ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware NSXでコントローラー再構築後、ESXiからNSX 6.1.xへ再接続に失敗する

VMware NSX環境にてNSX Controller,NSX Edgeの仮想マシンに問題が発生し、復旧できない場合は、再構築する事があると思います。


そして、NSX Controllerの再構築後、ESXiからNSX 6.1.xへ再接続に失敗するという事象があるそうです。

>>コントローラを完全に再構築した後に ESXi ホストが VMware NSX for vSphere 6.1.x コントローラへの再接続に失敗する (2123084)


・コントローラを再構築した後に ESXi ホストが VMware NSX for vSphere 6.1.x コントローラへの接続に失敗する 
・影響を受ける ESXi ホストと NSX コントローラの間で時間差が発生する
・ESXi ホストの /var/log/netcpa.log ファイルに、次のようなエントリが表示される


この問題は、新しくデプロイされる NSX Controller が NSX データベースに含まれている論理スイッチ情報を継承しないことが原因で発生するとあります。

WARNING:terminal is not fully functional



>>コントローラを完全に再構築した後に ESXi ホストが VMware NSX for vSphere 6.1.x コントローラへの再接続に失敗する (2123084)


上記、KBによると、この問題は VMware NSX for vSphere 6.2で解決されているそうですが、すぐにアップグレードできない場合は、NSX Manager に対してAPIを呼び出しを実行して、元の構成をそれぞれのコントローラにプッシュバックする必要があります。

NSX Manager に対して API 呼び出しを実行するには、次の方法を使用します。

 


また、APIの操作方法は以下のPDFが参考になります。P25くらいからが使い方になります。

>>NSX vSphere API Guide NSX 6.1.3 for vSphere


その後、以下を実施します。

API 呼び出しの後、ご使用の環境内のすべての Edge サービス ゲートウェイおよび分散論理ルータを再デプロイします。
●[コントロール プレーン] レプリケーション モードを VXLAN カーネル モジュールにプッシュバックします。[転送ゾーン] で、次の手順を実行します。

 

・[論理ネットワークの準備] タブの [セグメント ID] セクションでマルチキャスト アドレス範囲が定義されていることを確認します。
・転送ゾーンのレプリケーション モードを [ユニキャスト] から [マルチキャスト] に変更し、[ユニキャスト] に戻します。[既存の論理スイッチを新しい制御プレーン モードに移行する] オプションのチェックボックスが選択されていることを確認します。

 


また、NSX 環境が中断されるため、すべてのコントローラを削除するのは推奨またはサポートされないそうです。
 


当方は、6.1.xでコントローラーの再構築を行った事がありますが、上記の事象は発生しなかったので、必ず発生するものではない可能性がありますが、事象が発生した場合は、参考にしてみてください。

 

Mastering VMware Horizon 7 - Second Edition (English Edition)