ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

スナップショットを保持したテンプレートをデプロイすると削除されて展開される

スナップショットを保持したテンプレートから仮想マシンをデプロイするとスナップショットはきれいに削除されます。


vSphere Web Clientでデプロイする場合、ウィザード中にスナップショットが削除される旨が表示されます。


また、これはテンプレートに限らず、OVFも同様です。


スナップショットを保持した仮想マシンをOVFファイルとしてエクスポートしても、同様にスナップショットは削除されます。


また、スナップショットの運用は注意が必要で、長期的にスナップショットを保持する事は問題が発生する場合があるので、注意が必要です。


特にスナップショットの容量が大きくなる場合、スナップショットの削除ができないような事象が発生する場合があります。

>>VMware 環境での仮想マシン スナップショットのベスト プラクティス (1038295)


以下はベストプラクティスの一部抜粋です。

・スナップショットはバックアップではありません。 スナップショット ファイルは、元の仮想ディスクの変更ログにずぎません。 そのため、直接のバックアップ プロセスとして依存しないでください。 仮想マシンは元の vmdk ディスク ファイルではなく、最新のスナップショット上で実行されています。

・スナップショットは、元の vmdk ディスク ファイルの完全コピーではありません。 スナップショットを取っても、元の vmdk ディスク ファイルの完全なコピーは作成されません。差分ディスクがコピーされるだけです。 スナップショットファイルの変更ログは元のディスク ファイルと結合して、仮想マシンの現在の状態を構成します。 ベース ディスクが削除されると、スナップショット ファイルは役に立ちません。

・差分ファイルは、元のベース ディスク ファイルと同じサイズまで増やすことができます。これは、仮想マシンのプロビジョニングされたストレージ サイズが、仮想マシンの元のサイズに仮想マシン上のスナップショット数を乗算した数まで増えるためです。

・チェーンでサポートされているスナップショットの最大数は 32 です。 ただし、VMware ではチェーンの 2~3 つのスナップショットだけを使用することをお勧めします。

・単一のスナップショットは 24~72 時間を超えて使用しないでください。 スナップショットはアプリケーションまたは仮想マシンのバージョン管理の目的で長期にわたって保守しないでください。 

スナップショットはバックアップ目的で保持するものではなく、長時間保持するものでもないということです。
 

スナップショットはバックアップと思っている人がいますが、問題が発生する可能性があるので、一時的な利用にとどめることが大切ですね。