ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

手取り約14万円の20代副店長 アルバイト時代、派遣時代が稼げるって辛い

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain

 

日本は以下に力の強い会社に入ることができるかで人生が大きく変わります。海外の場合は実力主義で職場の変更がしやすいかもしれませんが、日本は崩壊したといえども、年功序列がまだまだ強いので、縦社会の傾向がまだまだ強い気がします。

 

以前ほどではないですが、以前は相当な数のブラック企業がありましたからね。。。

 

そして、働きやすくても給与が少なすぎると将来が不安になるでしょう。

 

ネットニュースで紹介されていましたが、手取り約14万円の20代副店長 アルバイト時代、派遣時代が稼げるって辛いですよね。。

 

情報元はこちら。

手取り13.8万円に憤る20代副店長「バイト時代の方が稼いでいた」 - ライブドアニュース

 

流通・小売系なのが理由かもしれませんが、月の手取り13万8000円で年収およそ200万円。現在は「正社員で副店長」って全然うれしくないですよね。

 

「親にいくぶんか生活費を入れる余裕もない」
「正直つらい」と語る20代後半の男性(大阪府/未婚/流通・小売系)は、月の手取り13万8000円で年収およそ200万円。現在は「正社員で副店長」という立場だが、

 

「同じ会社でバイトから経験した身としてはハッキリ言って『バイト時代の方が手取りもうプラス5万は"最低でも"稼いでいた』ってレベル」

と憤りをあらわにする。今後の見通しについては

「貯金はほぼ無いので見通しなんてない。賞与は今季1か月分もない。実家通いとはいえ、親にいくぶんか生活費を入れる余裕もない」

と厳しい現状を綴っていた。

 

 

 

30代前半で手取り18 万円で年収およそ250万円って結婚すら考えられないですよね。

 

「ボーナスも無いので、いわゆる"ご褒美"的な買い方もありません」
三重県で暮らす30代前半の男性(未婚/サービス系/正社員)は、手取り18 万円で年収およそ250万円。「欲しいものは、とりあえず諦めることになりがちです」と切り出し、

「ボーナスも無いので、いわゆる"ご褒美"的な買い方もありません。手に職の仕事ですが、会社に信頼感はあまり無いです。 車こそ、必要なのでなんとか購入しましたが、実家住まいだからこそ。一人暮らし、したいですが転職しないと無理でしょう」

と余裕のない生活ぶりを明かす。それでも男性は、諦めたわけではないようで

「2022年は考え所です。おそらく転職するかと思います。30歳になったので、節目になる年。精進します」

 

こういった情報を見ると、以下に世の中には辛い待遇で仕事をしないといけない人がいるのかというのを知ることができますが、やはり、業種、会社選びは重要です。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓