ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vRealize Operationsを正しくスナップショットを作成する方法 ロールバック失敗しない

vRealize Operationsを正しくスナップショットを作成する方法 ロールバック失敗しないために重要ですね。こういった手順があるということすら知らない場合もあるので、参考になると思います。

 

情報元はこちら

 

vRealize Operations のスナップショットを作成する方法 (2149269)

https://kb.vmware.com/s/article/2149269?lang=ja

 

vSphere から VMware vRealize Operations のスナップショットを作成する手順になります。

 

注意点

 

●スナップショットを正しく作成しないと、ロールバックが失敗したり、vRealize Operations クラスタが破損したりする可能性があります。

 

●vRealize Operations ノードを 1 つずつオフラインにする場合、正しい順序で実行しないとクラスタにマイナスの影響を与えることがあります。したがって、VMware では、クラスタ全体を同時にオフラインにすることをお勧めします。

 

 

vRealize Operations のスナップショットを作成方法

 

vRealize Operations Admin UI にローカルの管理者ユーザーとしてログインします。

例:

https://IP_or_FQDN/admin

注:IP_or_FQDN を vRealize Operations UI の実際の IP アドレスまたは FQDN に置換します。

 

②[クラスタのステータス] で [オフラインにする] をクリックします。

注:[クラスタのステータス] に [オフライン] と表示されるまで待ちます。

 

③vSphere のマスター ノードに移動します。
④マスター ノードを右クリックし、[スナップショット] > [スナップショットの作成] を選択します。
⑤スナップショットの名前と説明を入力します。
⑥[仮想マシン メモリのスナップショットを作成] チェック ボックスをオフにします。
⑦[ゲスト ファイル システムの静止 (VMware Tools のインストールが必要)] チェック ボックスをオフにします。
⑧[OK] をクリックします。
⑨vRealize Operations クラスタのすべてのノードに対して手順 3 ~ 8 を繰り返します。
⑩スナップショット作成が完了したら、ローカルの管理者ユーザーとして vRealize Operations Admin UI (https://IP_or_FQDN/admin) に戻ります。
⑪[クラスタのステータス] で [オンラインにする] をクリックします。

 

注:
[クラスタのステータス] に [オンライン] と表示されるまで待ちます。
すべての不要になった vRealize Operations スナップショットを削除します。スナップショットが 72 時間以上存在すると、パフォーマンスの問題が発生します。

 

vRealize Operationsを正しくスナップショットを作成する方法を探していた方は参考にしてみてください。