ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

学研の頭脳開発「ちえのおけいこ5歳」スマホで遊びながら学べる

娘がついに6歳になってこれから小学生になります。子供の成長って早いですね。気づいたらすぐに中学生とかになってそう。自分ももっと頑張らないと。


そして、私が忙しくしているせいで、あまり子供にかまってあげられていないのがダメなんですが、今後は地元に戻って、母親とか色んな人がかまってくれるのでいいかなと思っています。


そんな中でも、ゲームを楽しんでいて、マリオオデッセイはめちゃくちゃうまくなっています。そして、スマホも色々とゲームがうまくなっていますが、やはり、スマホをしながら勉強出来たらいいな~と思ったら、ちょうどいいのがありました。


学研の頭脳開発 「ちえのおけいこ5歳」です。

f:id:merrywhite:20211212172748p:plain

 

商品説明
シリーズ累計3900万部を超える幼児向けワークのロングセラー「学研の頭脳開発シリーズ」の『5歳 ちえのおけいこ』を完全アプリ化。

5歳児は、いろいろな材料を使って豊かなイメージ作りができるようになる時期です。
そのため、材料に対する正しい理解・認識、判断を持たせることが大切です。

このアプリでは、形の認識、形の分解・再構築、空間図形など構成力を養うおけいこをします。
また、知的能力の基礎である推理力、思考力なども「なぞなぞ」や「じゅんばん」などのおけいこを通して育てます。

*** ***アプリの特長*** ***

 

【Point1】 お子様が夢中になる多彩な内容で、飽きずに長く続けられます。
「なぞなぞ」「しりとり」「じゅんばん」「ながさくらべ」「かさねたかげ」など全67問を収録。
多彩な内容で、飽きずに長く続けられます。

【Point2】 少しずつステップアップしながら、しっかり学習
最初は簡単でやさしい問題からスタートし、少しずつ色や形などの要素が複雑になります。
少しずつステップアップしながら、繰り返し学習するので、しっかり身につきます。

【Point3】 全ての問題に音声ナレーション付き
全ての問題に音声ナレーションが付いているので、大人がいつもそばにいて問題を読みあげる必要がありません。
文字の読めないお子さん一人でも、安心してお使い頂けます。

【Point4】 「がんばりシール」と「ごほうびメダル」機能
おけいこが上手にできたら、「がんばりシール」がもらえます。シールはシール帳にたまってゆき、いつでも確認できます。

また、がんばっているお子さんに、「ごほうびメダル」をプレゼントすることができます。
「ごほうびメダル」は、アプリのTOPページに貼られ、アプリを起動するたびに、お子さんのやる気をひき出します。たくさんほめて、お子さんのやる気と能力を伸ばしましょう。



以下はレビューの抜粋です。

子供が3歳の時に購入。
3歳の時には3割ほどしかクリアできませんでしたが、4歳になる頃には全てクリアできるようになりました。
このアプリの効果かわかりませんが現在4才半で足し算ができるようになったので、アプリを購入して良かったと思います。


3歳から利用できるのがいいですね。後、価格も600円と安いので、長くできるのが魅力です。スマホで勉強アプリを探している方は、是非、チェックしてみてください。

学研の頭脳開発 「ちえのおけいこ5歳」