ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware Horizon フィードとWebスライスの更新が永続ディスクの増加につながるので無効にする

VMware Horizon フィードとWebスライスの更新が永続ディスクの増加につながるので無効にしたほうがいいようです。Windowsはデフォルトでパフォーマンスに影響がある設定が色々とありますよね。。。

 

情報元はこちら。

https://docs.vmware.com/en/VMware-Horizon-6/6.2/com.vmware.horizon-view.desktops.doc/GUID-5F9DD80C-7BCA-44A4-98D1-B13FD0146696.html

 

以下は抜粋です。

 

Windows Internet Explorerは、Microsoftフィード同期タスクを使用して、ユーザーのWebブラウザーのRSSフィードを更新します。このタスクは、リンククローンの成長に貢献できます。ユーザーがブラウザでRSSフィードの自動更新を必要としない場合は、このタスクを無効にしてください。

 

永続ディスクが構成されていない場合、Microsoftフィードの同期によってOSディスクが増大する可能性があります。永続ディスクが構成されている場合、影響は永続ディスクに転用されます。この状況でも、Microsoft Feeds同期を無効にして、永続ディスクの増加を制御する必要があります。

 

 

以下は手順の抜粋です。

 

①vSphere Clientで、親仮想マシンを選択し、[コンソールを開く]を選択します。
②管理者としてWindowsゲストオペレーティングシステムにログインします。
③[スタート] > [コントロールパネル] > [ネットワークとインターネット] > [インターネットオプション]をクリックします。
④[コンテンツ]タブをクリックします。
⑤[フィードとWebスライス]で、[設定]をクリックします。
⑥[フィードとWebスライスの更新を自動的に確認する]の選択を解除し、[ OK ]をクリックします。
⑦[インターネットのプロパティ]ダイアログで、[ OK ]をクリックします。

 

ちなみにこのフィードとWebスライス設定ですが、Webスライスとは、天気予報や株価情報など頻繁に更新されるWebページの一部の情報をWebスライスに登録し、お気に入りバーから最新情報を確認できる機能とのことで、おそらく不要ですよね。