ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

隠れたヒット商品 北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm 芯削りセットの書き心地が抜群

大人になって使わなくなったものの一つが鉛筆ではないでしょうか。学生の頃利用していて、懐かしい物の一つが鉛筆。


今は仕事でノートを書くときに利用するのは、シャーペン、もしくはボールペンです。鉛筆を使っている人を見る事はありません。


ただシャーペン、ボールペンを使っているとあの鉛筆の書き心地が懐かしい~という大人の方もいると思います。


そういった鉛筆の優しい書き心地とシャーペンのハイブリッドで生まれた大人の為の隠れたヒット商品が「北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm」です。

f:id:merrywhite:20201115053955j:plain
 


【商品の特徴】

●懐かしい鉛筆の記憶がよみがえってくるシャープペン
「これなんだろう、気になるネーミング」と思ってしまうシャーペン型鉛筆の「大人の鉛筆」は北星鉛筆株式会社創業60周年記念 新商品として、鉛筆好きの為に発売された。

 

「最近鉛筆は使っていますか」

 

メモやアイデアもパソコンや携帯のメモへ打ち込む時代に「今さら鉛筆?」と思われがちだが、いざ使ってみると懐かしい世界に引き込まれ、鉛筆の魅力を再認識する。

 

0.5mmのシャープペンだとボキボキ折れてあまり好きではない、筆記具はほぼ極太を使用する、鉛筆だとボディの長さが短くなってしまうので使いづらくなる、と思われる人にはおすすめの商品。

 

 
●思わず削りたくなる、書きたくなる「大人の鉛筆」
使用手順は、まず芯は太いので芯削り器を使い、削る。
その時のシュリシュリ感は気持ちよく病みつきになる人も。
(ノック部分を回すときれいに削れる)

 

芯を繰り出したり、金具等はたしかにシャープペン、なのに書き味は鉛筆そのもの、という感覚がまた楽しい。

 

握ったときに手と指の記憶を揺さぶる触感が新鮮なのと、2mm芯なので安心して筆圧をかけて書けるので書き易い、とはまってしまう方が多い。

 

 
●カッコいい持ち物は、大人のこだわりを感じる
木軸と金属製金具がを組み合わせたシンプルなデザインなのだが、少し重心を先端へ近づけているので長時間の筆記にも疲れない設計になっている。

 

懐かしさと癒し、温もりが感じられる木目はアメリカ産高級インセンスシダー材が生かされている。
書く為に不必要な物を削り落とす事で、使う人・場所を選ばないシンプルなデザインとなった。
第20回2011年日本文具大賞デザイン部門優秀賞受賞。



この商品は、鉛筆を使うことが少なくなった大人の方々に、幼いころから慣れ親しんだ鉛筆で書く楽しさを、素晴らしさを再び感じてもらいたい。
そんな鉛筆屋が心を込めて作った筆記具が『大人の鉛筆』なんです。
 
 
ちなみに、こちらの商品は2011年に発売してから累計100万本を突破した隠れたヒット商品になっています。


また、この商品において追及したのは、鉛筆の書き心地とシャーペンのように使いやすい便宜性。芯は鉛筆と同じ黒鉛を使い、ボディは鉛筆で使われている木材をそのまま使用しているので、木の温かさを感じることができます。


そして、芯もシャーペンと違い、太い為、シャーペンのように簡単に折れることがない為、シャーペンの芯がすぐに折れてイライラする心配もなくなります。


実際のレビューも評価が高く、普段から書き物をする機会が多い方にもお勧めの商品です。

0.5mのシャーペンはボキボキ折れてあまり好きではないが、これはほとんど折れず気持ち良く書けます。今では替え芯、削り機、と共に常にペンケースに入れて持ち歩いています。
他のレビューの方が欠点をいくつかあげていたが、そのほとんどが芯削りが上手くいっていないことに起因しているように思えます。多分本体の木質部分を回して削っているのでは? ちょっと小さいですがトップのノックする部分を回すときれいに削れます。(説明書に書いてある)
鉛筆のように何本も持ち歩く必要も無く、シャーペンのようにボキボキ折れない、いいものだとおもいます。


ちなみに、こちらの商品は画家、漫画家、音楽家などプロの方にも愛好家が多いそうです。木の温かみをもったハイブリッドの大人の鉛筆を是非、チェックしてみてください。
 

北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm 芯削りセット OTP-680NST