ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

見込み残業40時間の派遣会社で働くと収入も増えないし、仕事のやる気もなくなる

f:id:merrywhite:20200825040715j:plain



仕事をしていていつも感じますが、職場によって働きやすさが全然違います。今働いている現場はストレスもないし、働きやすくて最高です。今までの現場があまりにひどかったので、やる気もでてきていい感じです。


派遣のいいところは、職場を変えられることですね。間違ってブラック企業に入社してしまったら正社員の場合は、中々、転職もしにくいでしょうからね。


そして、派遣会社で働くメリットは色々とありますが、派遣会社も多種多様で、待遇も違えば、面倒なイベントがたくさんあるような会社もあります。私が最初に勤めた派遣会社はとても宗教チックな会社で、本当に残念な会社でした。


まず、初任給が15万円と激安で手取りも9万円台でした。その為、当時はみんなまともにランチも食べず、私はチョコチップパンを2日に分けて食べたりしていました。夜はもちろん節約でパスタを食べていました。当時の生活がとても懐かしいですね。


その会社転職をして、東京で最後に働いていた派遣会社では月収が45万円まで増やす事に成功しました。25万円→45万円まで増え、生活も一気に楽になりました。月収30万円だと、正直、家族を養うのはきついですからね。

地方の派遣会社の基本給の相場は?


まず、会社選びで重要なのは待遇がいいか悪いかですね。これは本当に重要です。上述した通り、私は転職活動をしたおかげで月収が25万円から45万円まで増やすことができました。その間、スキルをつけたこともそうですが、何より、会社選びが最も重要です。


会社によりますが、地方の派遣会社の相場は、20万円~35万円くらいかなという印象です。まず、この開きを生んでいるのは、見込み残業がある/なし、ボーナスがある/なしが影響します。ボーナスあり、見込みナシなら当然、基本給が下がります。私が勤めた派遣会社は基本給が24万円、ボーナス、見込みなしでした。ただ、月収が30万円を超えることはまずありませんでした。


ちなみに、私が最後に東京で勤めた派遣会社は、月収50万円を超える人もいたくらいです。一方、待遇があまりに悪い会社もあります。


現場で出会った別の派遣会社の方は、3次受けの会社に勤めていて給料も少ないし、何よりびっくりしたのが交通費が自腹でした。今は人材不足と言われているので、待遇の悪い会社に敢えて働く必要はないのです。もし、あなたがブラック企業で働いているのではと感じたらさっさと転職したほうがいいです。


私も過去にブラックだと感じる会社、組織に所属していた時期がありますが、自分自身がブラック企業に所属しているのかどうかを判断する事が重要です。我慢強い人や、行動力のない人は、一度ブラック企業に入っても、中々抜け出せない人がいます。特に私がブラックだと感じるのは、サービス残業です。 

会社によっては、残業を一切出さないという会社があります。サービス残業ブラック企業を判断する一つです。以前、一緒に働いた別の派遣会社の方は、残業が一切でない会社に勤めていました。そもそも、そんな会社は違法です。さっさと辞めましょう。



ただし、以下のような条件の場合は、人によってはブラックだと感じない事もあるかもしれません。

 

・スキルを身につける為
・大好きな仕事
・仕事ができないのでしょうがないと思っている



しかしながら、本人の意志とは関係なく、組織の都合で残業代を出さずに仕事をさせる事は、 労働基準法上就労時間外で働いた労働者には割増賃金 を支払うことが義務になっている為、違法と言えます。しかし中には「業界未経験や新人はスキルがないのだから、残業なしでも残って仕事をしろ」という考えを持っているところもあります。


それは絶対に間違っています。もちろん、自分の意志で業界の資格の勉強をしたり、スキルアップの為に、会社に自発的に残るのはかまいませんが、組織に強制されてサービス残業するのは別です。

 

 

見込み残業時間が多い会社は要注意!特に40時間はありえない

 

以前、東京で働いている時に、残業の見込み時間が40時間という会社に入社しました。入社時の面談で、見込残業がある代わりに、入社後、給料アップを約束して入ったのですが、入社後、開発系の案件で億単位の赤字を出して、会長と社長が解任されるという状況。そして会社は当時の親会社が買い取り、会社立て直しからスタートするような状況。



とても、給料をアップしてもらえる状態ではなかったのです。



さらに、常駐先の組織では、残業を30時間に抑えるように言われて、実質、サービス残業で毎日遅くまで残業をさせられていました。



1年間通して、毎月50~60時間は残業していたにも関わらず、一度も残業を出したことはありませんでした。入社後、ブラックな会社だと気づいたのですが、辞めるのに一年を要してしまいました。仮に、その時間、残業が出たとしたら、50万円以上は手元に収入として入ったことでしょう。


ちなみに、今一緒に働いている派遣会社に勤めている方は、見込み残業が40時間あるので、数年くらい残業代をもらったことがないそうです。


本人も言っていましたが、まず残業がでないので残業をしたくないと考えてしまい、残業となると即座にモチベーションが下がります。その分、給料がいいわけでもないみたいだし、そんな会社はさっさと辞めたほうがいいでしょうね。


ということで、待遇の悪い会社に勤めている場合は、転職をさっさと考えたほうが気持ちも、生活も楽になりますよ!

 

お勧めのフリーランスを紹介してくれる会社!

 

ちなみに、フリーランスエンジニア時代にお世話になっていたのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。

こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。それが、現在は600万円以上の年収を稼げるようになりました。


また、フリーランスは不安という方は、社内SEを目指すのも一つです。


そして、社内SEへの転職、別業種への社内SEの転職を考えている方に向けにお勧めの転職サービスが「社内SE転職ナビ」です。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

こちらの『社内SE転職ナビ』は、日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。


エンジニアの転職希望として必ず上位にランクインする「社内SE」ですが、『社内SE転職ナビ』ではエンジニアから最も多い悩みを解決し求人を探すことができる転職情報サイトです。