ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

雨の強い日の通勤用に サンダンス レインシューズ CRS-001 靴下がびしょびしょにならない

花粉がひどいですが、そろそろシーズンが過ぎそうですね~。

 

花粉症は私もそうですが、子供がひどいので早く過ぎて欲しいです。春は一番嫌いかも。ただ、夏は夏で汗かきには地獄です・・・。ただ、ビールが美味しい季節ではありますが(笑)

 

その前に梅雨の季節ですね。ちょうど雨も降っていますが、以前は通勤が遠くて移動中にかなりの雨が降って、靴がびちょびちょになったことがあります・・・。あれ最悪ですよね。

 

同僚も靴底に穴があいたまま、履いていて、雨でびしょ濡れになって足が臭いとかいっていましたが、濡れた靴は雑菌が増えるので臭いのもとになります。

 

そういった悲惨なことから回避できる、雨の強い日の通勤用に サンダンス レインシューズ CRS-001 靴下がびしょびしょにならなずにおすすめです。

 

[サンダンス] レインシューズ キャンピングレインシューズ CRS-001

 

商品紹介
「脱ぎ履きがしやすく、歩きやすさバツグン」
履き口にはウェットスーツなどにも使用されるクロロプレンを使用脱ぎ履きがしやすく、包み込まれるような履き心地長靴よりも気軽に履いて頂ける

「優れた機能性でアウトドアの必需品」
接地面の広いソールはぬかるんだ環境でも安心高い防水性により、雨の日はもちろん、ガーデニング、農作業など幅広いシーンで活躍する

「シンプルで飽きのこないデザイン」
男女兼用のレインシューズは、ブラックとカーキの2色展開シンプルなデザインで服装を選ばない

【sundance/サンダンス】
現在では主流になっているスニーカータイプ安全靴の黎明期から数々の製品を開発し、2003年発売の “デイトナ" で新時代におけるワークシューズのスタンダードを打ち出した
その後も “GT-3"、“GSGシリーズ" など今までにない新しいコンセプトの製品で、常に新しい可能性に挑戦している
機能性とデザインの両立を高い次元で実現させるために、"サンダンスらしい製品" を作り続けている

 

ブランド紹介
【sundance/サンダンス】 現在では主流になっているスニーカータイプ安全靴の黎明期から数々の製品を開発し、
2003年発売の “デイトナ" で新時代におけるワークシューズのスタンダードを打ち出しました。
その後も “GT-3"、“GSGシリーズ" など今までにない新しいコンセプトの製品で、常に新しい可能性に挑戦しています。
機能性とデザインの両立を高い次元で実現させるために、"サンダンスらしい製品" を作り続けています。

 

 

脱ぎ履きがラクで、気軽に履ける
履き口はウエットスーツなどにも使われるネオプレンを使用。

脱ぎ履きしやすく、包み込まれるような履き心地です。

 

優れた機能性でアウトドアの必需品
幅広のソールはぬかるんだ環境に適しています。

高い防水性をもち、雨の日だけでなく、ガーデニング、農作業など幅広いシーンで大活躍。

シンプルで飽きのこないデザイン
男女兼用(ユニセックス)のレインシューズは気軽に履けるブラックとカーキの2色展開。すっきりとしたシンプルなデザインで服装を選びません。

 

軽くて履きやすい
長靴よりも軽いので、気軽に履いていただけます。

 

続いて、実際に購入した方のレビューです。

 

通勤用に購入しました。
予想以上にフィット感が良く、歩きやすいものでした。雨雪の通勤で困った
経験のある方にはお勧めします。

デザインについて(通勤用として)
クルールビズの格好であれば、全く問題ありません。
スーツ・ネクタイでは少し開き直りが必要かも。それでも悪天・荒天であれ
ば、変ではないと思います。革靴よりも少し歩きにくさはありますが、長靴
よりも遥かに歩きやすいです。
耐久性はあると思いますが、これはしばらく使っていかないと判りません。

サイズ感
普段は26.0~26.5cm(スニーカー)、革靴 25.5
購入したサイズは 25.5~26.0cm これでぴったりでした。

雨の日、金属製の排水溝グレーチングやマンホール(金属製)の上は滑りや
すいです。この点だけは気をつけた方が良いです。

 

最近はだいぶ、衣服にも自由度がでてきて、これくらいだったら全然、通勤用に履いても違和感なさそうですよね。

 

ソール素材または裏地: 合成ゴム
防水
ヒールの高さ: 1.5 cm
ヒールのタイプ: ヒールなし
留め具の種類: スリップオン
ソールの厚さ:1cm