ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

柔らかく心地いいと評判 CORKAS 立体型アイマスク 絹 まぶたに布が触れない

たまにほしいなと思うのがアイマスクです。と言っても旅行などで使うのではないのですが、家で寝いて朝の光が入るので、熟睡するのにいいかなと思っています。

 

子供も欲しがっていて、妻と子供が一緒に寝ていて、たまに光が入るのが嫌とのこと。

 

光が目覚めさせると言いますが、まさにそれですね。以前は出張がよくあったので、その場合にあると便利だったかもしれません。たまに疲れて寝ることがあったので。

 

そして、旅行や自宅でもアイマスクを使う場合に、アイデアでかなりよさそうなのが、柔らかく心地いいと評判 CORKAS 立体型アイマスク 絹 まぶたに布が触れないところがポイントです。

 

CORKAS 立体型アイマスク 絹

 

肌触りの良い素材を採用、付け心地も軽やかで負担なし
フィット感の良さでアイマスクを選ぶときは、目元のフィット感に着目しましょう。睡眠中も目は眼球運動を行うため、眼球を押さえつけないアイマスクをセレクトすることがポイントです。押さえつけてしまうアイテムは、目元に圧迫感を与えてしまうため、十分な睡眠がとれない原因となってしまいます。

柔らかい素材が付けていることを忘れるほどの軽やかさを実現してくれました。寝ていても邪魔にならない使用感です。

 

バックストラップタイプ、長時間の使用で耳の裏が痛くない
睡眠用のアイマスクは基本的に長時間着用するものなので、付け心地のいいものを選ぶようにしましょう。耳掛けタイプのアイマスクは、長時間の使用で耳の裏が痛くなることも。そのため、後ろで自由に長さを調節できるバックストラップタイプのアイマスクがベストです。

マジックテープで簡単に調節することができるほか、自分の頭に合わせてサイズ調節でき、大人でも、子供でも使用できます。髪の毛や枕をキャッチしなく、スムーズ感を実現しました。

 

通気性が良いと目元が蒸れずに、睡眠の妨げにならない
通気性とはつまり、空気の通りを良くしてくれる機能のことです。アイマスクを長時間つけていると、特に夏場などは目とアイマスクの間が蒸れやすく、汗をかくことも多いので睡眠の妨げになってしまいます。そんな時はやはり通気性の良いものを選ぶことをおすすめします。アイマスクの熱の通りを良くしてくれるので、長時間つけても蒸れずに安心して安眠できるでしょう。

 

広い適用範囲
軽くてコンパクトに折りたむことも可能、お自宅、旅行、出張、学校と会社ではなく、電車で、ベッドで、飛行機で、長い運転の後でも適用できます。ポーチも付いていますので、使わない時はコンパクトに収納できます。

 

水洗い可能、繰り返し使えるタイプ
通気性のよい生地が採用されており、皮膚と接触する部分は洗うことのできるので衛生面も安心です。何度も繰り返し使えるので長く使えば使うほどお得になります。

ご注意:

1、30℃以下の水で手洗いをお勧め致します。

2、洗剤を使う際は、中性洗剤をご使用ください。

3、塩素系漂白剤は生地を傷めますので、絶対に使用しないでください。

4、脱水機・乾燥機・アイロン・手絞り等は型崩れ、破損の原因となりますので避けてください。

5、直射日光は避け、風通しの良い日陰で平らな状態で形を整えて干してください。

 

続いて、実際に購入した方のレビューです。

 

「今まで色々なアイマスクを買いましたがこれがベストでした!
空間が完全に確保されているのでまぶたにかかる圧力がゼロなのが高ポイントです。
作りもしっかりしており安い商品にありがちな表面の布がベロベロになるという症状もありません。
アイマスク自体は100円ショップでも買えますがそれ以上のお金を払って買う価値があります。」

 

「柔らかく心地いい。
航空会社のビジネスクラスでもらうアイマスクや、まずまず類似する布一枚のペタッとする種々のアイマスクを使用してきた過去。
瞼に布地が当たらない快適さがここまで気持ち良いものかと驚嘆。
光が漏れ入ることなし。
肌へのあたりはソフトで気持ち良い。
ベルトは調節できて良い。
ベルトも太さ1.5cm くらい(?)あるのでベルトの締め付けで頭が痛くなることもなし。
費用も高くない。
アイマスクを求める方なら、買って間違いなし。断然オススメ。」

 

これ、ある意味画期的かもですね。私も昼寝とかすることもあるので、ちょっと買うかもです。

 

 

【目元のフィット感】:立体状のアイマスクは顔の凹凸に合わせて設計されているため、フィットしながらも締め付けすぎず、快適な睡眠をサポートします。
【鼻のフィット感】:海外の製品は、日本人の鼻の高さに合わずフィットしないことがあります。 フィット感に優れたアイマスクを選ぶのが難しいと感じる場合は、思い切って鼻を覆わないタイプのアイマスクを選ぶのもおすすめです。
【光を完全に遮断できる】:旅行や出張時の飛行機で使用する方、もしくは夜勤のため明るい時間に寝る方など、昼間にアイマスクを使うときは遮光性を重視して選んでみてください。 アイマスクは基本的には遮光性が高く作られていますが、素材による遮光性の違いや、外の光が入り込んでしまう構造のモノもあるので注意が必要です。
【バックストラップタイプ、長さを調節できる】:耳かけタイプのアイマスクが合わなかった方は、一度バックストラップタイプを試してみてください。 ズレにくく安定感があり、耳も痛くなりにくいのがポイント。長さの調節もできるので、フィットしやすいのが特徴です。
【柔らかい記憶スポンジ素材を採用、抜群な通気性があり】アイマスク選びで重要なのが、通気性のよさです。通気性が悪いと目元が蒸れてしまい、睡眠の妨げになります。 夏に使用したい方や暑い場所での使用が多い方は、蒸れにくい生地が採用されたアイマスクを選びましょう。