ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

泡ひげビアー ドウシシャ DBS-17BR 自宅でビールにクリーミーな泡が出せる

夏と言えばビールですよね。今年ももうどれくらいビールを飲んだかわからないくらい飲みましたね。ちなみに、ビールって意外と太らないらしく、太るのはそのあとのごはんだそうです。


〆のラーメンには注意が必要ですね。さて、ビールのいいところは泡ですが、缶ビールで簡単に泡が出せるパーティグッズ的な商品があります。


泡ひげビアー ドウシシャ DBS-17BR ビールでクリーミーな泡が出せます。

f:id:merrywhite:20200927095847j:plain

 

極上のきめ細かなクリーミーな泡
ビールの泡は、実は重要な役割がある。
ビールのうまみを閉じ込める。
ビールの香りを閉じ込める。
実はとても重要なのである。
ドウシシャの泡ひげBEERなら、きめ細かいクリーミーな泡で、しっかりとうまみと香りを閉じ込めることができる。いつも飲んでいるビールが極上の味でお召し上がりいただける。


泡もちの差、歴然。
普通にビールを注ぐと、泡ってすぐに消えてしまう。
あれは、一つ一つの泡が大きいからすぐ割れてしまうのだ。
ドウシシャの泡ひげBEERなら、超音波の振動で目で見えないくらいの小さな小さな泡を無数に発生させる。きめの細かい、クリーミーな極上の泡を出すことができるから、こんなに違う。



市販の缶ビールに装着すると瓶ビールになり、ボタンを押すだけで音波で作られたクリーミーな泡がでてくる仕組みです。


そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

すでに組み立てられた状態で箱に入っています。単4の乾電池が2つ必要なので、準備しておいてください。
どうやって乾電池を入れるのか、少々手間取りました。下の方を持って、上の首状の部分を引っ張ると取れます。
アサヒ、キリンなどのビールは大丈夫、とのことなので、某トップ◯リューと、◯ビスビールで試してみました。トップ◯リューはきちんとハマりましたが、エ◯スは合いませんでした。
非常にきめ細かな泡ができますが、きちんとボタンを押しながらでないと意味がありません。家でもプロ並みの泡ができて家飲みが楽しくなります。


意外と洗うのが面倒というレビューがあったので、パーティグッズなどにいいかもしれないですね。

 

 

商品サイズ:(約)径67x高132mm
泡:いつもの缶ビールに装着するだけで、マイスターが入れたようなきめ細かいクリーミーな泡が楽しめる。
使い方:まず、方向に気を付けて缶ビールにはめ込む。あとは7分目まで普通に注ぎ、スイッチを押しながら泡を注いで飲む。
泡の立て方:超音波式で、非常に細かい振動で泡を発生させるので、きめ細かいクリーミーな泡が出ます。
お手入れ:キャップ部分とビールが通る樹脂の部分だけ洗えばOK。電気部は洗う必要なし。