ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

定時で早く帰るのはやる気がない 残業出ない会社でパワハラ発言

 

最近は働き方改革のおかげで残業をすることが減りました。個人的に残業をする必要があるのは、計画性も大きく関係していると思います。

 

また、環境によってはそもそも人がいないということもあるでしょうし、頭になる人が少ないというボトルネックもあります。日本は特に承認にこだわるので、結果、無駄な仕事やフローが増えてしまうことがあります。

 

最近は、定時で帰れる会社が以前より増えていると思いますが、定時で早く帰るのはやる気がない 残業出ない会社でパワハラ発言について、ネットニュースで言及されています。

 

こちら

「定時に早く帰るのはやる気がない」社長に反論した元飲食業男性 - ライブドアニュース

 

世の中には、どこまでも会社に都合のいい理屈を押し付けてくるブラック企業が数多く存在する。キャリコネニュースに寄せられる体験談には、

「販売したものが、"お客が思っていたもの"と違うとのことで、返品返金を要求された。会社としてはそれを飲む形となり、それによって生じた損益分を毎月の給料から引かれる形で支払いさせられている」(20代男性/新潟県/営業職/年収450万円)

といった嘆きが複数届いている。

 

会社のものを買わないといけないというのは明らかに間違えています。

 

コンビニでもクリスマスケーキだったり、恵方巻を買わないといけないとかありえない話を聞いたことがあります。

 

 

自主的に朝早く出勤させられるというのは、個人的に経験したことがあります。しかも、手当は出ません。

 

"自主的"という名目で「23時半すぎから会議、店内の掃除をさせられる」
大阪府の50代男性(事務・管理/年収450万円)は、以前勤めていた飲食業がブラックだったという。

「(前職では)23時半に仕事が終わり、その後に本社に集められ『自主的』という名目で月に1、2回会議が開かれた。当然、次の日も仕事となる。また『自主的』という名目で早朝から開店までの間、店の掃除をさせられた」

日付が変わるころに会議を始めるとは、従業員をなんだと思っているのだろう。

また広島県の50代男性(年収250万円)は、板金塗装業で働いている。本社と支社があり、男性は支社勤務だ。会社は「遅くなっても残業代出ない。祭日出ても祭日手当て出ない」状態だという。

男性は、残業しても残業代が出ないため定時に帰ろうとしたところ、

「本社の従業員がまだ仕事してるのに、早く帰るのは本社の従業員に申し訳ないと思わないのか!仕事に対してヤル気になってない」

と言われてしまった。本社の社員の仕事が終わるまで支社の社員も帰れないとは、なんとも理不尽だ。

「『残業代出してくれるならいくらでも残業しますよ』って言ったら、『わしが社長だ!わしの言うことを聞け!』と言われ。今で言うパワハラです」

 

残業を出さない会社で残業しろはないですし、違法ですよね。

 

この内容は何となく古いような気がしますが、いまだにそういったブラック企業で働いているなら、将来は不安でしょうね。社員に厳しい条件で働かせているような会社は伸びないでしょうから。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓