ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

派遣は貧乏のままか?派遣会社に勤めている経験から考えてみる

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain

先日、ブログのキーワード検索をしていたら「派遣 貧乏」というキーワードで検索をしている人を発見しました。


私はこれまで派遣会社に10年近く勤めていて、色んな派遣会社に転職しました。


そういった経験から、派遣会社の給与はある程度、どれくらい稼げるか分かっているつもりです。


では、派遣会社に勤めていると貧乏のままなのか?というとそうではありません。


派遣会社に勤めていても、稼いでいる人がいます。


ただ、選択する派遣会社を間違えると、どうしても給料が上がらない、または、上限が決まっているという事があるので、そういった会社に入ってしまったら、中期的には転職を考えた方がいいでしょう。


例えば、1000人を超える大きな派遣会社の場合、給与システムがあって、給料が上がりにくいという場合が多いです。


例えば、私が入社したA社(社名のイニシャルではありません。)は、給与がだいたい、30万円で打ち止めでした。そこから先にあがるには役職をもらうしかありません。


そして、ボーナスがない会社だったので、平だとこの金額が上限ですね。すると、残業がなければ、年収360万円。ただ、残業は見込みがなかったので、忙しい現場に行くことができれば、500万円台も稼げる可能性がありますね。


実は、このあたりの金額が派遣会社で稼げる金額としては、悪くない金額になるのではないかと思います。


ボーナスを採用している会社だと、もっと下がる場合もあります。では、派遣会社は稼げないのでは?と思いますよね。


東京であれば、フリーランスで働くことによって、圧倒的に稼ぐ事ができます。私の知人にフリーランスが何人かいますが、稼いでいる人なら、月に100万円を超える人もいます。


フリーランスで働けば、一般的な派遣よりも、1.5~2倍は稼げるイメージになりますね。ただ、確定申告を自分でしたり、仕事がない間は給料がないというデメリットもありますが、多くの場合、スキルが高い人が多く、仕事がないということは、東京ではまずないと思います。


ただ、私が言っている派遣とは、IT業界の派遣になるので、業種によって稼げる、稼げないがあると思います。まずは、稼げる業種に転職する事が目標になるのではないかと思います。


今の給与に不満があるなら転職活動を検討する

今の給与に不満があるなら、転職活動を検討する必要があります。例えば、給料が安いうえに、毎年数千円単位でしか給与が上がらない場合など。


今の会社で知り合った同僚は、20代後半で給与が10万円台、昇給も毎年5千円だけだったそうです。つまり、このまま働き続けても、30代になって20万円に到達するかどうかというレベル。


正直、この給与で家庭を持つのは厳しいですよね。やはり、生活を考えたら給与がいい会社に転職するのが一番です。特に大きな会社の場合、給与システムに融通が利かない場合が多いので、「頑張っているから給与を上げてください!」とお願いしても、まず、要望は通る事はないでしょう。


転職に関して、私も実際に利用した事があって便利でオススメなのが、「マイナビエージェント」です。これから転職を検討している方や、待遇面で不満があって転職を考えている人に便利です。

 

リクナビなどと違い、担当者がついて、一緒に仕事を探してくれます。また、担当者は実際に企業と会ったりしているので、求人票では分からない情報を教えてくれたりします。


求人票では、やはり、理想的な人材を欲しがるので、どこも高い条件が書かれている場合がありますが、実際に面接してみると、それほどでもない場合もあります。

  

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓