ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

30代で異業種に転職して年収が約半分でランチが菓子パンと悲惨な結果

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain


世の中、色々とうまくいかないもので、就職一つ間違えると、人生が真っ暗になることがあります。


以前、池上彰の番組で日本は仕事を選んでいるのはなく、会社を選んでいるという話がありましたが、会社選びに失敗すると、人生の明暗が大きく分かれます。


そして、地方に移住して感じが事ですが、年齢を重ねて異業種へ転職することは、かなりつらい目にあう可能性があるので、注意が必要です。


普段から愛読している日刊SPAで、30代で異業種に転職して年収が約半分でランチが菓子パンと悲惨な結果が書かれていました。


元記事はこちら。
転職して年収が下がった30代男の現実「ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”に」

有効求人倍率がバブル期を超えたと話題だ。こんな景気のいいニュースを聞いて「今が転職のチャンスかも!」と思った人は少なくないだろう。しかし、厚労省の統計によると転職者の約3分の1は年収が下がっている。つまり、決して手放しで喜べる状況ではないのだ。では、希望に溢れた転職者を“転職貧乏”に追い込む要因は一体何なのか。あるケースを紹介しよう。

「ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”に……」転職して年収が下がった人の日常に密着
 

30代で夢を追って転職したらなんと、ランチは“全部のせラーメン”から“100円の菓子パンとカップ麺”にという悲惨な結果が待っていたようです。

夢を追って何不自由ない大手企業にサラバ
佐藤雅哉さん(仮名・33歳・未婚)
【転職した結果】年収600万円→年収350万円

 明治大学を卒業し、誰もが知っている家電メーカーに新卒で入社。順風満帆な人生を歩んできた佐藤さんだが、年収が半分近くまで落ち込む異業種への転職を33歳で断行した。

「給料も悪くなく、最後の部署は仕事もラクでしたが、40代、50代の先輩は常にどんよりした顔で仕事をしていました。そんなときに、広告のプランナーの友人が、好きなことを仕事にしながら1000万近くの年収を稼いでいると聞いて。尖ったことを提案できる仕事の内容も面白そうで、そこから転職を検討しはじめたんです」

異業種へ転職した結果、年収600万円→年収350万円に激減したそうです。日本の場合、仕事の実力主義ではなく、長く務めることに意味を持たせる会社が多いので、年齢を重ねて転職するリスクがあることを知っておく必要があります。
 在職中からコピーライター養成講座に通い、転職エージェントも活用。転職の準備は1年ほどの時間をかけて周到に行った。

「ただ、30代・未経験での広告業界への転職となると、話を聞いてくれる企業は少なくて。覚悟はできていましたが、年齢を言って顔をしかめられたこともありました。20社ほどにエントリーをして、プランナーの職種で内定をもらえた企業は一つだけだったんです」


これ地方だとこんな感じですよ。東京だとまだ仕事が多いから、仕事を得られる可能性が高いですが、地方は年齢の壁がとても高く感じます。

「以前は昼食も1000円超えのラーメンの全部載せをよく食べてましたが、今はドラッグストアの100円菓子パンとカップ麺。前の企業は家賃補助や扶養手当、住宅購入手当などが手厚かったですが、今の企業はほぼ皆無。『福利厚生っていい言葉だなぁ』と転職してからしみじみ感じています」

 仕事面でも、今の会社は大手代理店からの下請け、孫受けが多いのが不満だという。

ここにある通り、隣芝生は青く見えることがあるので、安易な転職は止めましょう。以前も日立製作所に勤めていた人が、会社を辞めて、以前の会社がいかに恵まれていたかを書いていた記事がありましたが、まさにそうですね。


転職はかなりリスクが高いです。特に日本はですね。。。