ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

キユーピー コンビニ 殻なしゆでたまご 発売、気軽にタンパク質がとれる

キユーピー コンビニ 殻なしゆでたまご 発売、気軽にタンパク質がとれるそうです。卵って実は美容と健康にかなりおすすめです。

 

特に女性は意識的にタンパク質を採らないと、タンパク質不足になるのではないでしょうか。また、白髪の予防にもいいという情報も見たことがありますね。

 

こちら

キユーピー「殻なしゆでたまご」関東の一部コンビニで発売へ - ライブドアニュース

 

キユーピーは5月24日から、殻をむいた状態の「ゆでたまご ほんのりしお味」を、関東エリアの一部コンビニで発売し、価格は106円(税込み)だそうです。今後、販売業態およびエリアを順次拡大していく予定とのこと。

 

ゆでたまご ほんのりしお味」は、パッケージから出してすぐに、“そのままパクっと”食べることができる、殻がむいてある半熟のゆでたまご。ほんのりしお味がついているので、そのままはもちろん、主食やサラダと一緒に食べたり、料理のトッピングなどにも便利だ。1袋でタンパク質7.4グラムが摂取できる。

 

キユーピーが行った調査「たまご白書 2021」で、「卵について魅力を感じること」を質問(複数回答可)したところ、「卵はタンパク質が豊富」と回答した人が約6割で突出して高く、その他は「卵は栄養バランスが良い」「卵は免疫力をアップさせる」「卵のタンパク質は良質」などに魅力を感じていることが分かった。

ゆでたまご」は、タンパク質を手軽に摂取できるが、簡単なようで調理に時間がかかり、長くは保存できず、作り置きもできないという課題がある。そこで、キユーピーは「ゆでたまご」の殻をむき、冷蔵で30日間保存できる商品を開発。卵は栄養価が高く、タンパク質の吸収効率が良いことを知ってもらい、日々の食事に取り入れてもらうことを目指している。

同社は2021年4月から、全国の惣菜売場を中心に「そのままパクっと食べられる ゆでたまご」を販売し、その販売数は月間20万個(2022年5月現在)まで伸長。今回新たに「キユーピーのたまご」ブランドから発売する「ゆでたまご ほんのりしお味」は、単身若年層の利用が多いコンビニから販売を開始し、手軽にスナック感覚でタンパク質を補給できる「ゆでたまご」の新たな売場の創出を目指していく。

 

 

当然ですが、自分で作ったほうが安いので節約したい方は自分で作ったほうがいいですね。私は毎日2個は食べるようにしています。

 

ANABAS スチームクッカー ゆで玉子名人 かんたん蒸し器 ゆで卵メーカー タイマー付き イエロー SE-001

商品の説明
●ゆで玉子や蒸し料理を簡単に
●半熟~固ゆでまでゆで加減を調整できる調理タイマー付き(最大30分)
●一度に最大7個までゆで卵が作れる
●ヘルシーでおいしい蒸し料理も簡単に作れる
●肉まんもホカホカにできる
●上部のトレー、フタは取り外しが可能。お手入れも簡単

 

 

本体サイズ:幅20.5×奥行18×高さ18.8cm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:370W
保証期間:お買い上げ日より1年
本体重量(kg):0.6