ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

手取り19万円 産まれた子に将来苦労させてしまう未来しか見えない

 

今の日本はほんとうに楽ではないと感じています。生活すること自体がギリギリという人が増えていますが、これも税金が増え、物価があがっているのが要因の一つです。

 

以前、ツイッターで手取りが30万円台で10万円近くとられているのを見て、実際に稼いでいる金額より、手元に入っている金額が小さくてびっくりする人が多いのではないでしょうか。

 

そして、ネットニュースで、手取り19万円 産まれた子に将来苦労させてしまう未来しか見えないという内容を見て、まさに今の日本を表していると感じました。

 

情報元はこちら。

手取り19万3000円の女性「1か月1万円生活なんて普通」 - ライブドアニュース

 

「いわゆるDINKs(共働きで子どもを意識的に持たない夫婦)として、贅沢せずに慎ましく暮らすという生き方しか選択しかできない」

 

こう語るのは、30代前半の男性キャリコネニュース読者(山梨県/IT・通信系/正社員/既婚)だ。なぜ男性はDINKsという生き方を選ぼうとしているのか。

 

給料って本当に大事で、先が見えない場合は子供を作るどころか結婚すら危ぶまれています。

 

以前の職場でも給料が安すぎて、結婚どころか彼女もできないと嘆いている人がいました。

 

 

続いて、

 

「産まれた子に将来苦労させてしまう未来しか見えない」
男性が子どもを持たない人生を選ぼうとしているのは、「年収およそ300万円、手取り19万円」という経済状況に理由がある。

 

「子どもを作ることを考えると、教育にまともな金がかけられず、産まれた子に将来苦労させてしまう未来しか見えない。現在夫婦2人で生きるだけでも金がなくてつらいと感じることがあるのに、わざわざ作った自分の子にも同じ思いをさせるのは不憫なので、絶対に子どもは作らないようにしようと思っている」

 

本当は子どもを望んでいるにもかかわらず諦めるしかないのだとしたら、こんな悲しいことはない。しかし男性と同じような考えを持つ人はほかにもいる。

「1万円生活なんて、すごくもなんともない」
IT・通信系の会社で働く30代後半の女性(東京都/正社員/既婚)は、年収およそ300万円、手取り19万3000円と前述の男性と似た状況にある。彼女もまた、

「子どもは作りません。子どもを育てる余裕がないからです。また、将来まとまったお金が必要になるときが来るのが不安です」

 

と胸の内を明かした。共働きでも児童手当や高校無償化などの制度があっても、不安が拭えない人は多いのかもしれない。~

 

手取り19万円ってほんとうにつらいです。私も子供がいて10万円台の時がありましたが、地獄でした。

 

カップラーメンとおにぎりランチをしていた時期です。今は転職で給料がかなり増えましたが、会社選びはとても大切です。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓