ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ハイセンス 50V型 4K対応 液晶テレビ 50F68E 5万円以下と格安!価格重視におすすめ

今年、奮発してソニーブラビアを購入したのですが、あまりに機能面がすぐれていて子供たちが本当に喜んでいます。我が家はXperia端末ばかりで親和性がいいのでブラビアにしたのですが、スマホの画面をテレビに投影できたり、テレビでyoutubeなどの動画サイトも見れたりと、いいことばかりです。

 

後、4Kになったので当然、画質もよくなっていますし、買い替えてよかったです。ただ、4Kってやっぱり金額がそこそこする印象があるのですが、4Kテレビは高いという印象を覆すのが、ハイセンス 50V型 4K対応 液晶テレビ 50F68Eで、5万円以下と格安なんです。

 

アマゾンで現在の価格を見たらなんと42000円でした。この価格で4K対応って逆に衝撃的すぎるのですが、家電雑誌でも紹介されていて、機能面もそれほど劣るというわけではないようです。

 

画質は東芝と共同開発したREGZAエンジンを搭載していて、4K映像の精細感覚はプロも絶賛していると説明されています。価格も当初6万円だったそうですが、今や4万円ちょっとで買えちゃいます。

f:id:merrywhite:20201127065356j:plain

 

まずは商品説明です。

 

【4K Up Scale】
2K信号の映像をより高画質にアップコンバート。いつもの番組をより美しく楽しめます。

 

【4K RGB パネル】
R(赤)G(緑)B(青)の3原色のみで描画。4K解像度を最大限に表現でき、色ズレの少ない高濃度で現実に近い色彩表現力に優れた液晶パネルです。 ※画像はあくまでイメージです。

 

【直下型バックライト】
従来の「エッジ型バックライト」に比べ、明暗部による色ムラの少ない、発色豊かで綺麗な映像を再現。

 

DOLBY AUDIO】
サウンドに奥行と力強さが出て、ヘッドフォンやデバイスのスピーカーを通してリアルなサウンドを実現します。騒音の多い環境でもクリアに聞こえます。

 

HDR】- ハイダイナミックレンジ -
ハイダイナミックレンジ規格対応(HDR10、HLG対応)で、明暗部の輝度情報を拡大し、より現実の明るさを実現します。

 

【「ハイセンス」とは】
ハイセンスは1969年に創業し、2018年度で売上高約2.1兆円を超える企業へと発展しています。また、2016年UEFAユーロカップ、2018年FIFAロシアワールドカップの公式スポンサーとなり、2020年UEFAユーロカップの公式パートナーも務めます。

 

続いて参考になるレビューの抜粋です。

 

この値段でこのクオリティは凄いですね!
まぁ駄目だったら駄目でいいっかと思ってたんですけど予想を裏切る良い品物でした。
確かに不良品があるかもしれないけど国産だからって絶対に不良品が無いって言いきれないし変な固定概念捨てた方がいいと思いますよ(笑)
店頭で見た時に色が薄いなって思ったんですけど画質や音質は割と細かく設定できるから自分好みの画質音質に仕上がりました!
これで耐久性があれば言うことなし!!

 

価格を考えると十分という人が多いですね。それは、金額の高い4Kテレビと比較すると機能、品質面で落ちてしまうと思いますが、 この価格で4K対応テレビが買えることがすごいと思います。

 

そろそろテレビを買い替えようと考えている方で、格安の4K対応テレビを探している方は、ハイセンス 50V型 4K対応 液晶テレビ 50F68Eがおすすめです。

 

画面サイズ: 50インチ
画面寸法: 109.6×61.6cm/画素数: 3840×2160
ハイダイナミックレンジ対応
【モデル共通機能】メーカー3年保証、外付けHDD裏番組録画
本体寸法 (幅×高さ×奥行): 112.7×71.6×24.0(スタンド含む (cm)/112.7×66.1×7.3 スタンド含まない (cm)
【付属品】取扱説明書、保証書、赤外線リモコン(EN3AH39H)、単四形乾電池×2、 AC(電源)ケーブル、miniB-CASカード、転倒防止用ベルト1式、 ビデオ入力用変換アダプター(AVケーブル接続用)、スタンド1式