ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

仮想マシンをNSX-Tセグメントに接続できません:「仮想デバイスの接続に失敗しました」

仮想マシンNSX-Tセグメントに接続できません:「仮想デバイスの接続に失敗しました」と表示されてしまった場合の情報になります。

 

情報元はこちら。

 

Unable to attach VMs to NSX-T Segment: "Failed to connect virtual device" (83527)

https://kb.vmware.com/s/article/83527?lang=en_US

 

症状
環境では、NSX-Tサービスの挿入が構成されています。
VMは標準のPortGroupに接続できます。
VMNSXセグメントに接続しようとすると、次のエラーで失敗します。

Task name: Reconfigure virtual machine.
Target: <VM name>
Status: Failed to connect virtual device 'ethernetX' (Where X is the adapter number).

 

このVMが実行されているESXiホストログ(/var/log/hostd.log)には、次のような同様のメッセージが表示されます。

 

2021-04-17T03:42:54.716Z verbose hostd[2103208] [Originator@6876 sub=Vigor.Vmsvc.vm:/vmfs/volumes/c064685d-aaaa-bbbb-7663-e1111b4dcd6d/NSX-TEST.vmx] NIC: connection control message: Failed to connect virtual device 'ethernet0'

 

 

原因
この動作の理由は、https://docs.vmware.com/en/VMware-NSX-T-Data-Center/3.1/administration/GUID-21F88A86-DC1B-4AF9-B12Bに記載されているこのセクションに記載されています 。 -0665D1A61285.html
NSX-Tデータセンターの導入では、オーバーレイトランスポートゾーンとオーバーレイベースの論理スイッチが存在することを確認する必要があります。

 

East-Westサービスの挿入は、NSX-T展開全体に適用されます。サービスは、クラスターレベルまたはホストレベルでデプロイできます。

 

東西ネットワークイントロスペクションサービスを有効にしてVM間のトラフィックをイントロスペクトし、これらのゲストVMとサービスVMをホストするトランスポートノードがオーバーレイトランスポートゾーンで構成されていることを確認します。オーバーレイトランスポートゾーンと論理スイッチ(セグメント)がないと、VM間を流れるトラフィックに東西サービスを適用できません。VLANに裏打ちされたトランスポートゾーン上のすべてのセグメントであっても、トラフィックに東西サービスを適用するには、オーバーレイに裏打ちされたトランスポートゾーンにセグメントを設定する必要があります。

 

オーバーレイバック(GENEVEバック)論理スイッチは内部でプロビジョニングされ、ユーザーインターフェイスには表示されません。

 

VLANでバックアップされたセグメントのみを使用して展開を計画している場合でも、東西のトラフィックはオーバーレイトランスポートゾーンとオーバーレイでバックアップされたセグメントを通過します。したがって、オーバーレイトランスポートゾーンとGENEVEで裏付けされたセグメントを必ず作成してください。これらの要件がないと、vMotion中に、ホスト上のguestVMを別のトランスポートノードに移行できません。guestVMが切断状態になり、East-Westサービスで構成エラーが発生します。

 

解決
サービスソリューションが機能していることを確認するには、ESXiホストのトランスポートノードをオーバーレイトランスポートゾーンに追加する必要があります。

 

できる イラストで学ぶ 入社1年目からのExcel VBA できる イラストで学ぶシリーズ