ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

vSphere 7 アップグレード ESXi6.7からESXi7.0の機能、デフォルト設定の変更点

vSphere 7 アップグレードに伴い、ESXi6.7からESXi7.0の機能、デフォルト設定の変更点についての情報になります。

 

製品のバージョンがあがれば当然、初期設定も変わってくることがあるので注意が必要です。

 

ということで、さっそくESXi6.7からESXi7.0の機能、デフォルト設定の変更点について代表的なところを抜粋します。

 

情報元はこちら。

 

vSphere 7 アップグレードのベスト プラクティス (78205)

https://kb.vmware.com/s/article/78205?lang=ja

 

まず、前提として、vSphere 7.0 へのアップグレードは、vSphere 6.5 または vSphere 6.7 からのみ実行可能なので注意してください。

 

 

続いて変更点をいくつか。

 

●vSphere 7.0 では、TLS 1.2 がデフォルトで有効です。TLS 1.0 と TLS 1.1 は、デフォルトで無効になっています。

 

●vSphere 7.0 では、Flash ベースの vSphere Web Client は廃止され、使用できなくなりました。

 

●vSphere 7.0 では、外部 Platform Services Controller が削除されています。 

 

●vSphere 7.0 では、vCenter Server for Windows が削除され、サポートは利用できません。

 

●「偽装転送」と「MAC アドレス変更」のデフォルトの設定は vSphere 6.x と 7.0 の間で変更されています。

 

「偽装転送」と「MAC アドレス変更」については、セキュリティを意識してとのことと思いますが、MACアドレスを変更するケース、動的に変わるケースは問題になる可能性があるので、導入するシステムを確認してみてください。

 

導入するベンダの方はパラメータが変更になっているのでご注意ください。