ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXiの古いスナップショットは削除!仮想マシンの動作が重くなる原因になります

サーバーが仮想化されるようになってかなり経ちますが、物理サーバーと比較すると運用、管理がすごく楽になりましたよね。


リソースに余裕があれば、メンテナンスもオンラインでできますし、今や中小企業でも仮想化は当たり前の時代になってきました。


大手企業の場合、ノウハウが色々とあるので、運用がしっかりしている場合がありますが、中小企業の場合、ノウハウがなくて、運用的に問題がある事があります。


その一つが、VMware Toolsがインストールされていない場合がある事です。


VMwareのサポート対象外になりますので、VMware Toolsは必ずインストールするようにしましょう。


大手企業でもたまに、インストールされず仮想マシンを使用している場合があるので、注意が必要です。


さて、これとは別にスナップショットの運用についても注意が必要な点があります。


それは、長期的にスナップショットを使い続ける事は推奨されていません。


詳細な情報は以下のKBをチェックしてもらったほうがいいのですが、、

>>VMware 環境で仮想マシンのスナップ ショットに関するベスト プラクティス (1038295)


以下は抜粋ですが、スナップショットを長時間使わないほうがいいという記載があります。

●スナップショットはバックアップではありません。 スナップショット ファイルは元の仮想ディスクの更新ログのみですので、直接のバックアップ プロセスとして頼らないください。仮想マシンは元の 「vmdk」 ディスク ファイル上ではなく、最新のスナップショット上で実行しています。

●チェーン内に最高で 32 個をサポートしています。但し、チェーン内に 2、3 個のスナップショットで使用することが VMware の推奨です。

●スナップショット実体を 24 ~ 72 時間以上使用しないでください。
これによってスナップショットが大きくなることを防ぎますので、スナップショットを削除するとき、または元の仮想マシンのディスクにコミットするときの問題を防げます。

スナップショットを取得して、仮想マシンが変更され、そして仮想マシンの状況を確認してからすぐにスナップショットの削除およびコミットを実施してください。
 
特にメール サーバやデータベース サーバのような高トランザクション数の仮想マシンの場合、スナップショットの使用を頻繁に管理してください。

スナップショットのサイズが急に大きくなって、データストアがいっぱいになることがあります。現行プロセスの正常稼動を確認してからすぐに、仮想マシンのスナップショットをコミットしてください。


スナップショットをバックアップのように使っている場合もありますが、あくまで差分データなので、バックアップの方法は別で持っておく事をオススメします。


また、スナップショットの利用はあくまで限定的に利用するのがベータですね。例えば、構築中に利用するとか、大きな変更をする前にバックアップを取得しておくとか。


後、スナップショットを活用しすぎると、動作が重くなる事がありますので、スナップショットの取り過ぎにも注意ですね。

 

KLOUDIC 除湿機 除湿器 小型 最新版 1000ml大容量 ペルチェ式 省エネ 強力除湿 梅雨対策 部屋干し カビ対策 自動停止機能 7色ランプ 軽量 静音作業 お風呂場 台所 書棚 オフィス 日本語説明書付 ホワイト

新品価格
¥5,960から
(2020/7/19 08:19時点)