ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

東京はエンジニアの仕事で派遣→フリーランスに変えるだけで年収1000万円越え!

f:id:merrywhite:20200405094722j:plain


今はサラリーマンをしていますが、以前、福岡に住んでいたときはフリーランスとして働いていました。それまで派遣として働いていましたが、月収ベースで倍以上になりました。そして、現場を変えることによって、これからは最低月収が54万円になります。

 

それまで、勤めていた派遣会社の場合、月収が24万円だったので、単純計算で倍+6万円の給料になります。

 

かなり大きいですよね。おかげで生活も楽になり、ライフスタイルが変わってきました。例えば、以前はちょっとお金を使うと生活に困っているような状態でしたが、これだけあると、毎月、しっかりと貯金ができます。

 

そして、最近、職場が変わる関係で、お世話になっているフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社の担当者さんとやりとりをしているんですが、いろいろと自分の経験にあった仕事を探してくれていて、とても助かっています。


インフラエンジニアと言っても、意外と幅が広しですし、なるべく自分の経験に近いものを仕事にしたいんですよね。


そして、地方は開発案件が多いので、インフラエンジニアの仕事は東京ほどはありませんが、それなりに仕事があります。今回は、これまでの経験が活かせそうな現場なので、さらにアウトプットを増やしていこうと思います。

 

そして、ちょうど、東京で出会ったフリーランスのエンジニアとLINEでコミュニケーションをとっていたんですが、東京のフリーランスの相場がやばいのです!


なんと、次の契約は税込みでなんと85万円!

 

彼は構築スキルがかなり高いのですが、この金額は破格ですね。担当者に聞いても東京でも高いほうとのこと。ちなみに、価格は税込みです。


以前、サラリーマン時代に残業時間が150hを超えて初めて月収80万円を経験しましたが、あまりの辛さに病みそうになりました。。。


と苦労話はおいておいて、なんと、私が必死で残業しまくったのを超えるお金を稼ぎだしてしまうのが東京のフリーランスの恐ろしさ。

 

仮に、これで残業50時間したら、100万円近くになります。東京は忙しい案件が多いので、年収1000万円いけそうですね。


ということで、子供が大きくなったら東京に出稼ぎも悪くないのかな~と思いつつ。


昔、東京から福岡に移住して、給与が100万円は下がると言われましたが、個人的にはそれ以上下がっている気がします。


実際、フリーランス収入にしたって数百万円単位で変わりますからね。恐ろしい世界です。ただ、東京で働くのは嫌!という人はやはり地方のほうがいいと思います。


短期集中で荒稼ぎをしたいなら、間違いなく東京でITエンジニアをしたほうがいいでしょうね。

 

フリーランスでアーリーリタイア狙うのもあり!

仮に、派遣で月額30万円稼いだとしても、フリーランスだったら月額80万円以上狙えます。さらに、この倍の給与の差は、10年で大きな貯金の開きになりますし、フリーランスの場合、50代でアーリーリタイアしてもいいかもしれないですね。

 

例えば、毎月85万円なら、税金とか考えなければ40万円以上は貯金できますので、年間で500万円の貯金、10年で5000万円貯金できます。

 

その為、30代から本気出したら、資産一億円も夢ではありません。派遣の場合は、生活するだけで精一杯という可能性もありますしね。実際に私が東京で働いている時に、残業ゼロで月額30万円でそういった状態でした。


というのも、私もしかりですが、フリーランスやっている人って、意外とマルチで、いろんな稼ぎ方を持っています。私の知人のフリーランスも、自分の顧客を持っていて、副業ができるそうです。

 

派遣会社勤めで仕事ができる人がフリーランスを選ばないと損する理由


続いて、派遣会社勤めで仕事ができる人がフリーランスを選ばないと損する理由を紹介します。


私の考えでは、スキルが高いのであれば、やっぱり収入もそれなりにもらうべきなのです。この考えができたのは、東京で働いていた時に、ダメなフリーランスエンジニアがいて、顧客の評判も最悪にもかかわらず、給料だけはよかった事です。


世の中不公平!と思いましたが、自分もの道を選べばよかっただけの話。と今は思いますね。


だから、自分のスキルに自信があるなら、ガンガン稼いじゃっていいのです。


フリーランスのメリット】
①お金が圧倒的に稼げるようになる

フリーランスになるメリットは、間違いなくお金が稼げることです。上述した通り、私の知っている人では、残業込で月に100万円稼いでいる人すらいます。


逆に、スキルが高くても給料の安い会社に勤めていたら、一向に給料が上がらない場合があります。その為、給料に不満がある場合は、転職がオススメです。


私も関東で働いている時に、過去2回の転職で給料を約15万円、基本給ベースであげる事ができました。基本給があがると、残業代も必然的に上がるので、圧倒的に稼げるようになります。


特にフリーランスであればなおさらです。


日本人はお金を稼ぐ意識が海外に比べて低いと言われていますが、スキルがあれば稼がないと損だと思います。


よくフリーランスは個人事業になるから手続きが色々と面倒という話が上がります。確かに、手続きや確定申告をしなければなりませんが、私も輸入転売で1000万円程稼いだ時は、青色申告をして、自分で確定申告をしました。


そういった経験からも、慣れてしまえばそれほど大変ではないと言えますし、個人事業なら経費で落とせるので、節税効果もあります。


私の青色申告した時は、節税する事ができたので、利益率を高める事ができました。しかも確定申告は経験しておいて損はないと思います。


②仕事がない時はしっかりと休みがとれる

私の知り合いのフリーランスの一人は、仕事がない時は、逆に休みをしっかりとるようにしているそうです。例えば、プロジェクトや契約の終了などで、仕事がなくなった場合は、しっかりと休みをとればプライベートを充実させる事ができます。


以前、派遣会社に勤めている時には、仕事がなくても会社に通勤しなければなりません。その為、何か仕事を探したり、検証したりと、時間の使い方が効率的ではありません。


逆にフリーランスであれば、普段稼ぎまくっているので、暇なときは中期の休みをとることもできますね。オンオフの切り替えとして休みを利用すればいいのではと思います。


③自己投資ができる!

企業と同様にお金があると自己投資ができるようになります。成功する人は自己投資ができる人だと言われています。その為、お金を自分を育てるために有意義に使うことができます。


例えば、私の場合はブロガー活動に充てている訳ですが、ブログを育てる為に、お金をなるべく惜しまないようにしています。それが、結果的に自分の収益になるわけですから。


事業主であっても、同様の事が言えます。例えば、現場でお世話になった人と仲良くしておけば、また仕事がもらえるかもしれません。お酒が好きな人なら、一緒に飲みに行ってもいいかもしれません。


そういった人脈作りはフリーランスにとって最大の武器になります。さらにサラリーマンと違い、稼ぐ上限がないので、思いっきり稼いじゃっても大丈夫ですからね!


ちなみに、以前、お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

 

余談ですが、派遣会社もやっている場合、フリーランスの仕事だけ紹介してくれるところよりも、搾取率が高い場合があるので、注意してください。今でも担当者の方とはやりとりをしているのですが、地元のフリーランス案件が少ないので、、、福岡でフリーランスしたいという方、都心でもOKですが、連絡くれたら直接紹介もできますよ!

 

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】