ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

旦那さんが週3で会社の飲み会 財布別が家計に与える損害

f:id:merrywhite:20210124060855j:plain


最近はコロナで会社の飲み会が減ってすごく助かっています。以前は、多い時に週3回くらい飲み会がある職場がありました。

 

今は月に1度誘われたいいほうです。コロナのおかげです。ただ、飲食店、居酒屋は大打撃で、知り合いの居酒屋オーナーは店をたたみました。

 

子供もいたら養うのもありますし、飲食店経営は本当につらい時期だったと思います。そして、サラリーマンも生活は楽ではないかもしれませんが、旦那さんが週3で会社の飲み会 財布別が家計に与える損害について考えてみます。

 

私も若い時は、よく飲んでいて無駄にお金を使いました。もちろん、楽しい飲み会もたくさんありましたが、いくつかは参加したくない飲み会もありました。

 

もう今の時代、飲みにケーションはいらないと感じました。飲みで仲良くなっても仕事が円滑になるかは別問題だからです。会社間はいいかもしれません。社内の飲み会は出費が大変ですし、回数が増える傾向にあります。

 

正直、家庭を持ったら週3回とか無理です。

 

例えばこちら

旦那の会社の飲み会についてです。週3で飲みに行きます。接待では... - Yahoo!知恵袋

 

旦那の会社の飲み会についてです。
週3で飲みに行きます。
接待ではありません。
転勤してきて最初は11時前には帰ってきましたが、
こいつは飲み会好きだと思われたのか、最近は必ず12時過ぎ、昨日は4時に帰ってきました。
二次会・三次会に行くという連絡は一切ありません。
何か言っても、好きで行っているわけじゃないと逆切れ。
今11ヶ月の子供がいて、歩き出しているので私は一日中目が離せなく、近くにいないとぎゃん泣きするので離れられません。
普段帰って来てくれるときに、家事をしてる間子供と遊んでくれるならまだ許せるのかもしれないですが、テレビに集中して危ないことをしていても無視というか気が付かない。
一次会が終わったら爽やかにお疲れ様でしたと言って帰ってきて欲しい。
前任先でも断れず、飲み会が嫌いなくせに誘われるといいっすね~と言ってついていった為、5ヶ月の子供をつれて仕事関係の方のお宅に行くはめに…
このままではここでもそうなりそうです。
本当に行きたくなくても仕方なく真夜中まで付き合わなきゃいけないものなんでしょうか。

 

ここで問題なのは週3回飲みにいくということだけではないことがわかります。

 

 

そうです、2次会、3次会と行くことです。

 

お金(お小遣い)を持たせれば、遊んじゃいます。
生活するのに困るなら飲んでくることは無いと思います。

家も長男が赤ちゃんで一番手のかかる不安な時期に主人は週3回は飲みに行ってました。
家の場合「誘われて断れなかった」とか「接待」とか言い訳して攻め立てれば「飲んでくる」のメールすらしてこないで、こちらから電話しても電源切ってる始末(あれから12年いまだに電源切りますが)
いきなり12時帰宅と言うこともしばしば。
最初は喧嘩ばかりでしたが、いつしか諦めるようになりました。
2子3子が生まれて、幼稚園やお稽古でお金がかかるようになり「生活が苦しい、貯金崩すよ」と言うようになった頃から控えるようになり、今では忘年会・新年会意外は2ヶ月に1回行くか行かないか。
年齢的に飲み会ばかりは辛いらしいです。
子供も大きいしお小遣いの範囲内なら行ってくれた方がありがたい時もあるのに。伝書鳩です。

 

お小遣い制にすること、そしてお小遣いを制限することが具体的な対処法になります。

 

では、実際に週3回、2次会まで行くとどれくらい飲み代がかかるでしょうか。

 

まず、1次会の飲み会ですが、節約を意識していない限り、4000円前後ではないかと思います。私のようにお酒ばかりで飲み放題なら2000円前後までおさえられますが。

 

そして、2次会。居酒屋なのか、スナック、キャバクラなのかで変わりますが、それでも3000円くらいはかかるでしょうか。キャバクラだと5000円以上はかかると思います。

 

7000円~10000万円以上になります。また、タクシーを使うとか別途、費用がかさむことも考えられます。

 

7000円で計算しても、週3回、5週あると、なんと10万円の出費を超えます。かりに、4000円にしたとして、6万円です。年間で計算すると、100万円を超えることもありますね。おそろしい・・・。10年で1000万円以上貯まりますね。

 

4週の場合は、約5万円です。まぁまぁの出費ですね。おそらく2次会行くような方で回数が多い場合の出費がどれだけ家計を圧迫するかということがわかりますね。以前、給料が24万円で手取りが10万円台で飲み会が多い会社にいましたが、破綻するので転職をしました。

 

会社によって体質は違いますが、会社の飲み会って負担が大きいので、回数を減らす工夫をする必要があるのは旦那さんのほうですね。家計が厳しいとか、生活費がとか本音をきちんと言って、飲み会回避するしかないです。

 

LITHON ( ライソン ) せんべろメーカー KDGC-005B | 鉄板 焼き鳥 炙り 熱燗 おでん | 1台でおでん・焼き鳥・炙り&熱燗が楽しめる