ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

「少子化問題を解決するのはお金。」収入があれば結婚も家族もできるに納得しかない

 

日本の少子化問題は本当に危険です。私はいい年齢なので、自分の子供がまだ小さいですし、大きくなった時に幸せになってもらいたいですが、先進国だった日本がどんどん疲弊していって、弱体化していき、将来が不安になっている人は少なくはないと思います。

 

一番感じるのは、お金がなくて結婚ができないという人が多いことです。

 

別に大手企業に入社して、高い給料をもらいたいわけではなくても、普通の幸せすら手に入れにくい時代になっているのかと怖くなってしまいます。

 

こちら

 

「少子化問題を解決するのはお金」手取り13万円、30代男性の持論 - ライブドアニュース

 

 

家計状況は家族計画にも大きな影響を及ぼす。手取り13万円の30代後半の独身男性(神奈川県/サービス系/パート/未婚)は「(今の手取りでは)まず子どもを作れない」といい、

少子化問題を解決するのはお金。お金が適度にあれば、結婚もできて家族もできて、日本は明るい未来を作れる。今の人たちは金持ちになりたいなんて思ってない。適度なお金が欲しいだけ」

と持論を展開。子育てにはお金が不可欠だと訴えた。

 

 

こういった意見ってほんとうに多いのですよね。。。関東で仕事をしていたときに出会った人は、給料が安い会社に入ってしまったために、生活が厳しくて結婚なんて考えられないとのこと。

 

節約したり共働きすることでなんとかなるのかもしれませんが、お金の苦労はずっと続くことになるかもしれません。

 

手取り17万5000円の30代女性「金銭面が心配で産む気になれません」
一方、既婚のキャリコネニュース読者は、子育てとお金の関係についてどう考えているのだろうか。

沖縄県在住で30代前半の女性(その他/正社員・職員)は手取り17万5000円で、「子どもが1人います。『もし、もう1人産まれたら……』と考えると、金銭面が心配で産む気になれません」と語る。女性は

「子育てで精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいなのに、金銭面でもさらに厳しくなるのを考えると『子どもは2人も3人も産めないな』と思ってしまいます。これから子どもも大きくなってお金もかかってくるので、将来が不安です」

「共働きだから今はどうにかなっていますが、私も旦那も病気を持っているので、どちらかが働けなくなったときはどうしたらいいのか。路頭に迷うしかないのだろうかと心配です」

と胸中を明かした。

 

ここにもありますが、子供がもっと欲しいと思ってもお金が原因であきらめてしまうのって今の日本の状態を表していると思います。

 

少子化対策として必要なのは、子育て世帯をどれだけサポートできるかではないでしょうか。

 

節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄