ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

春になると顔、頭がかゆいのはダニではなく花粉症皮膚炎が原因でその対策


だんだんと暖かくなってきて過ごしやすいシーズンになりました。私は春という季節はなにか始まりを感じさせて好きなんですが、ただ、花粉症がやっぱり嫌ですよね。私はそれほど重症ではありませんが、先日もなんか目がかゆいな~と思ったら、今日は花粉が飛んでいますとニュースで放送されていて、ついにこの季節がきたか~という感じです。


そして、この花粉症がつらいのがやっぱり、鼻水です。職場によっては、静かすぎて鼻をかむのが難しい場合があったりして、気を使うと大変ですよね。マスクも鼻水ですぐにダメになるし。


ちなみに、花粉症は車の事故の危険性もあるそうで、くしゃみ一つで数十メートル進むことがあるそうなので、花粉症がひどい方は注したほうがいいかもしれません。


数年前から感じるんですが、春になると頭がかゆくなるんですよね。さらに、顔も、体全体がかゆくなります。最初は温かい季節になったので、ダニかと思って、色々とダニ対策をしていたんですが、どうもそうではないことが調べていると分かりました。それが「花粉症皮膚炎」です。


花粉症で体がかゆくなることがあるのか!と思ったんですが、ここで詳しく説明されています。

皮膚科医に聞く! 「花粉症皮膚炎」の症状と対策法


花粉が多い時期、鼻水やくしゃみだけでなく、肌が乾燥したり、かゆくなったりなんていう肌トラブルを感じるのは、実は「花粉症皮膚炎」という症状なのかもしれないそうです。初めて聞くという人もいると思います。



まず、アンケートで花粉の時期になると、肌トラブルを感じることはありますかという質問に対して、3割くらいの人があると感じているそうです。まさに私もそうですね。


以下はアンケートの結果の抜粋です。

・「鼻をかみすぎて、鼻の頭がひび割れて出血する」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「かゆくてかいてしまい、目のまわりがごわごわになる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

 

目のまわりと鼻が、かゆい&痛くなるという意見が多数とのことですが、私の場合は顔や体がかゆくなります。


なんと、花粉で肌がボロボロになることがあるそうです。

「花粉症皮膚炎は、花粉によって肌が赤くなったり、かゆくなったりする“炎症”の症状が出てしまうことを言います。鼻や目のかゆみが出ず、花粉症という自覚がない人でも、花粉が原因で肌が荒れることがあります。症状としては、主に、顔や首など、肌が露出している部分がかゆくなります。

特に、目のまわりや首のかゆみには注意が必要です。皮膚が薄い部分なので、かゆいからといってかいてしまうと、色素沈着が起きて黒ずみが残ってしまいます。中には、乾燥がひどく肌がガサガサになったり、かゆみや赤みは出ないけれど、皮がむけてしまうという人も。いずれも、花粉の季節だけこのような症状が出る場合は、花粉症皮膚炎の可能性が考えられますね」


そうですね~目をこするのは色素沈着が起きるしよくないかもしれません。ひどい人は皮がむけることがあるそうです。花粉アレルギーがある人には、悲惨な季節です。


花粉症皮膚炎は花粉が肌に付着することにより起こるので、マスクやサングラス、帽子などを着用し、できるだけ肌の露出を控えることが予防につながるそうです。また、皮脂が少なく乾燥している部分に症状が出やすくなるので、保湿を心がけることも効果的とのこと。


あまりにひどい場合は、病院で診察を受けたほうがいいとありますね。私もかゆみに関しては、結構ひどいとは思いますが、長女も遺伝なのか、同じように体をかいているのがかわいそうですね。


ということで、まずは保湿をこころがけることが重要です。私はもともと肌荒れしやすいのですが、特に冬場になると困るのが手荒れです。私は学生時代に食器洗いのバイトをしていた関係で、手荒れがひどいです。学生時代は、何も使っていなかったので、皮がむけて血も出ていましたが、今は手荒れしなように色々と工夫をしています。


ただ、色々と工夫をしていても手荒れをしてしまうのが冬の季節ということで、保湿力が高い「メンターム やわらかワセリン」を購入したんですが、これ一本で今年は過ごせました。冬に購入したんですが、まだまだ残っていて、このかゆみ対策の保湿で使っています。


まず、サイズもコンパクトでデザインが可愛いです。女子受けしそうな可愛いデザインです。



手のひらサイズです。コンパクトなので持ち運びも便利です。


商品紹介
メンターム やわらかワセリン 60g」は、赤ちゃんから大人まで使える、柔らかいから塗りやすいワセリンです。皮膚・口唇を保護し、カサつきを防ぎます。無香料・無着色・パラベンフリー。

【使用方法】
そのまま適量を皮膚、口唇に塗布してお使いください。

【使用上の注意】
●使用中赤み、はれ、かゆみ、刺激、発疹等の異常があらわれた場合は使用を中止し、皮膚科専門医等にご相談される事をおすすめします。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがあります。
●傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
●目に入らないようご注意ください。もし入ったらすぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。
【保管及び取扱い上の注意】
●使用後は必ずキャップをしっかりしめてください。
●乳幼児の手の届かない所に保管してください。
●高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
●低温時に固くなることがありますが、品質は変わりません。
※お肌に合わない時は、ご使用をおやめください。

こちらの商品は赤ちゃんから大人まで使えますので、小さいお子さんがいる場合にも便利です。


まず、参考になったレビューの抜粋です。

冬になると、カサカサが足だったりその他etc・・・で、かゆみも出たりで困っていたのですが、ネットでワセリンの効能みたいな記事を読んで試しに購入してみたのですが、結果・大正解ですね。うすーくこすって伸ばせば全くベタつきは感じないし、少量でうす〜く伸ばせばこれ一本で一冬は行けそうです。乾燥肌用クリームよりお得感ありですよ。無色、無臭なのも良いですね。

内緒ですが、お尻の周りが冬になると痒みが出て困っていたのですが、これ使ってからほとんど感じなくなりましたよ。それなりの年齢になるとウオシュレットのお湯が肌の油脂分を落としちゃって、乾燥肌になって痒みが出ていた感じみたいです。同じ症状の方は試してみる価値ありですよ。

使用した感想ですが、べたつきについては、ワセリンなのでべとつきがゼロというわけではありません。ただ、うっすら伸ばせばだいぶ、べたつきを感じなくなります。そして、保湿力ですが、見た目でも手がコーティングされているのが分かる通り、かさつかなくなります。


今は、これなしでは冬場は越せません。今年は手のひらのあれが一切なかったので、この商品のおかげだと思います。私は手荒れがひどいほうなので、このクリームの効果は実感できました。


個人的にはお勧めのハンドクリームの一つですね。私のように花粉皮膚炎が原因でかさついてかゆくなる人にコンパクトで携帯しやすくて、使いやすいのでおすすめです。