ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware NSX VIB 保留中のトランザクションには空き容量が~エラー

ESXiをインストールするディスクサイズは意外と注意が必要な場合があります。例えば、容量のないディスクなどにインストールした場合、ログなどの増加で容量が不足することがあるかもしれません。


以前、XenServer6.xをインストールした際に、ローカルに保存されるログの世代数がデフォルトで99という数字になっていて、ディスクがパンパンになるという事象がありました。XenServer5.xまでは、20世代だったと思いますが、これもある意味、製品品質の問題ですけどね。XenServerはおそらく消えていく製品になるかもしれません。


そして、VMware NSXの環境で、ESXiのディスクサイズが不足していると、以下のKBのようなエラーが出ることがあります。

>>VMware NSX for vSphere 6.x で NSX VIBs のインストールとアップグレードが以下のエラーで失敗しました:エラー:保留中のトランザクションには空き容量が xxx MB 必要ですが、サポートされている最大サイズは xxx MB です (2144785)


ESXi 6.0.x ホストがある VMware NSX for vSphere 6.x 環境で、次の症状が発生することがあるそうです。
NSX VIB のインストールまたはアップグレードが失敗する
・該当する ESXi ホスト上の /var/log/esxupdate.log ファイルに、次のようなエントリが表示される:

2016-02-04T12:19:23Z esxupdate: BootBankInstaller.pyc: ERROR: The pending transaction requires xxx MB free space, however the maximum supported size is xxx MB.

 

この問題は、起動バンクの容量が ESXi ホスト上で不足しているために発生し、既知の問題ですが、解決方法はないようです。
サードパーティのカスタム イメージ サイズの一部は、サイズが比較的大きくなります。基本イメージに加え、追加の VIB が使用されるサービスに基づいて環境に自動的にインストールされます。 その結果、イメージの合計サイズが起動バンクの最大サイズを超えると、VIB のインストールが失敗します。


この問題を回避するには、esxcli software vib remove -n <vib-name> コマンドを使用して、必須以外の VIB をアンインストールし、起動バンクの追加の容量を確保します。詳細については、『vSphere Upgrade Guide』の「ホストからの VIB の削除」セクションを参照してくださいとあります。

ESXi ホストから削除可能な必須以外の VIB の確認については、ハードウェア ベンダーに問い合わせてください。