ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

日光で手軽にいつでも発電させて蓄電できる Jackery SolarSaga 100W ETFE ソーラーチャージャー レビューで好評

最近、災害に関するニュースを見ていて思いますが、いつ起こるかわからないというのが危険です。

 

住んでいるエリアによってリスクが変わってくると思います。私の両親の実家はすごく田舎にあるのですが、私が喘息もちで、突然、喘息の発作がでて、体調も悪化していたのですが、家の前にある川の橋が昔は木造で、大雨で川が流されて大変だった記憶があります。

 

今はしっかりとした橋ができています。

 

田舎がいいなと思って、ある程度の年齢を重ねてくると田舎に移住する人が増えるようですが、のどかなのはいいですよね。ただ、田舎は場所によりますが、災害の影響を受けやすい場合があります。

 

山が近いとか、川が近い場合に、大雨が降ると危険ですから、普段から災害に対する対策をしておくといいかもしれません。災害で電気が使えなくなるなんてこともあります。

 

そこで、日光で手軽にいつでも発電させて蓄電できる Jackery SolarSaga 100W ETFE ソーラーチャージャー レビューで好評です。キャンプ、災害時に充電して電気が使えるのでいざとうときに安心です。

 

Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W ETFE ソーラーチャージャー折りたたみ式 DC出力 DCポータブル電源充電器 USB出力 スマホタブレット 充電可能 高変換効率 超薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 IP65防水 (100W 18V 5.55A) Jackery ポータブル電源1500/1000/708/400/240用

f:id:merrywhite:20211204080935j:plain

 

Jackeryについて 「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。

 

「いつでも、どこでも、誰でも」自由に安心して充電できる製品を提供するため、「ポータブル電源」「ソーラーパネル」の分野で、より、品質・技術の高い製品を皆様にお届けできるよう努めてまいります。

f:id:merrywhite:20211204081324j:plain

 

■Jackeryについて

Jackery ブランドは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国にてJackery Incとして設立され誕生いたしました。

「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。

研究開発および製造の専門知識を積み重ね、

2015年:リチウムポータブル電源を開発、

2019年:日本法人 株式会社Jackery Japanを設立、

現在では各ECモールに加えて公式オンラインストアでの販売も行っており、冒険家にエコなアウトドア用の電源ソリューションであるポータブル電源、ソーラパネルの普及に尽力しております。

環境保全を通して社会貢献を行う基本理念のもと、「冒険に、限りないパワーを」をスローガンに掲げ、絶えず革新し続ける企業として、 今後もサービスをご提供させていただきます。

「いつでも、どこでも、誰とでも」自由に安心な充電できる製品を提供するため、「ポータブル電源」「ソーラーパネル」の分野で、品質・技術の高いより良い製品として皆様にお届けできるよう努めてまいります。

f:id:merrywhite:20211204081355j:plain

【高変換効率】
23%の超高い発電効率を実現できる高効率ソーラーパネルを2枚搭載して、電力は最大100Wの大出力、全く電源が無い状態でも、太陽光によって充電可能です。Jackery ポータブル電源1500/1000/708/400を充電できます。

充電時間:

Jackery ポータブル電源 1500約22時間

Jackery ポータブル電源 1000約17時間

Jackery ポータブル電源 708約11時間

Jackery ポータブル電源 400約6時間

Jackery ポータブル電源 240約5時間

【使用方法簡単】
黄色/黒いリングのついた8mmケーブル(長さ3米)をポータブル電源の入カポートに差し込み、 Jackery Solarsaga100ソーラーパネルを付属のキックスタンドを使って太陽の方向に設置してください。

1日を通してソーラーパネルが常に太陽に向かうよう向きを変えると、より効果的に発電することができます。

【Jackeryポータブル電源対応】
Jackery ポータブル電源に対応しています。Jackery ポータブル電源の充電をする事が出来ます。ソーラー充電器として、USB出力端子最大3Aの高出力です。DC出力ポート(18V/5.55A*8mm)と2USB出力ポート(USB-A、USB-C)装備しており、Jackeryポータブル電源、スマートフォンタブレットなどの機器も充電可能です。

*ご購入する前にお持ちのデバイスに対応できるかどうかをご確認してください。

f:id:merrywhite:20211204081428j:plain

Jackery Solarsaga 並列接続用ケーブルを利用して、2つのJackeryソーラーパネル100wを並列接続してJackeryポータブル電源 1000に充電できます。

充電時間を大幅に節約します(約17時間→約10時間)。

ソーラーパネルを使用して、CO2を削減し、地球を冷却するために頑張りましょう!

地球に負荷を掛けない、キャンプを楽しみましょう。

f:id:merrywhite:20211204081451j:plain

【優れた耐久性】
優れた性能を備えた効率的な住宅用ソーラーパネルで作られており、より多くのエネルギーを生成し、性能を向上させるだけでなく、耐久性のある品質も提供します。同じサイズの高出力、切断線のない滑らかな表面や曲げられるという機能性を併せ持ったことはJackeryソーラーパネルの強みです。

注:中の充電器が防水しないから、ご注意してください。

【折り畳み式ソーラーパネル
折りたたむとコンパクトサイズになり約4.1kgしかないので、運びが簡単で収納場所もとりません。キャンプ、車中泊、ハイキングなどのレジャー用途だけではなく、停電時や災害発生時など、急な持ち出しにも負担になりません。

収納サイズ:535*610*35mm

展開サイズ:535*1220*5mm

【キックスタンド付きポータブル】
スタンドが付いて、展開するとすぐに使うことができて、面倒な設置手間などは必要ありません。折りたたむと 535*610*35 mm のコンパクトなサイズもあり、持ち運び便利です。 マグネット式のバッグを開くと、フタの部分に穴がついており、バックパック、テント、木などに簡単に取り付けられます。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

同じジャクリーのパワー電源400用に購入しました。さっそく試しに充電をしたところ、雲ひとつない晴天の日(10月下旬)午前10:00〜午後15:00までの5時間あまりで、バッテリー残量25%→80%まで充電することができました。この時のINPUT側Wワット数は、開始時に数分間ほどMAXで64Wを記録してのち、あとは終始62W前後を保っていました。(本体に熱を持つとパネルの発電効率は若干落ちる)

パネルの一部分でも何かの影になると、急激に出力が低下するようで、必ずパネルの全ての部分にまんべんなく光が当たるようにするのがコツのようです。つづいて別の日の曇天下で直射日光が遮られた場合は最高でも10W程度しかでませんでした。その状態でも同じく5時間ほど放置しておいたところ、バッテリーの残り20%も充電されて100%になりましたので、雨天時以外であれば実用することができると思われます。

日光さえ当てることができれば、手軽にいつでも発電させて蓄電することができるため、災害などで万が一の停電などがあっても安心です。容量は200Wまでなので、消費電力が大きい大型家電などは無理だと思いますが、パソコンやスマホなどの身近な電化製品の心配はいらなくなると思います。実に現代のライフスタイルにマッチした一品だと思います。

接続ケーブルの収納のつくりが少し甘く、蓋がしっかり閉じられない点が少し気になったものの、使用してみて特に問題だと感じられるところはなく、あとは何年か使ってみて性能がどの程度保たれるのかだと思います。とりあえず使い始めの印象をもとにレビューします。現時点では総合的に満足しており★4つとします。ソーラーパネルはまだ技術的に伸びしろがあると言われており、今後はさらなる大容量と高効率の製品へと改良されて、より優れた製品群の登場へと育っていくことを期待したいと思います。

 

【追記:2020年11月】
その後、1年経ちましたが、当初の発電量が落ちることもなく、ポータブル電源400共々使えております。リチウムイオン電池は長期間しないとにきは50%くらいの充電残量にしておくとよいです。手持ちの400は、半年間ほど押入れに眠らせておいたのですが、残量は50%のままだったことに少し感動しました。これは余計な内部放電がなく、保存性のよい素子が理想的に製品として加工されていることを意味します。saga100Wパネルのほうですが、こちらも購入時のMAX出力だった64Wをマークできています。小生の手に入れたモデルは初期型だったようで、その後同じsaga100Wパネルは改良型の発電素子になっています。リピートでもう1枚買って判明しました。(2020年10月)私がアップしたときの写真が初期型です。よく見るとパネル1枚の中央に仕切り線のようなものが見られます。新型にはこれがなく正方形です。実効最大出力も私の実験では10%〜20%増しとなり、晴天の時で70Wをマークしました。これに合わせてポータブル電源も700を買い増ししました。今では初期100Wパネルと電源400は予備の予備として手厚い防災体制が整っております。新ソーラーパネルはケーブルの収納も改善されており非常に満足しております。これからも頑張ってください。☆5にランクアップとします。

 

キャップに限らず、災害時などで電気が利用できない場合など充電ができない環境などで、このソーラーパネルがあれば、充電ができるので間違いなく便利です。いざとうときに持っておくといいかもですね。

 

Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W ETFE ソーラーチャージャー折りたたみ式 DC出力 DCポータブル電源充電器 USB出力 スマホやタブレット 充電可能 高変換効率 超薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 IP65防水 (100W 18V 5.55A) Jackery ポータブル電源1500/1000/708/400/240用

【米国の太陽電池技術】Jackeryソーラーパネルは優れた性能を備えた効率的な住宅用ソーラーパネルで作られており、システムの寿命にわたってより多くのエネルギーを生成し、性能を向上させるだけでなく、耐久性が最大の特徴です。同じサイズの高出力、切断線のない滑らかな表面、より安定した発電性能、高効率光電変換や曲げられるという機能性を併せ持ったことはJackeryソーラーパネルの強みです。同じ面積で一般的な太陽電池より50%高い電力を提供することができます。
【DC&USB出力ソーラーチャージャー】ソーラー充電器として、USB出力端子最大3Aの高出力です。DC出力ポート(18V/5.5A*8mm)とUSB出力ポート装備しており、Jackeryポータブル電源(DC出力対応)、スマートフォン(USB出力対応)やタブレット(USB出力対応)などの機器も充電可能です。地震など災害時にも非常用電源としても大活躍です。※JackeryソーラーパネルDC出力ポートのサイズは【7909 外径:7.9mm、内径5.5mm、内芯:0.9mm】でございます。他社製品と組み合わせてご使用いただく場合は、 接続可否、動作可否に関しましては、互換性がないため推奨はしておりません。
【ETFE素材採用】Jackeryソーラーパネルは特殊フッ素樹脂コーティングETFEを採用しております。他のフッ素樹脂に比べて塗膜厚が厚く、耐熱・耐食などにも長けており、耐久性などが求められる工業用部品などにも用いられます。ETFE素材採用したJackeryソーラーパネルは光透過率が高く、信頼できる、高温を恐れず、燃焼や爆発の危険がありません。防水機能はIP65防水等級となっており、通常の雨や風にはIP65規格(電気機械器具の保護等級)に適合していますが、近年のゲリラ豪雨や台風などには完全防水ではありませんので、耐えられません。 ※雨水や風の浸入の影響で故障の原因になります。
【停電時の対策として】自然災害の影響で停電が発生した際に、ソーラーチャージャーで太陽光を使って電源の確保が可能になります。スマホのバッテリーが切れないことで、連絡や周囲の情報が途絶えずに済みます。Jackery ソーラーパネル 100Wは一般社団法人防災安全協会から「災害時に必要とされ安全安心と認められる」防災製品等推奨品に登録されております。災害時における必要性、安全性、優れた性能を有するものであると審査会で評価しました。
【ご注意】①Jackery SolarSaga 100使用時の発電電力量は、実際の日射、設置場所の周辺環境などの条件により大きく変化する場合があります。また、予告なく細かな製品仕様変更及び改善する可能性がございますので、予めご了承ください。②ポータブル電源1000は同型番のSolarSagaのみ並列接続可能です。