ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

フィット感がよく落ちないとレビューで高評価 Bose Sport Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン

最近、まわりで太る人が増えていて、運動不足が原因みたいな話がでています。確かに食べて運動しないと太りやすくなりますよね。

 

コロナで在宅ワークで動かなくなって太りやすくなったという人もいるかもしれません。

 

私もお酒をよく飲むので、飲むときはなるべく炭水化物は食べないようにしていますが、ついついラーメンは食べやすくなりますよね。

 

ということでおすすめは筋トレですが、スポーツは健康にもいいので、定期的に体を動かすのはダイエットだけでなく、美容や健康にもおすすめです。後、筋肉が増えると基礎代謝もあがりますからね。

 

ただ、スポーツするのもダラダラやると飽きてくるので、音楽を聴きながらとかだと意外と楽しめます。そこで、フィット感がよく落ちないとレビューで高評価 Bose Sport Earbuds 完全ワイヤレスイヤホンが品質がよくて人気です。

 

Bose Sport Earbuds 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 接続 マイク付 最大5時間+10時間 再生 タッチ操作 防滴 トリプルブラック

f:id:merrywhite:20211216221413j:plain

商品の説明
色:トリプルブラック  |  スタイル:単品
Bose Sport Earbudsは、臨場感あふれる、定評あるサウンドと、快適で安定した装着感。エクササイズをエネルギッシュに楽しめるように作られています。何度でも、自己ベストを更新しよう。独自の音響ポートデザインと、プレミアムで高性能なドライバーを搭載したBose Sport Earbudsは、小型の音響設計でありながら迫力のサウンドを実現し、過酷なトレーニングをサポートします。快適で安定した着け心地のイヤホン。StayHear Maxチップは、傘形をした独自のデザイン。また、柔軟性に優れたウィング構造により、どんな動きにも対応。イヤホンをしっかりと固定します。Bose Sport Earbudsは、厳しい品質テストをパスした汗や雨に強い耐久性を実現。あなたと一緒に、最高峰を目指します。
1回の充電でBose Sport Earbudsを約5時間連続使用できます。フル充電された専用充電ケース(付属)で2回のフル充電ができ、最大10時間の使用が可能。15分のクイック充電の場合、最大2時間の使用が可能です。
確かなBluetooth接続機能。デバイスから9 m以内の範囲で、デバイスが再生しているものは何でも聞くことができます。各イヤホンの外側に内蔵された独自アンテナが接続を維持します。
無料のBose Musicアプリを使えば、イヤホンの名前変更、お好みのコントロールの設定、バッテリー残量の確認、ソフトウェアのアップデートを利用できるようになります。

イヤホンには、ボタンの代わりに、製品をコントロールするタッチセンサーが搭載されています。

右側のイヤホンでコントロールできる主な機能は次のとおりです。

上下にスワイプして音量を調整
- この機能をオンにするには、Bose Musicアプリを開いてSport Earbudsを選びます。
- 画面右上にある設定アイコンをタップします。
- 「Control」(操作)セクションの「Volume」(音量)をオンにします。
続けて2回タップすると、音楽の一時停止と再生、および通話の応答と終了が可能です。
長押しすると、着信を拒否したり、音声アシスタントにアクセスしたりできます。

左側のイヤホン:
続けて2回タップすることで、あらかじめ設定されたショートカットにアクセスできます(Bose Musicアプリでカスタマイズ可能)。

技適マーク認証済み商品、周波数帯:2402 - 2480 MHz

f:id:merrywhite:20211216221456j:plain

BOSE SPORT EARBUDS
スポーツのための、完全ワイヤレス
Bose Sport Earbudsは、定評ある臨場感あふれるサウンドとしっかりした快適なフィット感で、エネルギッシュなエクササイズを楽しめるように設計された完全ワイヤレスBluetoothイヤホンです。何度でも、自己ベストを更新しよう。

完全ワイヤレスイヤホン
サイズからは想像できない迫力のサウンド
独自の音響ポートデザインと、プレミアムで高性能なドライバーを搭載したBose Sport Earbudsは、小型の音響設計でありながら迫力のサウンドを実現し、過酷なトレーニングをサポートします。

 

快適で安定した着け心地のイヤホン
長時間ずっと快適。安定した装着感。
StayHear Maxチップは、傘形をした独自のデザイン。また、柔軟性に優れたウィング構造により、どんな動きにも対応。 Bose Sportイヤホンをしっかりと固定します。

 

f:id:merrywhite:20211216221715j:plain

シンプルなタッチコントロール
Bose Sport Earbudにはタッチセンサーが搭載。イヤホンをタップして、音楽の再生や一時停止、通話や通話の拒否などができます。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

 ヘッドホン、イヤホン、スピーカー、有線イヤホン等、BOSEの商品を愛用し続けてきたことも購入の決め手ですが、イヤーピースの形状とアフターサービスが最終的な決め手でこちらをポチりました。
 以前別の格安ワイヤレスイヤホンを買いましたが、落ちる落ちる。そして格安の中華ワイヤレスイヤホンはどの商品もサクラレビューが多すぎて、本当に良いのかどうかわかりません。ちなみにその商品はケース毎どこかへ消えました。
 今回は好きなYouTuberおすすめのゼンハイザーのものと迷いましたが、結局イヤーピースの形状が決め手でBOSEにしました。結果、満足しています。有線の方が音質は良いですが、煩わしさがない分、ワイヤレスイヤホンの方をよく使います。
買ってよかった点を以下3点に絞ってまとめます。
・他の人とそう被らない
・アフターサービスがしっかりしている
 何年後かに壊れても、次の新モデルを1/4程度の値段で買えます。このサービスを使用して、5年に1度程度のペースで有線イヤホンを買い替えています。
・落ちない

アフターサービスがしっかりしている、これはガジェット系YouTuberでも言っていないことです。
これがあるからBOSEは良い。最大の強みかもしれません。

 

フィット感がいいので、スポーツ時におすすめです。

 

臨場感あふれるボーズサウンド — すぐ側にアーティストがいるかのようなサウンドがあともう少し、あともう1回というがんばりを後押ししてくれます。
安定して快適な装着感のイヤホン — 3種類のサイズのStayHear Maxチップが付属し、装着感を調整できます。耳が痛くなることがなく、動きの激しいスポーツでも外れません。
防滴仕様のイヤホン — IPX4等級で、電子回路は特殊な素材でカバーされているため、どこでエクササイズしても、水しぶきから保護します。
クリアな通話 — ビームフォーミングマイクアレイが、声と周囲のノイズを分離。通話先の相手はあなたの声をクリアに聞くことができます。
シンプルなタッチコントロール — ボタンではなく、静電容量式タッチインターフェースを採用。タップで、曲の再生と一時停止、着信への応答などができます。
長時間の連続使用が可能 — 最大5時間連続使用できます。充電ケースを使うと2回分の充電が可能で、さらに約10時間使用できます。
信頼性の高いBluetooth接続 — 独自設計のアンテナが各イヤホンに内蔵されており、接続が途切れることはほとんどありません。Bluetoothの通信範囲は9 mです。