ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

中古自転車購入時の注意点 馬蹄錠(後輪鍵)をつけないと警察の職務質問を受ける

f:id:merrywhite:20210118071325j:plain

 

最近、格安の中古自転車を福岡の中古自転車販売をしている「City Recovery」で購入しました。

 

新しい自転車より中古自転車なら安く買えるのがメリットです。例えば、出張などである期間だけ乗る場合などにもいいかもしれないですね。

→中古自転車販売・放置自転車無料回収!”City Recovery”


価格も5千円で購入でき、しかも品質も悪くなくて気に入っているのですが、最近使っていて不便な事があります。


それは警察によく職務質問で止められる事です。


この1ヵ月くらいで2回止められました。私は見た目が若く見られるので、それが原因の一つかと思っていたのですが、最後に停められた警察の一言で、その止められている理由が分かりました。


それは、後輪側についている鍵(馬蹄錠)がないからでした。こんなやつです。

 

 

盗難自転車はこの馬蹄錠がない事が多いので、このカギがないから止めたと言われました。


この時、スーツを着ていたのですが、スーツ姿でも平気で止められるのはかなり、ストレスが溜まりましたが、しかたなく対応に応じました。

 

あの警察にとめられるのは本当にストレスですよね・・・。何もしていないのに時間もとられますし。


防犯登録をしてあるので、個人的には不安はないのですが、こう何度も止められてはたまらないので、馬蹄錠を購入しようと思っています。


そして、この馬蹄錠ですが、簡単に取り外しできるので、サイトを見ると馬蹄錠を購入したら外しましょうとありますが、警察に止められるようになるので、止めた方がいいと思います。


セキュリティを高めるなら、ちょっと面倒ですが、カギを2個付けか、馬蹄錠をダミーでつけたままにして、太めのチェーンロックをつけておけば、かなり盗難防止になるのではないでしょうか。




また、最近は自転車の取り締まりが厳しくなったので、色々と止められると面倒なので、防犯対策も含めて中古自転車を購入した方は、注意してください。