ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

フリーランスエンジニアなのに月収11万円?報酬を搾取する会社とは契約しない

f:id:merrywhite:20200922080821j:plain


先日、職場の飲み会があり、久しぶりに職場のみを堪能しました。ここ最近は、現場があまり楽しくなかったので、飲み会を控えていましたが、久しぶりに飲み会が楽しめる現場です。


そして、一次会は普通に居酒屋に行ったんですが、2次会はがっつりガールズバーで飲みました。そして、調子に乗って、気づいたら延長をしていました。そして、金額が人数がいた関係でなんと4万円。


全額ではないですが、私がかなり持つことになりました。しかし、、、フリーランスエンジニアをしているおかげで、そこそこ収入がいいので、派遣会社に勤めていたころと比較すると、それほどお金に対する不安がなくなっていますね。


実際、東京で知り合ったフリーランスエンジニアの知人は、月収が100万円を超える月もあるようで、さらに言うと、少々お金を使っても貯金できるくらいの収益があります。


私もフリーランスエンジニアに転身してから毎月、かなりの金額を貯金できるようになりました。そもそも、私の場合は、副業の収入もあるので、月に20万円~30万円は貯蓄ができています。


そして、職場の同僚と仲良くなってきて、仕事だけではなくプライベートの話もするようになったんですが、なんと、同僚の一人が同じくフリーランスエンジニアでした。


フリーランスとして働くようになった経緯を聞いてびっくりしたんですが、最初は私と同様に宮崎で派遣会社に勤めていたそうです。しかし、待遇があまりに悪くて、月収が20万円ちょっと。しかも、見込み残業が40時間。完全なブラックです。


そこで、会社を辞める決心をして、アルバイト生活をしていたんですが、さすがに給料が少なくて困っていると、以前勤めていた会社から仕事があるとお声がかかったそうです。そこで、個人事業主として働くのはどうかと、会社から提案があったそうです。


そして、私がフリーランスは相当稼げますよ!という話をしていて、その支払額を聞いたら、、、なんと振込額が11万円。あまりに安くてびっくりしました。それは、当の本人も同様です。


就業したのが少し遅れたので、16日稼働という話ですが、それでも11万円は安すぎますよね。私が55万円振り込みがありますから、どれだけ安く見積もっても20万円は入っていないとおかしいです。という話を本人して、まずは明細をチェックするとのことですが、11万円だとフルで働いても20万円いかないんじゃないかと思ってしまいます。


これだと派遣よりひどいし、フリーランスって稼げないなら、絶対にならないほうがいいです。例えば、仕事がない時は、給料でないし、年金受給額も下がります。だから、個人的には、派遣時代の収入から1.5~2倍が妥当と思ったほうがいいです。


後、ひとつアドバイスするなら、派遣もしている会社は、搾取することばかり考えているので、フリーランスからも搾取しようとする会社があるので注意が必要です。以前、契約していた会社も派遣業もしていて、上手にお金を搾取されてしまいました。ということでフリーランスエンジニアになる場合は、契約するエージェントは慎重に選びましょう。


今回の件で、よりエージェント選びの重要性に気づかれました。契約単価がいくらかは知りませんが、あまりに待遇が悪いので、私が契約しているエージェントを紹介しようと思っています。紹介後は20万円→40万円くらいはいけるのではないかと思います。


 

お勧めのフリーランスを紹介してくれる会社!

 

ちなみに、私が今、一番お世話になっているのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。


以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。

インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル LinuxCiscoAWS など


単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】