ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows 7でシステムの復元の無効化する手順

Windows 7でシステムの復元の無効化する手順を紹介します。



まず、システムの復元とは、、、

>>システムの復元とは(マイクロソフト)

システムの復元は、コンピューターのシステム ファイルを以前の時点の状態に戻すときに役立ちます。電子メール、ドキュメント、写真などの個人用ファイルは現状のまま維持しながら、コンピューターのシステムに対する変更操作を元に戻すことができます。

場合によっては、プログラムやドライバーをインストールした結果、コンピューターに想定外の変更が加えられたり、Windows が異常な動作をしたりするようになることがあります。通常は、プログラムやドライバーをアンインストールすれば問題が解決します。アンインストールしても問題が解決しない場合は、コンピューターのシステムを、すべて正常に機能していた日時の状態に復元してみることができます。


個人のパソコンであれば、この機能を有効にすることで、パソコンに変更があった場合に、正常に動作する状態に戻すことができます。


また、企業で導入されるVMware ViewなどのVDI環境において、View Composer の更新を使用して、リンク クローン OS ディスクを元のスナップショットに復元する場合は、Windowsのシステムの復元機能を使用する必要はありません。

 
また、OSが使用中の場合、システムの復元はシステムの使用に基づいて復元ポイントを生成することにより、OS ディスクの拡大に大きな影響を与える可能性があります。

 
そして、Windows のシステムの復元機能は、View Composer の更新と同じです。VMwareの推奨では、Windows のシステムの復元を無効にして、リンク クローンの不必要な拡大を回避します。

 
ただし、更新を使用しない場合は、この限りではありません。
 
 
Windows 7でシステムの復元の無効化する手順】
Windows 7に管理者としてログインします。

②[スタート] - [コントロール パネル] - [システムとセキュリティ] - [管理ツール] をクリックします。

③[タスク スケジューラ] をダブルクリックします。

④[タスク スケジューラ ライブラリ] - [Microsoft] - [Windows]の順にクリックします。

⑤[SystemRestore] をダブルクリックし、 [SR] を選択します。


⑥ [操作] 画面で、 [無効化] をクリックします。


以上で、Windows 7でシステムの復元の無効化は完了です。