ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

地方にUターン転職する事で人生の視野が広がる場合があります

f:id:merrywhite:20201205210228j:plain


先日、ブログのアクセス状況をチェックしていたら、「地方 転職」というキーワードで当ブログが検索でヒットしていました。


私は最近、地方にUターン転職を行った関係で、地方に関する記事が増えた事が原因だと思います。


現状、地方に転職したいと考えている人は結構いるのではないでしょうか。


そして、地方に転職したいと考えている人は以下の2通りが主な理由だと思います。

①地方出身者で都会からUターンを希望している
②都会の暮らしに疲れて地方でゆったり余生を過ごしたい


私の場合は、両方含まれるのですが、東京はこれからも日本の中心として人口も仕事も多い状態が続きます。


その為、地方に未来を感じない場合は、東京に上京して仕事をする人がいます。これは私にも言えます。


ただし、東京で働いていると、忙しさで自分のプライベートがあまりないという人や、気づいたら年齢だけ重ねていたという人もいると思います。


若いときは、エネルギーに満ちあふれているのですが、年齢を重ねてくると、段々と安住の地を考えるようになります。


特に家庭ができると簡単に身動きがとれなくなるので、子供が出来る前にある程度の、自分がどこで働きたいのか考える必要があります。


そして、地方出身者の場合、地元で働き続けるか、東京などに状況するか選択する事ができます。


私は最初、地方で働いていましたが、いい就職口が見つからず、東京で働く事になりました。


結果、色んな県に住む事ができましたし、様々な経験を積めた事はよかったと思います。また、東京で働いたおかげで、自分の人生を変えるチャンスにも恵まれて、地元から離れた事はよかったと思っています。


ただし、東京で仕事をし続けたいかというと、そうではありません。


毎日の満員電車は苦痛ですし、精神的なプレッシャーの多い仕事で、プライベートを楽しめないのも嫌でした。


その為、地方に移住する事に決めました。

 



私は幸い、IT業界に転職してからの約10年間で地方での経験もしているので、東京と比較し、そのメリット、デメリットをある程度理解した上で、地方へのUターン転職をする覚悟ができたのです。


私もこれまで東京で4回転職してきましたが、ほぼリクナビを活用して転職を行いました。ただ、リクナビは再就職手当などがでないので、すぐに仕事を見つける場合にはいいですが、じっくり探したい場合は、おすすめできないです。


また、私の場合、Uターンを決めた時に、すでにブログによる副収入が3万円前後あったので、ブロガーとしての成長も見据えて、特に不安な気持ちもなく地方への移住ができました。


そして、地方に転職したおかげで、プライベートが東京よりも充実するようになりました。理由の一つとして、通勤時間が短くなったことがあります。


東京勤務の時より、20分~30分くらいは通勤時間が短くなりました。この朝の時間は結構、人生にゆとりを与えてくれます。


そして、自転車に乗る事が多くなりました。これにより、以前よりも体が絞れてきました。


さらに、ブログのネタにも困らなくなりました。これが自分にとって一番大きいかもしれません。


また、自分に限った事ではないですが、地元に戻ると実家や地元に知り合いと簡単に会えるのもいいですね。


東京にいるころは、ただ稼ぐ為だけでに頑張っていましたが、これからの人生は残りの時間をいかに充実して過ごすかを考えていきたいと思っています。


また、こういった視点の変化により、以前よりも色んな人との出会いを大切にするようになりました。東京にいるころは、仕事での出会いがすべてだったので、すごく狭いレベルで行動していたと思います。


地方に移ったので、今後は、今までよりもアクティブに行動していこうと思っています。この行動の多さこそが、人生を変えるチャンスになると思います。


私は地方出身者なので、地方をもっと盛り上げたいですし、もっと稼いで充実した日々を送りたいと思っています。


その為に必要なのは、やはり自分自身で稼ぐ力をつける事だと思います。


それができれば、ゴミゴミとした東京で忙しい日々の繰り返しではなく、ゆったりとした時間の中で、自分や家族との時間を大事に使う事ができるようになると思います。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓