ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

最新のGoogleChrome、FireFoxで仮想マシンコンソールが起動しない対処法

VMware環境を操作するにあたり、色んなブラウザの環境で利用することがありますが、どのブラウザが一番使いやすいのかというと、すごく判断が難しいところがあります。


これだけ多くの企業がVMwareを使っているのだから、推奨ブラウザがあってもいいものだと思いますが、今、企業でよく使われているブラウザだと何かしらの問題が発生することがあります。


そして、最新のGoogleChromeFireFoxでvCenter Web Clientに接続する場合に、仮想マシンコンソールがうまく起動しないことがあります。


この件に関する情報が以下のKBで提供されています。

vSphere 5.x 環境で、スタンドアロンVMware Remote Console (VMRC) をダウンロードしてインストールする方法 (2092065)

https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2092065

 

内容としては、

このたび Google Chrome において Netscape Plug-in API (NPAPI) のサポートが非推奨となったため、Chrome ブラウザを最新バージョンにアップデートすると、vSphere Client 統合プラグインで提供している仮想マシンコンソールが機能しなくなる可能性があります。


Google Chromeで、NPAPIのサポートが非推奨になったので、仮想マシンコンソールが利用できないというものです。これは、FireFoxも同様で、操作項目がグレーアウトされてしまいます。


これを対応する方法としては、NPAPI が非推奨となったことに伴い、VMwareVMware Remote Console (VMRC) を導入する必要があります。


また、このツール自体も、ある程度の権限が必要になるので、意外と使いにくい印象があります。


そもそも、vSphere Clientをスタンダードにすれば、ブラウザの問題がなくなるのではと思う今日この頃です。