ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

地方でフリーランスとして活動する事にした人生の再出発で稼ぐ

人生を成功させる為には、自分なりの成功戦略を立てる必要がありますし、何より行動する必要があります。いくらいい戦略を立てても、行動しなければ意味がありません。なぜ、戦略を考える必要があるかというと、自分がどういった方向に向かっていくかを考える必要があるからです。


やみくもに行動しても、失敗することがあります。失敗は経験になるのですべてが悪い訳ではありませんが、失敗の連続で疲弊する可能性もあるので、失敗を活かして行動する必要があります。


例えば、私は将来、安心した生活を送る為に、ある程度の収入が欲しいです。さらに、副業でもガンガン稼ぎたい。


これらが実現できれば、早い段階でリタイアメントできる可能性すらあります。そこで、東京は年収をあげる努力として転職活動を繰り返しました。


最初に勤めた派遣会社は、月収15万円スタートで、辞める時には月収で25万円ほどありました。次に転職した会社では月収30万円。そこから2回転職しましたが、前職の給料が採用され、横ばい。


そして、次に転職した会社が、私の中で一番相性がよかった派遣会社でしたが、月収を40万円まで上げてくれました。その年、本業の最高月収、年収をたたきだし、月収が残業込で80万円、年収が700万円を突破しました。


東京で最終的に働いた会社の月収が約45万円でした。


しかし、、、福岡に移住する為に会社を変えたら、なんと月収が24万円も下がりました。つまり、年間で250万円くらい下がった計算になります。これってすごい下げ幅ですよね。しかも、翌年の収入が加味されて、市民税なども高額に。


2015年はまさに地獄の年でした。本業、副業で稼いだお金が目減りしていき、精神的にも疲弊してきました。そこで、ようやく派遣先のプロジェクトも完了したので、転職を決めました。


そして、転職活動をする中で知ったのが、福岡にもインフラエンジニアのフリーランスの仕事があるということです。


フリーランスに目をつけた理由が、私が東京で働いている時にフリーランスの人と働いた経験があることです。私の給料の話をしたら「XXさんなら、もっと稼げると思うよ!」とアドバイスしてくれたことです。そこから、派遣会社に勤めながら、月収を45万円まで上げました。


しかし、地方は給料が安い。そこで、フリーランスですね。ちなみに、今、フリーランスで仕事を探していたら、福岡の相場は、40万円~50万円台だそうです。もっと高い案件もありますが、場合によっては60万円台もあるかもしれません。


つまり、月収で倍くらいになる可能性があります。ここに超過分も稼げるので、月収で最低でも600万円、稼げれば800万円とかも夢ではありません。


私が以前目標にした、副業と本業のハイブリッドで年収1000万円も夢ではないのです。しかも、個人事業主になれば、副業、本業の経費を算出して、節税対策もできます。


個人事業主は、サラリーマンと違い、活動も自由です。さらにビジネスを拡大させて稼ぎまくるのも自由です。天井はないのです。その為、ある程度スキルがあるのであれば、会社に雇われるより、フリーランスになったほうが断然稼げます。


そもそも、派遣会社は私たちの収益から利益を出している訳ですからね。ちなみに、最後に勤めた会社は、なんと派遣利益の倍以上のお金を搾取していました。。。

 


ちなみに、派遣会社はどれくらいの利益があるのかは、以下のサイトが参考になります。

 

派遣料金の仕組みについてご説明します(日本人材派遣協会

https://www.haseko.co.jp/hjc/shigoto/haken/pdf/jassa_170529ryoukin.pdf


私はこれまで自分の単価を教えてもらっていて、60万円以上稼いでいました。つまり、60万円の7割が私の給料という事になりますが、その場合、42万円が本来の給料ですが、実際は24万円とその隔たりが大きいわけです。

f:id:merrywhite:20200517082309p:plain


しかも、有給休暇も忙しくて消化できずじまい。この4.2%も損しているのです。唯一、この派遣会社諸経費は負担してもらっているので、派遣会社に勤めるメリットはここだけですね。先ほど書いたスタッフ賃金の10万円以上の差が、会社の搾取分として上乗せされるので、利益率はもっと高いはずです。


また、エージェント側が得る利益って1割くらいだそうなので、私が60万円の単価だとすると、引かれるお金は6万円なので、54万円の収益を得ることができます。24万円⇒54万円になるので、30万円ほど利益が出てくる計算になります。ただ、交通費が自腹だったり、有給が出なかったりと、色々と自分で支払わなければならない部分も出てくるので、実際はもう少し少なくなります。この辺りも、別記事で紹介していきたいと思います。


こういった事情を考えると、稼いでいる金額の割に収入が少ないというのが派遣会社の残念なところなのです。という事で、本気で稼ぎたい方は、フリーランスのほうが圧倒的にメリットがあるのです。ちなみに、私なりの稼ぐ戦略もあるので、それは別の機会に紹介したいと思います。


そこで、まずはフリーランスのメリットについて言及します。

 

フリーランスのメリット】
①お金が圧倒的に稼げるようになる

フリーランスになるメリットは、間違いなくお金が稼げることです。上述した通り、私の知っている人では、月に100万円稼いでいる人すらいます。


逆に、スキルが高くても給料の安い会社に勤めていたら、一向に給料が上がらない場合があります。その為、給料に不満がある場合は、転職がオススメです。


私も関東で働いている時に、過去2回の転職で給料を約15万円、基本給ベースであげる事ができました。基本給があがると、残業代も必然的に上がるので、圧倒的に稼げるようになります。


特にフリーランスであればなおさらです。


日本人はお金を稼ぐ意識が海外に比べて低いと言われていますが、スキルがあれば稼がないと損だと思います。


よくフリーランスは個人事業になるから手続きが色々と面倒という話が上がります。確かに、手続きや確定申告をしなければなりませんが、私も輸入転売で1000万円程稼いだ時は、青色申告をして、自分で確定申告をしました。


そういった経験からも、慣れてしまえばそれほど大変ではないと言えますし、個人事業なら経費で落とせるので、節税効果もあります。


私の青色申告した時は、節税する事ができたので、利益率を高める事ができました。しかも確定申告は経験しておいて損はないと思います。


②仕事がない時はしっかりと休みがとれる

私の知り合いのフリーランスの一人は、仕事がない時は、逆に休みをしっかりとるようにしているそうです。例えば、プロジェクトや契約の終了などで、仕事がなくなった場合は、しっかりと休みをとればプライベートを充実させる事ができます。


以前、派遣会社に勤めている時には、仕事がなくても会社に通勤しなければなりません。その為、何か仕事を探したり、検証したりと、時間の使い方が効率的ではありません。


逆にフリーランスであれば、普段稼ぎまくっているので、暇なときは中期の休みをとることもできますね。オンオフの切り替えとして休みを利用すればいいのではと思います。

 

ということで、私も地方でフリーランスとして働きたいと思っていました。ただ、地方はフリーランスって仕事の仕方がないのかと思ったら、実はありました!

 

フリーランスの仕事を紹介してくれるお勧めの会社

 

話を戻して、ギークスさんはフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

 

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

 

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


年収は400万円→650万円は地方でもあがると思います。東京だと、年収は700万~800万円くらいにはなりますかね。

 

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】