ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

画質、音質コスパ最高とレビューで好評 ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 ULED 液晶 テレビ 50U8F

最近は、テレビは大画面が好まれる傾向があるそうで、確かに画面が大きいほうがゲームや映画が楽しめますよね。

 

我が家もようやく大きめの4Kテレビを購入したので、かなり満足しています。家がそこまで大きくないので、サイズは限られますが、以前、会社の同僚がテレビを買い替えて、50V型にしたと言っていました。

 

家族がいる方だと、これくらいのサイズがないと物足りないかもしれません。

 

一人暮らしだったら小さくてもいいかもですが、お正月をかぞくだんらんで過ごす場合は、テレビは必須ですよね。

 

毎年、お正月はコタツで家族集まって正月番組を見るのがこうれいです。そして、大きめのサイズのテレビを探している方に、画質、音質コスパ最高とレビューで好評 ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 ULED 液晶 テレビ 50U8Fがレビューでも高評価でおすすめです。

 

ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 ULED 液晶 テレビ 50U8F 倍速パネル搭載 ネット動画対応 3年保証

f:id:merrywhite:20211216061743j:plain

 

商品紹介
あなたに、グローバル時代のテレビへ、感動で満ちあふれる映像体験へ。

4Kの美しさと高音質サラウンドシステム。映像と音の臨場感を楽しむ。

画質に、音質に、デザインに、世界がうなずく美しい洗練を身につけたハイセンス。

世界基準で磨かれ認められた、テレビの美しい高品質を、いま、あなたにお届けします。

【50V型 BS/CS4Kチューナー内蔵倍速パネルULED液晶テレビ

3840×2160画素/829万画素、極上の4K画質。2K信号の映像も4K画質にアップコンバートして、いつもの番組もより美しく

BS/CS 4K高画質処理、地デジ高画質処理

「2画面機能」「画面静止画機能」搭載

NEOエンジンplus2020搭載

バックライトにローカルディミングplusを採用

3段階超解像処理、AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、
エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus、輝き復元

HDR対応】

ハイダイナミックレンジ規格対応で、明暗部の輝度情報が拡大、より現実の明るさの世界へ。
そしてHDR10のみならず、HLGにも対応しています。

【SMART TV】
Netflix/YouTube/Amazon Prime Video/Hulu/AbemaTV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/dTV/Rakuten TV/Paravi

【本体寸法(スタンド含まず)】W.112.2 × H.68.8 × D.10.6cm / 画面寸法: W.109.6 × H.61.6cm

【受賞】
・ビジュアルグランプリ2020 SUMMER 映像音響部会 コスパ対象
・ビジュアルグランプリ2020 SUMMER 映像音響部会 受賞
・ビジュアルグランプリ2021 映像音響部会 金賞

受賞
ビジュアルグランプリ2021 ディスプレイ 4K液晶テレビ(50型以上56型未満) 金賞

f:id:merrywhite:20211216061851j:plain

PHILE WEB(ファイルウェブ) プロによる商品レビュー
4K映像にふさわしい表現力の “手に届く” ハイエンド4Kテレビ
「U8F」は、人気シリーズの後継として、直下型バックライトで分割数を大幅にアップさせ、より明るくより良いコントラストな方向へと進化している。画質の要と言える映像エンジンも「NEOエンジンplus 2020」を搭載。東芝レグザの資産を継承したエンジンだ。

様々な映像を視聴して特に印象的だったのは、4K放送の青森ねぶた祭。まずは実効コントラストの良さに驚く。背景はしっかりと黒く沈み、ねぶたが目の前に現れたかのような明るさで迫ってくる。赤鬼も鮮烈な深紅で表現し、映像の世界に引き込まれる。液晶テレビとして、鋭い表現力のステージに突入したようだ。

音質は開放的でナチュラル。決め手はやはり前向きのスピーカーで、音が直接耳に届くのは絶対的なアドバンテージ。画面下に備えたスピーカーの音を画面の中央付近から聞こえるようにリフトアップする「ダイレクトサウンド」機能も実用的だ。

東芝が培ってきた映像エンジンを受け継ぎ、厳しい日本ユーザーの眼鏡にも叶うより良い画質を達成している。「手に届くハイエンドテレビ」として、幅広いリビングユースにオススメしたい。

f:id:merrywhite:20211216061911j:plain

チューナー
新4K衛星放送に対応し、衛星放送のより良い精細な4K番組を手軽に楽しめます。

さらに、従来の地デジ、BS、100°CSもそれぞれに3チューナーを搭載。裏番組の2番組同時録画も可能です。

NEOエンジン2020 plus搭載
東芝映像ソリューションとの共同開発によるさらに進化したNEOエンジン2020 plus。

4Kがもつポテンシャルを上げ、「観やすさ」を重視した鮮やかな画質を追求、より精細な4K画質をどこまでもリアルに表現します。

f:id:merrywhite:20211216062118j:plain

AIシーン別超解像処理
あなたの知らない間に、あらゆるシーンがきめ細やかな画質に。

5層のニュートラルネットワークを深層学習し、通常の映像とギラつきが目立つ映像を自動判別。シーンごとに適した超解像度処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかなより良い画質を実現します。

ゲームモードplus
ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、 特にFPS格闘ゲームなどに適した機能です。 また、HDMI 2560×1440 60p出力のPCゲームに対応。 低遅延を実現しながらも3段階超解像処理と フレーム補間処理により、より精細でなめらかな映像を楽しめます。

f:id:merrywhite:20211216062152j:plain

倍速パネル
2倍のフレーム数で、早い動きもクリアに見えてくる。

静かな美しい風景シーンの透明感も、スポーツシーンなどの一瞬の輝きも、クリアに映し出す。

トップアスリートの瞬発力も、レーシングカーのコーナリングも、残像感の少ないクリアな映像で楽しめます。

ローカルディミングplus
バックライトをエリアごとに制御。影も、光も、美しい。

眼に映る引き締まった黒とメリハリの効いた光とのコントラストによる鮮やかな描写。直下型LEDバックライトをエリアごとに分割して制御することで、より良いコントラストで発色豊かな映像を実現。

f:id:merrywhite:20211216062221j:plain

Eilex PRISM
Eilex PRISMは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく音響補正技術です。Eilex PRISMのVIRフィルターによって、より良い精度でより明瞭度のより良い臨場感あふれるより良い音質実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができます。

ハイセンスの安心サービス
お客様に安心して製品をお使いしていただけるよう、ハイセンスのテレビは3年保証がついています。

保証期間・保証の内容については、製品に同梱されている保証書をご覧ください。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

ハイセンスの中身が事実上REGZAと同等になり、特に海外勢の弱点であった映像エンジンが飛躍的に進化したと言われている昨年モデルです。

一カ月使用レビュー

HDMI2.1こそ非対応ですが、REGZA譲りの映像エンジン、UI、リモコンにプラスしてローカルディミング、広色域パネル、HDR、倍速駆動パネル、ゲーミングモード、フロントサラウンドスピーカー、VOD、Dolbyの映像音声対応等々機能山盛りで50Vが80,000円とは買いでしかありません。

10年前の43H9000REGZAからの買い替えですが、横幅は40㎜増し程度。
ベゼルがほぼ無いデザインにより迫力、先進感大幅アップ。
地上波は流石はほぼ最新REGZAエンジンという画質で、先代のテレビで良くアラが目立った水面、動きの多いシーンで改善が見られることと、全体的に4Kアップスケーリング、倍速駆動のフレーム補完が効いているようで、インチアップしたにも関わらず画質の向上を実感。
AMOLEDが最良と思われる方も多いでしょうが、私は製品寿命的に不安が残る為ローカルディミング対応の液晶を選択しております。
ここに関しても、PS5で4KHDRコンテンツを堪能する目的の私には過剰な程かと感じます。
HDMI入力毎に映像モード、音声モード、倍速駆動等々個別に設定出来る点も便利。
VODは特にYouTubeを使用しておりますが、有線接続、無線LAN接続双方で4Kサクサクです。

このモデルはベゼル下部にフロントスピーカーを搭載しておりますが、先代テレビと比べ重低音がかなり鳴るようになりました。
人物の会話に特化したクリアモードとオートボリュームにより日々のYouTube視聴がかなり快適になりました。

最後に決め手となったのが、アフターサービスの充実。
初期不良は当然としてメーカー3年保証で対応も早く、保証期間内の動作に関する不具合は基本現行品に新品交換という対応とのこと。
海外勢の格安テレビを買う上で一番の不安材料はここだと感じますが、この点でハイセンスはやはり一枚も二枚も他社より上手のようです。

総じてこの価格、機能、アフターサービスで満足でしかない。
クロネコの延長保証と合わせて5年しか使えなかったとしても、充分なコスパがあると思います。

 

ハイセンスも最近は機能面で評価があがっているので価格を考えるとコスパがいいですし、おすすめです。

 

BS/CS 4Kチューナー内蔵 、新しく進化したNEOエンジンplus2020搭載。
【AIシーン別超解像処理】シーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現します。
【AIモーション別超解像処理】AIが映像の動きの“速さ"を自動判別。動きによって適切な超解像処理をし、ノイズを抑えたクリアな映像を再現します。
【倍速パネル&フレーム補間】トップアスリートの瞬発力も、レーシングカーのコーナリングも、 残像感の少ないクリアな映像で楽しめます。
【ローカルディミングplus】目に映る引き締まった黒とメリハリの効いた光との コントラストによる鮮やかな描写。
本商品はWorks with Alexa認定を受けたAmazon Alexa対応端末です。