ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

入社して勤続15年で手取り11万3000円の30代女性 給料上がらないって生活が辛い

 

地方に移住して感じることですが、ある程度、長く働けるところで働かないと転職活動が厳しいということですね。

 

東京は仕事が多くて、転職しても就職先が多いですが、地方はそういうわけにはいかないことが多いですね・・・。

 

ただ、手に入れた長く働ける場所でも給料が安くて、昇級しないのであれば、将来性がなく、そのまま働き続けるリスクもあります。

 

入社して勤続15年で手取り11万3000円の30代女性 給料上がらないって生活が辛いですが、ネットニュースで紹介されていました。

 

こちら

勤続15年なのに時給880円で手取り11万3000円 30代女性の嘆き - ライブドアニュース

 

会社員は勤続年数とともに基本給が上がっていくイメージがあるが、そうとも限らないようだ。キャリコネニュース読者で30代後半の女性(岐阜県/既婚/子ども3人/年収およそ200万円)は、

「手取り11万3000円。入社して15年、準社員契約社員)なのに時給880円。大手ディーラーなのに正社員にもなれずフルタイムで働いてこの給料」

と不満を吐露する。ちなみに「スタートは830円」というから、15年勤めて上がった時給はわずか50円だ。

 

手取り11万3000円ってほぼ生活費でなくなりますよね・・・。私だったら無理ですね。。。

 

 

「年齢的に、仕方なくずっと働いている」
現状の手取りが少なくても、将来的に昇格や収入アップが見込めるのなら希望はある。しかし女性は「子どものお迎えがあるので残業もあまりできず、どんどん手取りは下がっていく一方」と子育て中の働き方の厳しさを嘆く。正社員に対する複雑な思いも募っているようで

「入社したタイミングでは、正社員の事務員の人もいるのに仕事量はこちらのほうが断然ハード。なのにずっと準社員。最近もまた正社員の受付嬢が来た」

と愚痴もこぼした。

できることなら正社員になって収入を安定させたいし、それが無理なら負担を軽くしてほしいというのが女性の本音ではないだろうか。会社を見限って転職を考えてもいいかもしれないが、

「年齢的に次の仕事を見つけるのが困難だと思い、仕方なくずっと働いている」

 

日本のよくないのはこういったところですよね。能力ではなく、外れを引いてしまっても、転職がだんだんと難しくなって我慢するしかないということになります。

 

私は30代でも転職した派ですが、それも業種が関係ありますしね。

 

ということで、動けるうちに動くが正解かもしれないですね。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓