ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

アラフォーで月収25万円のブラック派遣会社から転職すべし

f:id:merrywhite:20200901074016j:plain


一人暮らしの方は実感できないかもしれませんが、家族ができると、生活費がすごくかかるようになります。一人暮らしの時とかとは比べ物になりません。独身の時は分かりませんでしたが、家族を持つ大変さを今更ながら感じています。


そう考えると、独身と家庭持ちで税金の金額ってもっと差をつけたほうがいい気がします。今の日本は少子化が問題になっていますが、給料が上がらずに、物価が上昇し続けて、税金が増えたら、もう結婚なんてできないという人が増えます。


以前も紹介しましたが、独身と家庭持ちでどれくらい生活費が変わるかをざっくり計算してみました。


まず、家賃。一人暮らしの時は、4万円あれば十分でしたが、こどもができてからは、部屋の数が必要なので、7万円以上はかかるようになりました。これで最低でも3万円。


続いて光熱費。これも単純に倍ですね。3万円はかかります。そして、通信費、妻の携帯代がプラス1万円。その他、食費。これも最低数万円。他にも色々と消えていくので、10万円近くは差が独身時代とできると思います。つまり、30万円の収入があっても、手取りが20万円ちょっとくらいになって、固定費でほぼほぼなくなる状態です。


以前、東京で家賃7万5千円の家に家族3人で暮らしていましたが、正直赤字でした。会社に交渉をして給料40万円までアップしてようやく生活に余裕ができるようになりました。


では、生活費って固定費でどれくらいかかるのかというと、我が家の場合はこんな感じです。


・家賃:8万5千円
・光熱費:3万円(水道、電気、ガス)
・通信費:2万3千円
・食費:7万円
・保険:2万円

・消耗品:2万円
・市民税:2万円

合計:26万円


月収40万円くらいあるとちょっと余裕がありますかね。30万円だとアウトだと思います。では、どうやったら大丈夫かというと、家のグレードを落として、家賃を下げるとか、食費をさげるとか工夫が必要になります。

 




そして、ここから衝撃的な過去ですが、以前、勤めていた派遣会社で一番給料が安かったのが26万円でした。色々と引かれると当時は20万円以下の手取りになります。何が怖いかというと、給料が毎年、たいして増えないのです。


以前、勤めていた会社は、24万円でそのうち、2万円は資格給でした。私の先輩は、なんと、さらに給料が安くてアラフォーで20万ちょっとしかないという信じられない話です。


搾取がひどすぎてその会社は1年くらいで辞めましたが、ちょうど仕事のプロジェクトが落ち着いたので、会社を辞めました。


東京で働いていた時に一番高かった月収が46万円です。その一つ前が40万円で残業がゼロからでました。それくらいあると、贅沢はできませんが、少し余裕がでてきます。年収に換算すると、500万円ちょっとですかね。


IT業界で40代前後だとそれくらいは稼ぎたいのではないかと思いますが、会社によっては給料が安すぎて家族を養えないなんてレベルもあるので気を付けたほうがいいです。


派遣会社の場合、色んな会社から人が集まっているので、リサーチしてみるといいかもしれないですね。私もそういったコネを使って給料をあげることができました。会社に給料あげてと言っても、中々変わらないことのほうが多いので、生活が厳しい場合は、いっそのこと転職したほうが改善される可能性が高いと思います。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓