング、ロードバランサの機能を持ちます。


そして、このNSX Manager、NSX Controllerですが、それぞれ仮想アプライアンスとして構築しますが、パスワード要件がそれぞれ異なるので注意が必要です。同じ製品なのにパスワード要件が違うとか止めてほしいのですが、、、おそらく開発している部署が違うからでしょうね。


そして、このNSX Manager、NSX Controllerですが、パスワードで注意なのが、USキーボードになります。


ただ、USキーボードはコンソール画面を開くときだけで、Webの管理画面やSSH接続する時は別です。


とは言え、コンソールでログインする事はあると思いますので、ここだけUSキーボードというのは運用的に管理が面倒だと思いますので、ここはUSキーボードを意識してから構築した方がよさそうですね。


例えば、@マークがまさにUSキーボードと配列が異なるので注意です。


意外とパスワードポリシーで引っかかる事があると思いますので、この辺りは事前に確認しておく必要がありますね。