ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

履き心地がいいと評判 クロックス バヤ サンダル 10126 足の日焼け対策にも

夏って季節的にちょっと苦手な季節なんですが、まず、暑いのがほんとうに苦手です。汗かきなので、扇子が必須ですが、会社の通勤は自転車を使っていて、以前、ちょっと工夫をしたのが、半袖半ズボンで出勤して、着替えるというものです。

 

以前は片道で自転車20分くらいあったので、そうしないと会社に着いたとたん、汗がすごくてフェイスタオルがないと厳しい状態でした。

 

梅雨の時期なんて、レインコートで通勤をしていましたが、雨なのか汗なのかわからないくらい濡れていました。

 

ということで夏場は少しでも暑さ対策しなければという感じですが、普段使いではサンダルを履きますが、サンダル選びに失敗すると日焼けでサンダルの跡が残ることがあります。

 

コロナが始まる前にニトリで買ったサンダルがまさにそうで、安かったので買ったのですが、足がサンダルの形状で日焼けしてしまいダサい状態になりました。

 

そこで、 履き心地がいいと評判 クロックス バヤ サンダル 10126が足の日焼け対策にもよさそうです。

 

[クロックス] バヤ サンダル 10126

f:id:merrywhite:20210726034046j:plain


 

軽量で床が傷つきにくいソールで室内用としても
オリジナルのクロスライト素材は、防臭効果があり、洗いやすく、すぐに乾き、お手入れ簡単。

ヒールストラップも「クロスライト」素材で、足にぴったりとフィット
フットベッドには、マッサージするように足を刺激する突起付き。ソフトで軽い履き心地

サイドにクロックスのロゴマークを切り抜いた斬新なデザイン
通気穴が空気を通し、足を常に涼しく保つ。

f:id:merrywhite:20210726034307j:plain


続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

「主人が仕事の行き帰りの運転用にcrocsが欲しいというので購入しました。今までcrocsもどきのサンダルを履いていたので本家はやはり履き心地が良いそうです。25.5㎝のかなり幅広の足で26㎝を選びましたが踵に掛けるバンド?が少し浮く感じで長さがちょっと大きいかなと言っています。」

 

「3~4年前に購入したクロックスのソールが減ってきたのでサイトを覗くとグラファイトのカラーと適合サイズの在庫があったので購入。色もサイズも問題なし。ただ、気のせいか以前のものより材質に固さを感じる。
自宅周辺や勤務先での使用やストラップをかかとにかけるとマニュアル以外の車の運転も大丈夫です。
登山の往復で車の運転に使用し、靴を履き替えてザックに放り込み、テント場でのサンダル代わりと結構重宝してますのでクロックスはこれで4足目でしょうか。サンダルは他にも持ってはいますが、結局良く履いてるのはクロックス。この価格と汎用性で3~4年持ちますからお値打ちだと思います。
足長26cmで素足、厚手ソックス履いてもサイズ8で大丈夫です。」 

 

夏場の定番として人気ですね。履き心地がいいのが魅力です。 

 

商品の説明
商品紹介
サイドにクロックスのロゴマークを切り抜いた斬新なデザイン。「クロスライト」素材を使用し、抜群のクッション性を実現しました。クロックス定番のバックストラップ付きでフィット感も抜群!

ブランド紹介
CROCSは、米国コロラド州デンバーに本社を置くグローバルな靴製造メーカーです。アウトドア、スポーツ、ウォータースポーツとありとあらゆる場面での履き心地を追求した靴の開発・製造を行っています。その素材には、独自開発した「クロスライト」という特殊樹脂を使い、靴底の厚さや前後に可動するストラップなどにもこだわった機能的なデザインを生み出してきました。すべてのクロックスシューズには、この「クロスライト」素材が使われています。この「クロスライト」素材が、抗菌性と防臭性に優れ、快適な履き心地と軽量性を約束する、人間工学に基づいたリサイクル可能*なシューズづくりを可能にしているのです。このような特徴を持つクロックスのフットウェアは、日常生活だけでなく、業務時やレクリエーション時の使用にも最適です。

 

靴幅: 2E
メイン素材: 合成樹脂
表地: エチレン酢酸ビニル
ソール素材または裏地: 合成底
防水
ヒールの高さ: 2.5 cm
ヒールのタイプ: フラット