ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

会社の会議、自宅の落書き用にセーラー万年筆 ホワイトボード どこでもシート

仕事はブログをみてもらうとわかりますが、インフラエンジニアをしていますが、インフラエンジニアの仕事はイメージを伝えるのはとても重要です。その為、ホワイトボードでシステムの構成図を書くことがよくあります。逆にそのイメージができていないと色々と問題になることがありますし、メンバー間の意識合わせはとても重要です。 

 

なので会議室には必ずホワイトボードは必須と言えると思います。打ち合わせをする場合は、当然、資料を準備しますが、資料作成には時間がかかりますし、その場で簡単にイメージを伝えることができるので、ホワイトボードは本当に便利です。

 

ただ、場所によってはホワイトボードがない場合もあるかもしれません。そこで、どこでもホワイトボードになる便利アイテムがあるので紹介します。

 

それがこちら、会社の会議、自宅の落書き用にセーラー万年筆 ホワイトボード どこでもシートです。

f:id:merrywhite:20201217095618j:plain

 

商品の説明です。


スタイル:無地
【どこでもシート】静電気で壁に貼り付き、ホワイトボードのように使える不思議な携帯できるシート。ボード用マーカーで書ける。

 

【ポイント1】静電気で貼り付き、ホワイトボードマーカーで書き消しができる。裏写りもしない!

 

【ポイント2】ホワイトボードのようなシートフィルムなので、場所を取らず、ガラスや壁、木などの平滑面に簡単に貼れる。

 

【ポイント3】環境にやさしい素材(ポリプロピレン)を使っており、燃えるゴミとして扱うことができる。

 

【ポイント4】両面使用が可能! また、のりを使用しないので、繰り返し貼りはがしOK! 当然、のり残りもありません。

 

【ポイント5】画びょうやセロテープが不要。
アイディア次第でいろいろと使える。
プロジェクタースクリーンとして。学校の黒板に貼りつけて。打ち合わせで便利な書き込めるテーブルに。チームのスケジュール管理に。お風呂場の目隠しに。披露宴の寄せ書きに。

 

続いて参考になるレビューの抜粋です。

 

今までは、ます目が無いほうのシートを使っていました。
主な用途が、覚えたい漢字や英単語を書いたり、スケジュール表として使うことでしたので、ます目があったほうが書きやすいなと思い、今回はこちらを購入いたしました。

実際使ってみると、やはります目がある方が記入しやすいので、こちらを購入してよかったと思います。前回購入したものは、けっこうすぐに壁から剥がれ落ちてしまい一度剥がれてしまうと、セロテープなどでくっつけないとつかえませんでしたので、その点がちょっと不満でした。

今回のは、購入したばかりだからなのか、それとも性能が違うのかよくわかりませんが、今のところ壁からはがれることなく長持ちしていますので、これが最後の用紙までもつといいなと思っています。あとは、もう少し安くしていただけるといいなと思います。

 

会社での打ち合わせなどにもいいですし、書いてすぐに消せるので子供の落書きにもいいですね。ただ、書いて放置しておくと消しにくくなるようなので、使い方には要注意です。

 

【特長】静電気で壁に貼り付き、ホワイトボードのように使える不思議な携帯できるシート/セロテープや画鋲が不要
【シート材質】ポリプロピレン
【寸法】W600mm×20m巻き×厚み0.05mm
【仕様】800mmごとにミシン目が入っておりカットできる/※カット寸法:W600×H800mmで25枚分
【用途】打ち合わせ・会議・掲示板・子どもの落書きに