ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

IT業界未経験からインフラエンジニアで月収70万円を到達するまでの道のり

f:id:merrywhite:20200813142810j:plain

 
人生は自分の努力と行動力次第で、色んな選択肢が増えてくることになります。一方、選択を間違えると、人生が全然楽しくないものになります。例えば、先日もよく行くなじみの飲み屋さんで、飲んでいたら、「表情で仕事が充実しているかどうかわかる」と言われました。


仕事が充実していれば、必然的にプライベートも充実します。一方、仕事がストレスだかけだとプライベートも当然、楽しめません。少し前まで、相性が合わない職場で仕事をしていた為、飲みに行くときは常にストレスを抱えて、ストレス発散という状態で、まさに悪循環でした。


その為、仕事選びは非常に重要です。そして、世の中には色んな仕事がありますが、私はIT業界に転職できてよかったと思っています。
 
 
私はちょっと変わった職歴を持っているのですが、大学を出てから学生時代にしていた、建築現場の日雇い作業員を続けていました。仮にその状況が今も続いているなら、間違いなく家族を養う事ができないでしょう。なぜなら、日当が8000円ありますが、社会保険などもなく、さらに仕事も毎日ありません。
 
 
酷い時は、月に半分くらいしか仕事がないのです。つまり、月収で、10万円~20万円程度。アルバイトと変わりません。年収ベースで行ったら、保育士の全国平均より安いかもしれません。
 
 
今となっては、いい思い出ですが、あの頃には絶対に戻りたくないし、戻る気もさらさらありません。当時、なぜかあまり危機感がなく、年齢を重ねて行って、気付けば20代後半・・・という状態になりました。
 
 
そして、みんなが次々と辞めていってから、初めて危機感を持つようになりました。特に後輩の一人が親が両方公務員という事もあり、親のお金を使って専門学校に通いだし、ついにはIT業界へ転職する事になります。


IT業界未経験でも派遣会社なら意外と簡単に入社が可能!
 
その話を聞いて、当時、後輩が遠い存在になったと感じた事を鮮明に覚えています。その後、危機感を感じて、求人募集を見て、役所のネットワークエンジニアの求人に応募するものの、、、経験ゼロということで書類で落とされました。そういった状態が続いて、藁をもつかむ思いで、地元の広島にあるIT関連の派遣会社に面接に行きます。
 
 
当時、パソコンもまともに操作できない状態で派遣会社の人事と面接をしました。結果、思ったよりお簡単に入社できました。これまで色んな派遣会社で働いてきたから分かりますが、今は人材不足なので20代であれば、わりと簡単に別業種からでも転職することが可能です。実際、東京で勤めていた会社は、美容師をしていた30歳の女性が転職をしてきたり、この業界は他業種から来て成功する方が意外と多いです。


あの採用がなければ、今こうしてブログを書いている事もないのです。運命って不思議ですよね。その後、自分の成長や環境に不満を感じた時に、会社を変えていき、最後には年収700万円くらい稼ぐ事ができました。月収ベースだと最大で約80万円ほどですね。ちなみに、派遣会社の場合、会社によって月収が大きく変わります。


1社目:月収24万円
2社目:月収30万円
3社目:月収30万円
4社目:月収40万円
5社目:月収45万円


2社目は引き抜きで、6万円ほどあがりました。5社目は現場で出会ったエンジニアの方に誘われて月収が5万円ほどあがりました。これくらい稼げたら、家族がいても安心です。一方、日雇い作業員時代だと、最大でも月収20万円弱で、暇なときは10万円を下回るような感じだったので、年収ベースで言えば、3倍近く稼げるようになったのではないでしょうか。
 
 
そのおかげで、今は自分の思う人生に近い過ごし方ができるようになってきました。そして私の知り合いは、フリーランスのエンジニアとして、月収で100万円近く稼いでいる人もいます。
 
 
フリーランスになれば、年収1000万円稼ぐ事も夢ではないと思います。ちなみに、年収1000万円って全体の3%以下なので、ちょっと誇らしいですよね。そして、私の場合、現在フリーランスとして活動をしていて、年収が660万円~あります。さらにブログでの収入が10万円前後あるので、来年、ブログの利益が爆発してくれれば、来年はちょっと面白い年になるのではないかと思っています。


目標はずばり、年収800万円以上ですかね。ちなみに地方で800万円以上ってかなり少ないようです。私の場合は、2015年にUターンしましたが、いいタイミングで地方移住ができたと思います。そして、この決心は決して間違っていないと思うようになりました。
 
 
ここに至る事ができたのも、すべてあの日、広島を離れて東京に行く決心ができたからだと思います。人は変化を怖がりますが、変化なくして成長はありえません。ただし、年齢を重ねれば重ねるほど、変化が怖くなります。
 
 
そして、チャンスが少なくなります。その為、人生は若いうちにどれだけ頑張れるかで、後半の人生が変わってきます。IT業界は、今後、少子高齢化の影響で、人材不足になると言われています。また、個人的にはまだまだ稼げる職種だと思います。さらに、実際に福岡で2年以上働いて思いますが、インフラエンジニアが少ないので、需要が高いです。
 
 
特に、実力が開花すれば、フリーランスなどになれば、圧倒的な収入を得る事も不可能ではありません。人生の若いうちは、チャンスをつかむためにひたすら頑張る事が、人生の勝機を見出す為の秘訣になると思います。

 

f:id:merrywhite:20200813142857j:plain




IT業界未経験からインフラエンジニアで月収70万円を到達するまでの道のり

個人的な経験からしたら未経験からでもITインフラエンジニアで年収1000万円を稼ぐのは不可能ではありません。実際に、私が最初に勤めた会社では、そういったギラギラした人はいました。ただ、そこにたどり着くまでにはある程度の経験も必要だし、行動力も必要です。


例えば、今でこそフリーランスで活動をしていますが、東京で働いている時は、フリーランスのエンジニアはスキルが高い人だけがなれると思っていました。しかし、実際にはフリーランスのエンジニアだから特別、優秀というわけではなく、むしろ、東京のフリーランスのエンジニアは責任感がない人間もいるので、評価もバラバラです。一方、派遣でも能力が高い人はたくさんいるので、あくまで働き方だけの問題かと思います。


私が東京で最後に仕事をした現場では、スキルも人間性もいい方がフリーランスとして活動をしていて、相当稼いでいました。東京の場合、そこそこ経験があれば、月収70万円以上稼ぐのはそれほど難しくはありません。


また、スキルが高い方であれば、100万円という方もいるそうです。実際に私がお世話になっているギークスジョブの募集ではたまに、月収100万円という募集がちらちらありますね。地方でもそこそこ経験があれば、50万円以上稼ぐことは可能です。


そもそも派遣会社という考え方は、それほど古くからあるわけではないので、派遣会社が儲かる=社員の搾取分が増える、という計算式ができてしまいます。フリーランスという働き方は、自分の能力に対して、より近い形で報酬を得ることができるので、稼ぎたい方にはお勧めなんです。


ちなみに、以前、働いていた現場の単価を聞いたのですが、私は60万円で総支給が24万円でした。保険などの会社負担がありますが、それでも半分近く搾取されていることになります。これが、フリーランスという働き方の場合は、30万円ほどの収益が増えます。つまり、派遣時代と比較すると、2人分の給料を稼ぎ出すことができます。


先日、フリーランスのイベントで講師をさせてもらいましたが、それで2名ほど、フリーランスへの転向を検討しているということで、フリーランスとして稼ぎたいという人が増えていますねね。


お勧めのフリーランスを紹介してくれる会社!


ちなみに、私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。それが、現在は600万円以上の年収を稼げるようになりました。


また、フリーランスは不安という方は、社内SEを目指すのも一つです。



そして、社内SEへの転職、別業種への社内SEの転職を考えている方に向けにお勧めの転職サービスが「社内SE転職ナビ」です。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

f:id:merrywhite:20200813143008j:plain

 
こちらの『社内SE転職ナビ』は、日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。


エンジニアの転職希望として必ず上位にランクインする「社内SE」ですが、『社内SE転職ナビ』ではエンジニアから最も多い悩みを解決し求人を探すことができる転職情報サイトです。


「客先常駐は避けたい」
「社内の改善に自身の力を発揮したい」
情報システム部門で働きたい」
「お客様先ではなく自社サービスのシステムに携わりたい」



また、『社内SE転職ナビ』では無料会員登録をすることで求人をキープできる「検討中リスト」や、転職活動の「応募」から「進捗」まで管理し転職活動を時系列でサポートできるのも特長です。


求人紹介ではなく現在の仕事の悩みからキャリアの棚卸といった相談ができる「カジュアル面談」、自分の理想とする企業探し&転職活動を前提としたキャリアアドバイスが中心の「キャリア面談」、地方在住や多忙の方でも安心してプロのコンサルタントに相談できる「Skype面談」など、転職活動に役立つメニューも豊富にご用意しています。


多くのエンジニアの転職を成功させてきた実績を持つコンサルタントが、あなたの理想の社内SE案件をお届けします。



エンジニアの多くが理想とする「社内SE」の様々な業務スタイルや実態といったリアルな情報もお届け。


『社内SE転職ナビ』を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。

【社内SE転職ナビを選ぶ3つの特徴】

1 社内SE求人数トップクラス
数少ない『社内SEに特化した転職支援サイト』として、他にはない強みがあります。その最大の強みは『社内SEの求人案件数が業界トップクラス』という実績。だから他の転職サイトと比べて、自分にマッチした理想の社内SE案件に巡り合うチャンスが断然アップ致します!


2 仕事内容・給与待遇・キャリアパスetc.みんなが気になる「社内SEのリアル」が隅々まで詳しく伝えます!

「なんとなくイメージはつくけど、社内SEの実態って正直よく分からない」という方も多いのでは。社内SE転職ナビでは、社内SEならではの仕事の特徴や求められるスキル、さらに細かい給与待遇や将来のキャリアパスなど、みんなが知りたい「社内SEのリアル」な情報をわかりやすく丁寧にご紹介いたします。

その結果、一人ひとりにとって『理想の社内SE像』を明確にできるので、社内SEへの転職成功率をより高めることができるのです!


3 社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。
エンジニア専門、かつアドバイザーに人数のノルマがないため、一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

そのため、希望に合わない求人の紹介や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートは行いません。一人ひとりの希望や経験をお伺いし、丁寧にアドバイスいたします。転職活動だけでなく、キャリア形成に役立つ情報も含めてご相談頂けます。
 



そして、社内SE、会社の情報システム部として働きたいと考えている方の状況も人によって様々だと思います。本格的に考えている方、まずは情報を集めたいと考えている方。そういった方の為に、面談の種類が選べるようになっています。


面談の種類は選べる3種類!

 

●カジュアル面談
まだ転職するかわからない方にオススメ!

 

とりあえず今の仕事の悩みや将来の不安を聞いてほしい方!まずはキャリアの棚卸を中心に求人紹介は致しません。

 

転職する予定は一切ないけど、なんとなく将来が不安、キャリアパスと自分の市場価値はリンクしている?
アドバイザーが寄り添いながらじっくり相談に乗ります。そして悩みや不安解決に向けて、一緒に考え、サポート致します。



●キャリア面談
本格的に転職活動したい方にオススメ!
自分にとって理想の企業&キャリアについてアドバイスしてほしい!

 

厳選した『優良社内SE求人企業』をあなただけに私たちだけが持つ優良社内SE求人案件の中から、あなたの希望を叶える理想の企業をご紹介。
具体的な転職ノウハウの指導や内定後のフォローまでしっかりサポート致します。



スカイプ(オンライン)面談
忙しくて余裕のない方にオススメ!

 

地方在住&多忙で仕事の悩みや将来の不安について身近に相談できる人がいない!

 

都合のよい時間に合わせてアドバイザーに直接相談。オンラインで直接、キャリア&転職のアドバイザーに相談できるのが、オンライン面談のメリット。
地方在住の方や、普段忙しくてなかなか人材紹介企業に出向く時間が取れない方も、気軽に相談可能です。


実際に相談頂いた方の声を紹介!
未経験から社内SEへ ITスクール通学~半年かけて社内SEデビュー!
エンジニアの経験が一切なかったのですが、ITエンジニアの将来性に注目してまずは自分がエンジニアになれるのか、気軽に相談できるカジュアル面談を受けることに。その結果、まずITスクールに通うことをアドバイスいただき、その後無事卒業~社内SEデビューできました!


よく社内SEにすぐになったほうがいいか、ベンダー、メーカーで働いて経験を積んで転職したほうがいいかという話がありますが、個人的には働きたい環境を先に選ぶほうがいいと思いますね。特に日本の場合は、海外と違い、仕事を頻繁に変える文化がない為、一つの会社で落ち着きたいのであれば、最初からやりたい仕事を選ぶほうが賢明です。

「いいところがあれば…」と気軽に相談⇒社内SEマネージャーに転職成功!
40代を迎えて今後のキャリアを考えた時「もっと自分にいいところがあれば、次が転職するラストチャンスかも」という思いから、カジュアル面談へ。そこで「面接だけでも受けてみようかな」と思える企業を見つけ、自分の理想にマッチした案件だったため転職を決意しました。


将来を考えて、落ち着いて会社でキャリアをつけていきたい場合は、年齢も気にして行動することも重要ですね。


社内SEの転職に特化したサイトなので、これから社内SEになりたい、転職したいという方にお勧めのサービスです。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】 

 

働き方は自分次第ですが、稼ぎたいならフリーランス、長く同じ場所で安定的に収入を得たいなら社内SEがいいのではないかと思います。