ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ギークスジョブス(フリーランスエンジニア)の評判は?実際に契約してみた口コミ

f:id:merrywhite:20200814181231j:plain

インフラエンジニアをスタートしてからすでに11年が経過していますが、この仕事は地方での需要が高いです。2015年に福岡に移住してから、仕事がないかと不安視していましたが、逆にインフラエンジニアが不足ていて、インフラエンジニアの経験が重宝がられます。


先日も、フリーランスセミナーに参加しましたが、フリーランスになりたいエンジニアが意外と多い事に気づきます。


また、先日、政治家の一人がテレビで、今後はフリーランスが増えていく為、働く環境を整えたいという話をしていましたが、フリーランスの場合、会社に搾取されるお金が少ない為、会社員より高い収入を得ることができます。


私はこれまで約2年くらいのフリーランス経験がありますが、実際にフリーランスとして働くのはどうなんだろうと気になる人が多いと思います。日本人は会社に対する依存度が高いですから、フリーランスという働き方に対して不安な人が多いと思います。


フリーランスという働き方は確かにまだまだ認知度が低いので、不安に考えてしまうのは仕方がないですが、実際にフリーランスとして働いてみると意外とこれまでと変わらないというのが印象です。私の場合は、東京の知り合いのエンジニアがフリーランスとして活動していたので、相談もできたので、意外と不安もなくフリーランスに転身できました。


東京で働いている時は、むしろ誰がフリーランスかなんて分からないくらいだったので、仲良くなって収入の高さにびっくりしました。当時、東京で仕事をしている時に、私の月収は30万円で残業をして50万円くらいになった時、知人のフリーランスは100万円を超えたと言っていました。つまり、倍くらいは稼げる印象があります。


この差は、派遣会社がそれだけ搾取しているということを示しているかもしれませんが、それだけ会社にお金を取られているのです。


派遣社員で給料を上げたい人にフリーランスがオススメ!

私がフリーランスという働き方を選んだ理由は、派遣会社だと何より給料が少ない事です。この業界に入る為に、派遣会社に就職をしたんですが、初任給はなんと15万円スタートでした。そこから東京では最大で月収45万円まであげることに成功しましたが、地方に移住して再び激減しました。


最近、痛感する事ですが、インフラエンジニアは派遣会社で働くよりも、フリーランスとして働いた方が間違いなく稼げるという事です。私の知人が東京でフリーランスとして働いていますが、月収ベースで普通の派遣会社で勤めるよりも、1.5~2倍くらい稼げると言っていました。


福岡の派遣の初任給を調べた結果、ある程度スキルがあっても、350万円前後がスタートではないかというのが、今の調べた結果です。評価してくれる会社だったら400万円超えもあるかもしれません。これも会社次第ですね。


そして、残業を含めるとだいたい400万円前後というのが現状です。この金額を高いとみるか、安いとみるかですが、ちなみに、福岡の平均年収は420万円くらいです。福岡で派遣で500万円稼ぐのはちょっと難しいのが現実です。


今、私が働いている派遣会社の同僚がいるんですが、やはり給料が安いから転職しようか検討している人がいます。ちなみに、月に500万円くらい稼ぎたいと思っているようで、普通に派遣会社に勤めたら、500万円を超えるのは、メンバー扱いだと中々難しいかもしれません。


その為、技術者として稼ぎたいなら、フリーランスのエンジニアがオススメです。また、フリーランスは派遣会社勤めからすると、メリット、デメリットがありますが、給与の点で考えたら圧倒的にメリットが大きいと思います。


実際、東京でフリーランスの人と何人か仕事をしましたが、それぞれ、荒稼ぎする人、年の半分稼ぎまくって、後はゆったりと休みを取る人など様々いました。ただ、どの人も待遇の点でフリーランスという仕事の仕方に満足していました。


そこで、まずはフリーランスのメリットについて言及します。

フリーランスのメリット】
①お金が圧倒的に稼げるようになる
フリーランスになるメリットは、間違いなくお金が稼げることです。上述した通り、私の知っている人では、月に100万円稼いでいる人すらいます。※地方は単価が下がるのでさすがにここまでは稼げません。


逆に、スキルが高くても給料の安い会社に勤めていたら、一向に給料が上がらない場合があります。その為、給料に不満がある場合は、転職がオススメです。私も関東で働いている時に、過去2回の転職で給料を約15万円、基本給ベースであげる事ができました。基本給があがると、残業代も必然的に上がるので、圧倒的に稼げるようになります。


特にフリーランスであればなおさらです。日本人はお金を稼ぐ意識が海外に比べて低いと言われていますが、スキルがあれば稼がないと損だと思います。


よくフリーランスは個人事業になるから手続きが色々と面倒という話が上がります。確かに、手続きや確定申告をしなければなりませんが、私も輸入転売で1000万円程稼いだ時は、青色申告をして、自分で確定申告をしました。


そういった経験からも、慣れてしまえばそれほど大変ではないと言えますし、個人事業なら経費で落とせるので、節税効果もあります。私の青色申告した時は、節税する事ができたので、利益率を高める事ができました。しかも確定申告は経験しておいて損はないと思います。


②仕事がない時はしっかりと休みがとれる
 私の知り合いのフリーランスの一人は、仕事がない時は、逆に休みをしっかりとるようにしているそうです。例えば、プロジェクトや契約の終了などで、仕事がなくなった場合は、しっかりと休みをとればプライベートを充実させる事ができます。


以前、派遣会社に勤めている時には、仕事がなくても会社に通勤しなければなりません。その為、何か仕事を探したり、検証したりと、時間の使い方が効率的ではありません。逆にフリーランスであれば、普段稼ぎまくっているので、暇なときは中期の休みをとることもできますね。オンオフの切り替えとして休みを利用すればいいのではと思います。


私の場合は、ブロガー活動という副業があるので、本業以外の休みはブロガーの時間に充てようと思っています。無駄な時間がないので、フリーランスになって本当によかったです。

 




オススメのフリーランス案件・求人サイト

ちなみに、東京で有名なフリーランス専門で仕事を紹介してくれる企業がこちらです。もちろん、地方の案件も紹介してくれます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


単純に考えて、フリーランスになれば、派遣会社がとっている利益などを引かれる訳ですから、給料が上がらない訳がありません。フリーランスになると個人事業主になるので、自分で確定申告をする必要がありますが、やってみると意外と簡単だし、これはたいした弊害にならないと思います。


色々と書きましたが、福岡は今、インフラエンジニアが不足していますし、Uターン転職大歓迎的なところがあるので、ある程度スキルを持っている人で検討しているなら、戻るのはアリだと思います。それは、派遣会社でもいいですし、フリーランスでも大丈夫です。ただ、フリーランスはまだまだ、地方では認知されていないので、派遣会社のほうが仕事が多いです。


ただ、これからフリーランスという働き方は地方でも認知されていくと思いますので、今後、働きやすくなると思います。ちなみに、数年前より案件の数は増えているみたいです。


私も実際にギークスジョブを利用させてもらっていますが、担当者の対応も丁寧ですし、すごく助かっています。また、給料交渉もしてくれて、満足できる収入を得ています。最初に勤めた会社が営業に調子のいいことを言われて、49万円しかありませんでしたが、ギークスジョブに変更したことで、55万円までアップしました。


さらに、イベントなども定期的に開催しているので、そういったタイミングでエンジニア同士で交流できるのもいいですね。私は今年は、春には花見に参加し、フリーランスになりたい方向けのセミナーにも参加させてもらいました。それ以外にも、担当者の方と飲み会をしたりと、色々と親身になって話を聞いてくれるのも助かります。


色々と活動したおかげで、フリーランスを紹介してくれる会社は他にも知っていますので、福岡でインフラエンジニアのフリーランスを検討している方は、気軽に連絡ください。


とにかく、来年のプランは稼ぎまくる!という事です。お金がないと心に余裕もできないですからね。まずは年収800万円越えを目指して頑張りたいと思います。


>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】