ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

手取り月15万円のIT・通信系フリーター 一人暮らしだと趣味、人との交流を断つ必要

f:id:merrywhite:20210124060855j:plain

 

私は20代前半は建築現場の日雇いの仕事をしていました。その時は、手取りは20万円ありまえせんでした。おそらく15万円くらいでしょうか。

 

地方だったのと二人暮らしだったのでそれほど生活に困っている感じはありませんでした。

 

ただ、その後、このままではまずいと思って、IT系の派遣会社に就職しました。そして、その時の給料がなんと手取りが一桁。ただ、寮費なども払った後なので、実際に使えるお金が9万円とかなら悪くないのかもしれませんが・・・。

 

正直、給料って大事ですが、生活ということに関していうと、実家ぐらしか、一人暮らしかでも大きく変わります。

 

手取り月15万円のIT・通信系フリーターの方で、実家暮らしならまだ生活できるけど、一人暮らしだと趣味、人との交流を断つ必要があると言っています。

 

元ネタはこちら

フリーターで手取り月15万円 30代後半男性の生活 - ライブドアニュース

 

神奈川県に住む30代後半の男性(離婚・死別)は、IT・通信系の職種でフリーター。男性の手取りは月15万円、年収およそ200万円だ。

 

この年齢で年収200万円はつらいですね。

 

 

「正社員にこだわりたくないのと、正社員だからという理由で責任という言葉が一人歩きしているのが嫌いで、フルタイムのバイトを続けてきた」

 

「あえて賞与というものをあてにしない前提で人生を考えている」
現在は実家に身を寄せている男性。日々の生活については、

「一応家には数万円入れてはいるが、一人暮らししたら人との交流を断つか、趣味はほとんどやめないと生活できない予感がする。贅沢、つまりは飲み会やデートなど(の費用)を支払う余裕はないため、人付き合いはほとんどない」

と綴った。将来に不安はないのだろうか。

「将来の見通しは、はっきり言ってつかない。そもそも昭和時代のような毎年昇給、賞与毎回満額支給、退職金ありというのは、もはや幻想。あえて賞与というものをあてにしない前提で人生を考えている」

独自の価値観を持つ男性だが、まったく備えをしていないわけではなく、

「一応、月3000円の積立投資信託を1年前から始めたりしている」

 

個人的に稼げたほうがいいですが、もう一つ重要なのはやりがいとか、満足度などもあります。

 

ただ、一つ言えるのは、日本はなんだかんだで年功序列なので、ちゃんとした会社に入っておくと将来は安心です。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓