ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

九州はインフラエンジニアが慢性的に不足しているのでUターン転職しやすいですよ

f:id:merrywhite:20201205210228j:plain

福岡にUターン転職して早くも1年が経過しようかという状態ですが、慢性的にインフラエンジニアが不足しているという状態であることに気付きました。


私は派遣会社に勤めているのですが、会社的にも新しく人を入れたいと躍起になっています。仕事はあるけれど、人がいない、、、そんな感じですね。


ちなみに、東京から地方にUターンしたいと考えている人がいると思いますが、地方に移住する場合は注意しなければならない点があります。


それは、給料が激減する可能性があるという事です。私の知人のエンジニアは、東京から地方に戻らない理由に給料が低い事を要因としています。すべてのUターン転職で給料が下がるとはいいませんが、下がるケースの方が多いと思います。


運がよければ、給料が下がらずに地方移住する事ができる場合があります。例えば、全国展開している企業で、地方と東京勤務で給料が変わらないケース。


この場合は、地方に移住したらプラスになる可能性があります。理由は、生活コストが東京よりも低いからです。


例えば、家賃はかなり下がる事が予想されます。都内だと、ワンルームでも10万円近くになる事がありますが、地方だと中心部でも高くてその半分くらいではないでしょうか。私も福岡に移住して、現在住んでいる家賃は2DKで6万5千円です。


東京だとこの価格で賃貸する事は不可能ですよね。私が住んでいた千葉の行徳でも平均が8万円前後でした。


家賃が下がりますし、外食などの金額も下がるので、全体的に生活コストは下がると思います。すると、給料が変わらなければ、余った分を貯金などできるようになりますし、他にも地方移住のメリットがあります。


それは、長時間の満員電車に乗らなくてよくなる事です。私も以前は、満員電車で有名な東西線に毎日、ギュウギュウ詰めの中で生活していましたが、今は通勤時間も減り、快適な通勤生活を送れるようになりました。


こういった東京であったようなストレスから解放されるメリットが地方にはありますね。と地方移住のメリットを色々と書きましたが、Uターン転職を考えている方で、インフラエンジニアの仕事をしている人は、仕事があるので、それほど不安にならなくても大丈夫です。


現在、一緒に仕事をしている別の会社の人も、転職活動で人が不足しているので、簡単に転職できたそうです。


ただし、安易に会社を決めると、給料が激安だったり、ブラック企業だったりする可能性があるので、企業選びだけは慎重に行った方がいいですね。特に、実家に戻れる人は、無理して転職先を決めるのではなく、じっくり探した方がいいと思います。


転職先一つで、給料も全然変わってきますし、働きやすさも変わってきますからね。

職場選び一つで、年収が100万円以上違う事って平気であります。


安い会社に入ってしまうと、ずっと安い給料でこき使われる事があるので、自分のスキルに対してもらっている給料が少なすぎる!と感じている方は、転職するのもアリだと思います。


長く続ける仕事だからこそ、ある程度稼げる仕事につくのも大切ですね。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓