ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

福岡で派遣インフラエンジニアの仕事、給与、求人状況は?現状は不足しています

福岡にUターン転職して1年が経過しました。ちなみに、私はこれまで多くは東京で仕事をしていました。ちょうど、2015年の4月に千葉から福岡に移住し、そこから仕事を見つけ、一年ほど全国展開している派遣会社に転職し、福岡の色んな事情が分かってきました。


そもそも、私の地元は広島なんですが、なぜ福岡を選んだのかというと、やはり、今後の発展性がありますね。例えば、企業は福岡へ本店を移しているという事もありますし、何より人口も増え続けています。人口が増えると言う事は、仕事も増えますし、税金も多く集まるので、インフラやその他の様々な整備にお金を使えるようになります。


福岡はさらに成長する可能性がある地方都市なのです。ちなみに、一年間住んでみて、福岡というものが少しずつ見えてきたので、色々と紹介したいと思います。そして、基本は私と同様にインフラエンジニアでUターン転職を考えている方向けの情報となります。Uターン転職って色々と不安な部分があると思いますので、参考にしてもらえればと思います。私は無計画でUターン転職をしたのですが、意外と普通に生活ができているので、逆にびっくりしているくらいですが(笑)。


インフラエンジニアの仕事はあるのかどうか?
まず、一番重要な「インフラエンジニアの仕事はあるのかどうか?」という疑問について。


結論から言うと、人手不足です。この記事を執筆している今は、私はフリーランスとして活動していますが、少し前まで、派遣会社で働いていました。派遣会社に勤めていたおかげで、色んなベンダ起業と顔合わせをし、話をする事ができましたが、どこも人手不足のようです。


ただ、東京のように仕事があるかというと、仕事は少ないです。ただ、インフラエンジニアとしてUターンをして仕事が全くないという事はないです。特に今は、間違いなく人で不足です。先日も某外資系企業の方と話をする機会がありましたが、慢性的に人で不足のようです。一度、信頼を得ることができたら長期的に仕事はあると言われてました。


その為、今、「福岡に戻って仕事をしたいな~」と思っている福岡が地元の方は、むしろ今がチャンスかもしれません。ただ、地方と東京との仕事の仕方の違いもあるかもしれないので、そこは注意した方がいいかもしれません。


地方は業務の守備範囲が広くなる
これまで東京で働いていた人が地方に移住した場合に、環境の違いに戸惑う事もあるかもしれません。その一つが、業務範囲が広がる事です。例えば、東京の場合、大規模な仕事が多いのもありますが、仕事自体も多いので、特化した仕事をする事が多いと思います。


例えば、私の場合は、10年近くのインフラエンジニアの経験で、前半はネットワークしかしていません。後は仮想系ですね。例えば、私が所属した組織の場合、VMware、Citrixだけのチームもあったくらいです。例えば、ストレージのチームがあったり、セキュリティ関連のチームがあったり、ワイヤレスだけのチームがあったり。


特化する事で専門的な詳しい技術が付く訳ですが、その分、他の分野は苦手、、、という場合もあると思います。地方は、東京と比較すると仕事が少なかったり、規模が小さい場合があるので、仕事の幅が広がるケースが多いです。私も地方に戻って、色々と経験できたのですが、おかげで自分が特化した技術だけを学んでいた事がすごく理解できました。


ようは、守備範囲が広がるので、東京とは感覚が違う部分があるかもしれません。その為、「ネットワークしか経験がない~」という場合は、仕事の数が減りますし、サーバーも「Windowsしか経験がない~」となると、仕事が減ります。地方は開発系の仕事が多いので、インフラエンジニアよりも開発系エンジニアの方が仕事が多いです。その為、ミドルウェアを経験しているなら、仕事を見つけやすいかもしれないですね。特にLinuxは操作できたほうが仕事は見つけやすいと思います。

f:id:merrywhite:20201101150736j:plain


インフラエンジニアだけの仕事はあるの?

「インフラエンジニアだけの仕事はあるのか?」と思う人がいるかもしれませんが、普通にあります。特に福岡はインフラ整備をしている事もあり、ネットワークエンジニアの仕事もあります。ただ、開発系のスキルがあれば、尚、仕事が見つかりやすいかもしれないですね。


ただ、ブログのタイトルがインフラエンジニアなので、開発系の仕事の話をしても仕方がないと思いますが、しっかりと技術を身に着けてUターンすれば、むしろ歓迎されるスキルになるのは間違いありません。


私が地方に移住してお世話になった転職サイトが「workport」ですが、ここのおかげで福岡の市場も勉強になりましたし、色んな起業と顔合わせができました。また、派遣会社も紹介してくれるので、私のようにアテがなくUターン転職を考えている場合は、利用してもいいかと思います。


例えば、リクナビなどの転職サイトだと、自分の登録したスカウトを見て、気になった企業がオファーをしてくれますが、中々、自分が思うような企業に巡り合えない場合があります。リクナビはあくまで転職サイトなので、自分でレジュメを入力し、自分で動く必要があります。しかし、サイトだけの情報だと、企業の細かい情報や求人などから見えない部分が分からない事が多いです。


workportなどの転職エージェントは、企業と仕事を探している人の間に立ち、転職活動で助かるような情報を共有してくれるので、企業を選ぶ際に、欲しい情報が手に入る可能性があります。


例えば、私はLinuxはあまり経験がないのですが、求人だとLinuxの構築、運用経験が最低3年とかかれていました。その為、その求人は自分に合わないと思ったのですが、いざ、workportの担当者が求人を募集している担当者と話をしたら、Windowsサーバの構築経験があれば、Linuxの経験が少なくても大丈夫という情報を知る事ができました。


求人情報では、確かに企業が欲しい求人が書かれているのですが、それだけでは分からない情報というのが確かに存在する訳です。その為、私たちのような仕事を探している人と、企業をつないでくれるworkportのような転職エージェントの存在は、より円滑に仕事を探す事ができるようになるのです。


私もこれから仕事をもらう会社はworkportに紹介してもらったので、福岡に来て色々とお世話になりました。自分でリクナビなどを見て探すのも一つですが、こういった紹介してくれる企業の担当者と話をすると、福岡の市場感なども分かって、仕事を探しやすくなると思います。一番いいのは、どちらも併用して利用して、自分に合った企業を見つける事ができればいいですね。

 

その他、マイナビエージェントも有名です。

 

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓

 

 

 

 



給与はやっぱり下がるの?
東京から地方にUターンしたいと考えている人がいると思いますが、地方に移住する場合は注意しなければならない点があります。


それは、給料が激減する可能性があるという事です。私の知人のエンジニアは、東京から地方に戻らない理由に給料が低い事を要因としています。すべてのUターン転職で給料が下がるとはいいませんが、下がるケースの方が多いと思います。


実際、面談をしてきた中で言われたのが、年収は東京と平均で100万円くらいは下がると言われました。ただ、これもすべてがそうではないですね。派遣会社の場合は全国同じ給料である場合が多いので、東京だから給料がいいとか、地方だから給料が低いというケースは少ないと思います。


働き方次第では、フリーランス契約社員の場合は、単価に比例するので、給料が減少する可能性は高いですが、派遣会社に勤めている場合は、大きな開きはないと思います。ちなみに、単価の話になりましたが、地方の場合、単価が60万円くらいが天井ではないでしょうか。企業によっては、80万円出してくれるところもあるようですが、稀です。基本は60万円前後を想定していたほうがいいですね。


東京の場合は、80万円は普通にあるし、多い人なら100万円稼いでいる人もいます。その単価の開きがあるのも地方と東京の差とも言えるかもしれませんね。


ただ、何度も言いますが、派遣社員の場合は、地方だから給料が下がるという事は少ないので、この辺りはあまり気にならない部分かと思います。私が直近で働いていた派遣会社の場合は、残業ゼロの場合は、年収ベースで350万円、残業次第では400万円以上~という感じでした。色々と企業を知っているので、派遣会社を紹介して!という方は、気軽にメッセージください♪



地方は生活コストが下がる!
運がよければ、給料が下がらずに地方移住する事ができる場合があります。例えば、全国展開している企業で、地方と東京勤務で給料が変わらないケース。
この場合は、地方に移住したらプラスになる可能性があります。理由は、生活コストが東京よりも低いからです。


例えば、家賃はかなり下がる事が予想されます。都内だと、ワンルームでも10万円近くになる事がありますが、地方だと中心部でも高くてその半分くらいではないでしょうか。私も福岡に移住して、現在、住んでいる家賃は2DKで6万5千円です。


東京だとこの価格で賃貸する事は不可能ですよね。私が住んでいた千葉の行徳でも平均が8万円前後でした。ちなみに、以下は福岡の人なら一度は乗った事があると言われる地下鉄の空港線と、私が千葉に住
んでいた時の東京メトロ東西線沿いの家賃相場の違いです。


1LDK・2K・2DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表
           
  姪浜
6.09万円
  中野
13.60万円
  室見
5.74万円
  落合
11.05万円
  藤崎
6.35万円
  高田馬場
18.61万円
  西新
6.70万円
  早稲田
13.87万円
  唐人町
6.68万円
  神楽坂
14.60万円
  大濠公園
7.99万円
  飯田橋
19.86万円
  赤坂
7.79万円
  九段下
17.13万円
  天神
7.94万円
  竹橋
18.74万円
  中洲川端
7.44万円
  大手町
16.95万円
  祇園
7.09万円
  日本橋
16.40万円
  博多
6.65万円
  茅場町
15.85万円
  東比恵
6.99万円
  門前仲町
12.63万円
  福岡空港
5.75万円
  木場
11.86万円
  東陽町
12.04万円
  南砂町
10.54万円
  西葛西
9.70万円
  葛西
9.25万円
  浦安
8.91万円
  南行
8.09万円
  行徳
8.34万円
  妙典
9.03万円
  原木中山
7.68万円
  西船橋
8.39万円



東西線の相場価格の最低が原木中山で「7万6千円」に対して、福岡の場合は室見で「5万7千円」です。約2万円違います。年間で24万円なので一ヵ月の給料くらいになるでしょうか。ちなみに、原木中山は千葉なので、東京で一番安いのは葛西で9万2千円という相場になります。さらに、飯田橋は20万円近くしますし、都内は家賃相場が一気に上がりますね。それだけ生活コストが大きく変わる事がわかります。


ちなみに物価も地方の方が下がる可能性が高いです。以前、気になったので調査してみたところ、福岡は46位で、下から数えた方が早いくらいですね。実際、外食をしたら分かりますが、東京と比較すると圧倒的に安いです。近所にワンコインのお店が結構あります。

情報元:平成 25 年(2013 年)平均 消費者物価地域差指数の概況(総務省

No 地 域    
1 横浜市 106  
2 東京都区部 105.9  
3 川崎市 105.4  
4 さいたま市 103.3  
5 長崎市 102.4  
6 神戸市 102.2  
7 和歌山市 102  
8 山形市 101.5  
9 福島市 101.4  
10 金沢市 101.4  
11 京都市 101.2  
12 那覇市 101.2  
13 宇都宮市 100.9  
14 松江市 100.7  
15 津市 100.6  
16 大阪市 100.6  
17 堺市 100.6  
18 岡山市 100.3  
19 札幌市 100.2  
20 静岡市 100  
21 山口市 100  
22 熊本市 100  
23 甲府市 99.9  
24 広島市 99.8  
25 徳島市 99.8  
26 高知市 99.8  
27 大津市 99.6  
28 青森市 99.5  
29 水戸市 99.3  
30 千葉市 99.1  
31 新潟市 99.1  
32 名古屋市 99.1  
33 盛岡市 98.9  
34 松山市 98.9  
35 富山市 98.7  
36 福井市 98.6  
37 浜松市 98.4  
38 仙台市 98.3  
39 鳥取市 98.3  
40 岐阜市 98.2  
41 大分市 98.2  
42 長野市 98.1  
43 高松市 98.1  
44 鹿児島市 98  
45 前橋市 97.5  
46 福岡市 97.5  
47 佐賀市 97.5  
48 奈良市 97.4  
49 秋田市 97.3  
50 宮崎市 97.1  
51 北九州市 96.6  
     


何気に那覇市が上位にいるのが謎ですが、福岡は物価が安いのは生活を考えた時に嬉しいですよね。


家賃が下がりますし、外食などの金額も下がるので、全体的に生活コストは下がると思います。すると、給料が変わらなければ、余った分を貯金などできるようになりますし、他にも地方移住のメリットがあります。



f:id:merrywhite:20201113065902j:plain


長時間の満員電車のストレスがなくなる
福岡で働いて感じるのは、意外と周りには東京から移住してきたという人がいます。そして、その人たちと話をして、共通する意見が「東京には2度と戻りたくない」という事です。


東京は仕事が多いのですが、その分、移動距離の問題が発生する場合があります。東京で働く人は、その周辺(千葉、埼玉、神奈川など)に住む場合があります。その場合、県をまたいで移動する場合もあるので、どうしても移動時間に時間がかかってしまう場合があります。
 
 
以前、仕事で千葉の果てまで移動したことがありましたが、早い時は朝の5時台に起きないと間に合わないという事もあり、まさに毎日地獄でした。
 
 
関東でひどい人だと片道2時間という人もいます。一日の4時間を通勤時間でとられると言うのは、人生の貴重な時間を浪費しているとしか思えません。人生の時間は逆算で考えるべきです。私たちは日々、貴重な時間を使っているのではなく、失っているのです。その考えを持っていると、無駄な通勤時間について、ちょっと考えるようになるのではないでしょうか。
 
 
後、東京でよく見るのが、通勤ラッシュ時の喧嘩です。ひどい時は殴り合いしている人もいます。仕事のストレスが溜まりすぎて、我慢できないのでしょうけど、朝から見ていて、本当にひどいと感じますね。東京はストレスの塊のようなところだと思います。若い時は稼げるからいいですが、ずっと住みたいとは思えないですね。。。
 

 

以前、広島に戻って仕事をしていた時は、自転車で片道10分以内で職場まで行けたので、ギリギリまで眠る事ができましたし、自分の時間がたくさんありました。そして、今は福岡に拠点を置いていますが、中心部まで地下鉄で10分弱。関東と比較すると片道で30分以上は時間があまる計算になります。
 


それは、長時間の満員電車に乗らなくてよくなる事です。私も以前は、満員電車で有名な東西線に毎日、ギュウギュウ詰めの中で生活していましたが、今は通勤時間も減り、快適な通勤生活を送れるようになりました。こういった東京であったようなストレスから解放されるメリットが地方にはありますね。


f:id:merrywhite:20210125074109j:plain


福岡は食事も多いし、中洲も楽しいよ!
福岡で働くメリットの一つはやっぱり食事が美味しい事ですね~。例えば、明太子は有名ですが、やっぱりもつ鍋ですね。低カロリーなのに野菜もたっぷりとれて、しかも美味しい。


近所の精肉屋さんで適当に買ったホルモンですら店並に美味しいです。以前、千葉の浦安で買ったホルモンが臭すぎて捨てたくらいですから、いかに新鮮かが分かります。また、食事もそうですが、飲み屋さんも色々とあります。特に福岡の場合は中洲ですかね!


ちなみに、福岡は美人が多いと言われています。ちなみに、以前アンケートをとった事がありますが、福岡はアンケート上では美人ランキグ堂々の2位です!



一位はダントツで秋田県です。ちなみに秋田県の有名人は乃木坂46生駒里奈さん、佐々木希さん、鳥居みゆきさん、壇蜜さんがいます。色白美人が多いイメージですかね。福岡は、元AKBの篠田麻里子さん、蒼井優さん、吉瀬美智子さん、黒木瞳さん、橋本環奈さんなど。うーん、並べてみたけど博多美人ってなんだ?とブレてきましたが、、、まぁ、美人が多いです。


その為、福岡に来て浴びるほど飲みたいなら、中洲ですね!九州一の繁華街を堪能できます。後、天神駅周辺には屋台も多く、福岡名物の屋台を楽しむこともできます。


稼ぎたい人向けにフリーランスという働き方もある
ちなみに私は、今年からフリーランスとして活動する事になりました。そして、フリーランスになるきっかけを与えてくれたのが、最近まで勤めた派遣会社の存在です。もう、給料があまりよくなくて、独身者、未経験には割といい会社だったのかもしれませんが、私のような家庭持ちにはなんの優遇もない会社で、月額の給料は24万円でした。


それで生活が全然できない訳ではありませんが、東京での収入を経験しているので少しでも収入を増やす為にフリーランスになりました。


ちなみに、フリーランスになることで月に稼げる金額は、約50万円ほどになる計算です。単純計算で、月に稼げる給料が30万円ほど増える計算です。ただ、そこから色々と支払いがあるので、単純に30万円増える訳ではありませんが、少なくとも20万円以上は多く収入が増える計算になります。


その為、年間で200万円以上の貯蓄をしたいのです。これくらい稼げれば、色んな事に使えるお金が稼げます。ちなみに、以前勤めた会社と、フリーランスになった場合の年間の総支給の差を算出したいと思います。


まず、前職の場合、24万円×12ヶ月=288万円。ここにボーナスが60万円。348万円に残業がつきます。計算上は400万円前後になるでしょうか。


一方、フリーランスの場合、給与という概念ではなくなり、ボーナスもなくなりますが、超過分を考えなくても、50万円×12ヶ月=600万円の収入が入ります。また、ここから、超過分が2割くらいあると計算したら、700万円くらいにはなります。


地方の場合、500万円の壁があると面談で何度も言われましたが、それを超えることができるのが、フリーランスの魅力ですね。派遣会社は派遣先から得ている収益から、利益を出している訳ですから、そこが減る分、私たちの給与も当然、増えます。


余談ですが、先ほどの差額で計算すると、昨年は約700万円前後は稼げた計算になります。生活レベルを落とさずに地方に移住ができるのがフリーランスの魅力です。ITエンジニアの不足が言われている中、これからフリーランスで仕事をする人は増えると思いますし、実際に、働いた分、収入が得られる訳ですから、やる気も出ます。


地方だから稼げなくなる、、、という環境を変える事で、地方でも優秀なエンジニアがUターンしてくるのではと思っています。ちなみに、私はインフラエンジニアですが、開発系のエンジニアはもっと仕事が多いみたいなので、地方にUターン転職を考えている方は、フリーランスを検討してみてはいかがでしょうか。


ちなみに、東京で有名なフリーランス専門で仕事を紹介してくれる企業がこちらです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


単純に考えて、フリーランスになれば、派遣会社がとっている利益などを引かれる訳ですから、給料が上がらない訳がありません。フリーランスになると個人事業主になるので、自分で確定申告をする必要がありますが、やってみると意外と簡単だし、これはたいした弊害にならないと思います。


色々と書きましたが、福岡は今、インフラエンジニアが不足していますし、Uターン転職大歓迎的なところがあるので、ある程度スキルを持っている人で検討しているなら、戻るのはアリだと思います。それは、派遣会社でもいいですし、フリーランスでも大丈夫です。ただ、フリーランスはまだまだ、地方では認知されていないので、派遣会社のほうが仕事が多いです。


福岡で色々と活動したおかげで、派遣会社、フリーランスの企業の紹介などもできるので、福岡でUターン転職を考えている方は気軽に質問してください。福岡がもっと活発になればいいなと思っている一人ですので!