ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vSphereWebClientで最新のIE、Chromeを使う環境ではVMRCを活用

vCenter Server 5.5U2以上の環境で、仮想マシンバージョンを10にすると、vsphere Clientで一部操作ができなくなる事があります。


その一つが、vsphere Clientで仮想マシンバージョン10の仮想マシンに対して、CD/DVD操作をしようとすると、サポート外と表示され、操作できない事があります。


その為、運用などで一部操作ができないので、困ることがあります。


そして、そういった環境で利用できるツールが「VMRC」です。

>>vSphere 5.x 環境で、スタンドアロンの VMware Remote Console (VMRC) をダウンロードしてインストールする方法 (2092065)


このたび Google Chrome において Netscape Plug-in API (NPAPI) のサポートが非推奨となったため、Chrome ブラウザを最新バージョンにアップデートすると、vSphere Client 統合プラグインで提供している仮想マシンコンソールが機能しなくなる可能性があります。



Google Chromeに限らず、IEも同様に統合プラグインが完全に機能しない場合があるので、その場合は、VMRCが利用できます。


VMRCのダウンロード先はこちらです。

>>Download VMware Remote Console


また、VMRCは64bitのOSにしかインストールできないので、インストールする環境においては、注意が必要です。 


>>IE11でvSphereWebClient統合プラグインが機能せずDVDイメージが接続にならない

 
環境で64bitでVMRCを利用できない場合は、ブラウザのバージョンを下げるか、IE11の場合は、エンタープライズモードを活用する事で対処できます。


これを有効にする事で、対象のURLに対しては互換性が効いて操作できるようになります。


IE11で仮想マシンコンソールが起動しない場合は、ローカルイメージがマウントできない場合に利用します。