ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware NSX for vSphereの構築、インストール手順の参考になる動画

VMware NSX for vSphereの初期導入手順が分かりやすい動画があるのでシェアします。


ちなみに、VMware NSX for vSphereは今はやりのネットワークをソフトウェアで管理するSDNです。VMware NSXの概要です。以下は、VMware社の公式サイトの一部抜粋です。

>>NSX概要

VMware NSX は、Software-Defined Data Center のためのネットワーク仮想化プラットフォームです。   
NSX は、通常はハードウェアで処理されるネットワークとセキュリティの機能をハイパーバイザーに直接組み込みます。NSX ネットワーク仮想化プラットフォームは、10 年前にサーバ仮想化が登場したときと同じように、データセンターのネットワーク運用モデルを根本から変化させます。すでに数千社のお客様が Software-Defined Data Center の可能性を最大限に活用しています。
 
NSX はネットワーク環境全体をソフトウェアで再現し、論理スイッチ、ルーティング、ファイアウォール、ロード バランシング、VPNQoS、監視機能などの論理ネットワークの要素とサービスの完全なセットを提供します。仮想ネットワークは、基盤となるハードウェアに依存せず、プログラムによってプロビジョニングおよび管理されます。

そして、システム要件などは以下のインストールガイドを参照してください。

>>NSX インストール ガイド
 

そして、 VMware NSX for vSphere環境を構築する場合、NSX Manager、NSX Controller、NSX Edgeを構築する事になりますが、上記インストールガイドを参考にしてもインストールできますし、画がないと分かりにくい、、、という場合は、以下のような動画が参考になります。※英語です。

VMware NSX - Installation

 

vDSの構成、NSX Managerのデプロイ、管理画面のアクセス、NSX Controllerのデプロイ、ホストの準備など一通りの手順が紹介されています。※VMware NSXではvDSが必須です。


上記はちょっと画質が荒いので、こちらの方がきれいです。ただし、NSX Managerのインストールまで。


VMware NSX 6.0 for vSphere:01 Deploying the NSX vAppliance.


 

そして、Edgeのインストール手順です。

■VCIX-NV-06 - Implement NSX Edge Services Gateway devices


上記は、シリーズになっているので、最後の動画を最初から見るでもいいかもしれません。ロジカルルーターのインストール手順も紹介されていました。NSX Edgeはファイアウォール、ルータ、ロードバランサなど多機能なので、動画で手順の参考にしてみてください。