ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ベンザブロックSプレミアム 鼻かぜにめちゃ効く!常備しててよかった

お酒を飲み始めてからだんだんと体調のよさ、悪さを感じることができたのですが、なんとなく鼻かぜっぽいなと思っていました。

 

ただ、ついつい飲む過ぎて寝てしまって翌日、鼻水が花粉症のごとくすごいことになりました。

 

以前、体調管理にお酒を飲んだらわかるという人がいましたが、まさにそうですね・・・。

 

ということで風邪薬と思ったのですが、以前、鼻かぜ用に買っていたベンザブロックSプレミアムがあることに気付いて飲んでみましたが、、、これかなり効きますね!

 

完全に止まったわけではないですが、ティッシュを使う回数が激減しました。

 

こちら

 

商品紹介
●ヨウ化イソプロパミドとd-クロルフェニラミンマレイン酸塩が、鼻水・鼻づまり・
くしゃみを緩和します。
●トラネキサム酸が粘膜の炎症を抑え、のどの痛みを緩和します。
●グアイフェネシンが、たんを排出しやすくします。
リボフラビン(ビタミンB2)と、ビタミンPの一種であるヘスペリジンを配合して
います。
●10種の成分を配合し、かぜのいろいろな症状を緩和します。

 

 

レビューサイトでも鼻かぜに効くと書かれており、やはり、特化したものというのは助かります。

 

こちら

ベンザブロックSの口コミ一覧|効果のレビューや体験談 - クスリミル

 

「私が風邪をひく時は必ず鼻からくるので、常備しておくお薬の1つです。

いわゆる黄色のベンザには普通のものとプレミアムとあり、私は風邪の初期だったら普通のものを、少し症状が進んでしまった場合にはプレミアムをと飲み分けています。


鼻の奥に違和感を感じた時に1日分(3回)を食事の後に服用して温かくして充分な休息を取ると、翌日にはかなり改善します。
2日も飲めば、完全に回復します。

お腹が適度に満たされていることや温かくしていることもあってか、お薬を服用して1時間くらいしてから少し眠気を感じます。
風邪の時は鼻が詰まって息苦しい、咳が出るなどで眠りが浅くなりがちですが、この心地よい眠気を利用してぐっすりと眠るようにしています。」

 

「私は潰瘍性大腸炎罹患者で、レミケードという点滴で炎症反応を正常値に抑え、健常者と変わらない日を送ることができています。
しかしやはり冬場になると寒さがお腹にキツく、定期的に腹痛がする上に便は基本的に下痢になり頻度も一日5、6回と増えてしまいます。

そんなあるとき私は随分長く風邪を引いてしまったのでたまたま家にあったベンザブロックSを飲んでみたところ、なぜか下痢も完全に治り固形になり腹痛もしなくなりました。

お腹の市販薬は下痢止めなど色々試してどれも効かなかったんですが、なぜかベンザブロックSを飲むと潰瘍性大腸炎の症状が緩和されます。
それ以来私は潰瘍性大腸炎の症状が悪化するとベンザブロックSを試しに飲むようになりましたが、飲むと不思議と潰瘍性大腸炎の症状も収まります。
潰瘍性大腸炎の薬は他にもガスコンやミヤなど色々飲んでいるのですが、これらと併用して飲んでも特に副作用などは出ませんしとても良い薬だと思います。」

 

私の場合は、鼻かぜを引くことが多くて、もしかしたらアレルギーの関係もあるのかもしれませんが、症状を抑えるのにすごく便利です。

 

潰瘍性大腸炎も効く人がいるそうですが、成分が関係しているのでしょうかね。